農業分野でのシリコンバレー化を目指す! 埼玉・深谷市がDEEP VALLEY アグリテック集積宣言




アグリテックとは、農業(Agriculture)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語で、テクノロジーを活用した革新的な農業です。埼玉県・深谷市は、これからの人口減少社会における持続可能な社会の実現のため、「農業」と「最先端技術」の融合を目指す「DEEP VALLEYアグリテック集積宣言」を行いました。

深谷市の農業産出額は、約350億円と全国で23位、野菜の産出額に限ると全国で6位と、深谷ねぎをはじめ首都圏に多種多様な農産物を供給する、全国でも有数の農業のまちです。しかし、深谷市でも農家の高齢化が進み、使われない土地が増えてきているといいます。また、農業は「きつい」「稼げない」「休めない」などのイメージがあり、後継者が減少しているという問題もあります。これらは深谷市だけの課題ではありませんが、近い将来に確実に訪れる危機であり、早急に手を打つ必要があると今回のプロジェクトが動き出しました。



アグリテック分野のビジネスコンテスト「DEEP VALLEY Agritech Award 2019」は先進的な技術を有する企業や個人に対して出資を行い、アグリテックの誘致・定着を図るというもので、出資金は総額1000万円が用意されているということです。

深谷市の小島進市長は「この地から日本の農業課題の解決を図り、これからの日本の産業の発展に資する企業や人材を多く輩出していく」と宣言。

深谷市は、郷土の偉人「渋沢栄一」が幕末から昭和にかけて「論語と算盤」の精神で行ったと同じように、民間による経済の力を応用し、地域、そして日本の課題の解決に挑戦するということで、農業課題を解決する知恵や技術を全国から広く求め、我々のビジョンに共感する仲間を広く募り、農業課題の解決に向けて地域一丸となって全力で取り組むということです。



日本中、いろいろな地域で向き合わなくてはいけないこの課題。深谷市のチャレンジに注目が集まります。

ディープバレーアグリテックアワード2019ホームページ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【気になるPC】君はいくつ知っているか?なつかしの名機に出会える「日本電気レトロ博物館」

今日では、パソコンは日常生活の一部となり、主婦や子供にも使われるほど身近な道具となっている。そんなパソコンも黎明期は、マニアやマイコン少年のあこがれのアイテムであった。そんなパソコン(マイコン)黎明期から活躍した名機に…

【世界のモバイル】″ブランド力″で海外に勝てない日本端末

携帯電話シェア世界第3位。堂々たる大メーカーにまで上り詰めたSamsung。日本でもソフトバンク向けに特徴ある端末を多数リリースしており、存在感あるメーカーになりつつある。先日開催された国際情報通信技術関連見本市「CeBIT 2007」…

【世界のモバイル】海外の市場の強さは″中古ケータイ市場″! 日本は、もう追いつけないのか?

海外と日本の間には、決定的に大きな違い「中古端末市場」がある。海外では携帯電話の中古売買は、あたりまえのものであり、特にアジア圏では街中至るところで"中古携帯"の販売を見ることができる。日本からみれば使い古し端末の売買と…