進化するカツラ。人生を支える技術と想いを聞く。




先日、同僚が“薄毛に悩む女性”が増えているという話で盛り上がっていた。

ふと、筆者が小学生の頃、叔母がカツラを被っていたのを思い出した。所謂、医療用ウィッグというものだろう。それはとても不自然で「人形の頭みたいだな」と感じていたっけ……そう言えば、今のカツラって…?と、気になりはじめ取材を申し込むことにした。

■話題のショップでのお話を聞けることに
今回取材に応じてくれたのが、海外からもその技術を求めてお客様が集まることでも話題となっていた南青山にお店を構える「MakeReal(メイクリアル)」だった。しかも、ご愛用者の方に直接お話を聞けることになった。

私の前に現れたのは、20代前半の笑顔がとてもカワイイ女性。「え?この人?カツラなの?」というのが第一印象。自己免疫疾患による脱毛で長年ウィッグを愛用するMさん。長野県からメンテナンスのために訪れたということです。

正直なところ、寸前まで「どんなテンションで聞けばいいんだろう…」と悩んでいたが、彼女の明るい表情で受け答えする姿に、良い意味でペースが狂わされた。

「学生時代に脱毛したことが知られちゃって同性の同級生から“病気なら死ねよ”と言われたり……」という心が締め付けられるような話から、同棲していた彼に打ち明けた時の話、すべての毛が抜けてしまった時の話等……インタビューを忘れて話に聞き入ってしまいました。

■6個目のカツラで出会った



彼女の晴れやかな表情にどこか不思議な感覚を覚えつつ、装着しているウィッグについて聞いてみた。「ほんと(カツラって)分かんないですよね?」と笑うMさん。

心から同意する。生え際が見えているが、まったく分からないのだ! まるでこの会社の広報か?と疑うほど熱く語ってくれたMさん。

「前髪も上げれる!結べる!今までそんなことなかった」
「被せてから、私に合わせてカットしてくれたんです」
「カラーもできるんです!パーマもできるらしく、私もやってみたい!」
「肩こりも片頭痛も出なくて驚いてます」
「会社では誰も気づいていないようで、普通に“綺麗な黒髪だね”って言われる 笑」
「後れ(おくれ)毛まで作ってくれて、やってみたい髪型の幅が広がりました!」

もう書ききれない程です。

なんと、私の知らないうちにこんなにもカツラは進化しているのか……。最新の技術はさることながら、どうも長年表参道でキャリアを積んだ美容師さんが、カツラを被せたうえでその人に合わせカットするということも、そのナチュラル感とオシャレさを引き立てているということが感じられました。

そして、最後は「6個目でやっと出会えました」という印象的な言葉で締めくくられた。

そうか……彼女の明るさは、これだったのか、と納得しました。何て素敵な仕事なのだろうと感じ、一人の人生をこれ程までに照らし支える仕事があるのだと、なんだかとても嬉しい気持ちになりました

代表のChez(チェズ)さんは「私たちは、時間をかけて“髪の毛のあった時”の話を聞きます。そして、周りの人と同じスタートラインに立てるように、その人らしいデザインをする」と話してくれました。

技術を支える人の思いに触れることができた取材となりました。

MakeReal(メイクリアル)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】君はいくつ知っているか?なつかしの名機に出会える「日本電気レトロ博物館」

今日では、パソコンは日常生活の一部となり、主婦や子供にも使われるほど身近な道具となっている。そんなパソコンも黎明期は、マニアやマイコン少年のあこがれのアイテムであった。そんなパソコン(マイコン)黎明期から活躍した名機に…

【世界のモバイル】日本発の技術は海外で葬られるのか?- 国内とかけ離れる海外PHSの現状

最新のWindows Mobile 6.0を搭載したスマートフォン"アドエス"ことAdvanced/W-ZERO3[es]や、薄型端末9(nine)などが好調なウィルコム。国内では他のPHSキャリアがサービス停止に動く中、W-SIMや次世代PHSの開発を行うなど"国内唯一"…

【アキバ物欲】最先端の3D技術を体験!未来の生活が見られる実証実験の場

人類の文化は常に高度な技術とともに発展してきた。最先端の技術は企業や大学などの研究所で生まれており、一般の人が触れることはほとんどないのが現状だ。最先端の技術をいち早く知りたいというのは、誰しも願っている夢の一つだろう…

【アキバ物欲】多彩なロボットに出会える2日間!「アキバ・ロボット運動会2007」

2007年10月20日(土)・21日(日)の2日間、秋葉原ダイビルにおいて、NPO法人産学連携推進機構の主催による「アキバ・ロボット運動会」が開催される。入場料は、一般が500円、小中高生・65歳以上が300円、未就学児が無料。■ロボットと人…

【最新ハイテク講座】冬ボーナスの一番人気「薄型テレビ」技術の最前線

2007年の冬のボーナスで購入したい機器のトップは、ITデジタル家電購入意向調査(07年冬ボーナス商戦編)によると「薄型テレビ」だという。「薄型テレビ」が昨年トップの「パソコン」を抑えて1位を獲得した背景には、地上アナログ放送…