Google ストアにてハイエンドスマホ「Pixel 3」が6月23日まで2万6千円OFFのセール販売!64GBが6万9千円、128GBが8万1千円に。純正ケースも無料プレゼント



グーグル直販オンラインストアでSIMフリースマホ「Pixel 3」が2万6千円OFFのセール中!

Google Asia Pacificが運営する日本向けGoogle公式Webショップ「Google ストア」( https://store.google.com )にてハイエンドスマートフォン(スマホ)「Pixel 3(型番:G013B)」(SIMフリー版)を26,000円(金額はすべて税込)割り引かれて販売されています。

割引は父の日のギフトに贈るプレゼントに合わせて実施されているキャンペーンで、期間は日本時間(JST)の2019年6月23日(日)23:59まで。通常はPixel 3の64GBが95,000円、128GBが107,000円ですが、割引価格で64GBが69,000円、128GBが81,000円となっています。

さらに通常はGoogle ストアにて5,184円で販売されている純正ケース(ファブリックケース)がひとつ無料でプレゼントされるとのこと。なお、在庫状況によっては割引販売を早期に終了する場合もあるとしています。


Pixel 3はチップセット(SoC)にQualcomm Snapdragon 845を搭載したGoogleのハイエンドスマホで、アスペクト比9:18の約5.5インチFHD+(1080×2160ドット)有機ELや4GB内蔵メモリー(RAM)、2915mAhバッテリーを搭載し、防水・防塵やおサイフケータイ(FeliCa)にも対応しています。

また約1220万画素デュアルピクセルリアカメラおよび約800万画素デュアルフロントカメラを搭載し、背面のリアカメラはシングルカメラながらAI(人工知能)によってさまざまな処理を行い、夜景モードやポートレートモードなどに対応しています。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご参照ください。

・Google、新スマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を発表!日本でもFeliCa対応で発売に。5.5インチと6.3インチで防水・防塵やワイヤレス充電などに対応 - S-MAX
・Googleスマホ「Pixel」がついに日本登場!おサイフケータイ対応で日本仕様となった「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を写真と動画で紹介【レポート】 - S-MAX
・グーグルの新スマホ「Pixel 3」のSIMフリー版を購入したので開封してみた!ちょうど良いサイズ感で高性能+防水+おサイフケータイ対応に【レビュー】 - S-MAX
・Googleの新スマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」はどこか違う?NTTドコモ版はSIMロックがかかっていて解除対応。d系サービスのアプリはプリセットせず【レポート】 - S-MAX

今回、そんなPixel 3が父の日に合わせて割引販売されています。より低価格な「Pixel 3a」や「Pixel 3a XL」も発売されましたが、同じ64GB内蔵ストレージであってもPixel 3が69,000円、Pixel 3aが48,600円ならSoCの違いや完全防水への対応などの違いでどちらにしようか悩めるくらいの価格差になっており、より長く快適に利用するならPixel 3がオススメかなと思われます。

機種容量本体色価格
通常セール
Pixel 364GBNot Pink
Just Black
Clearly White
95,000円69,000円
128GBNot Pink
Just Black
Clearly White
107,000円81,000円
Pixel 3 XL64GBNot Pink
Just Black
Clearly White
119,000円
128GBNot Pink
Just Black
Clearly White
131,000円
Pixel 3a64GBPurpule-ish
Just Black
Clearly White
48,600円
Pixel 3a XL64GBPurpule-ish
Just Black
Clearly White
60,000円




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Pixel 3 関連記事一覧 - S-MAX
・Google Pixel 3 - 日本 - ナイトサイトで光を見る - Google Store

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…