新ミッドレンジスマホ「HTC U19e」と「HTC Desire 19+」が発表!ノッチのある縦長画面やトリプルカメラなどの最新トレンドを採用。台湾で6月中旬より順次発売



HTCが新スマホ「U19e」と「Desire 19+」を発表!

HTCは11日(現地時間)、台湾で新製品発表会を開催し、新しいミッドレンジスマートフォン(スマホ)「HTC U19e」および「HTC Desire 19+」を発表しています。それぞれ台湾にてHTC U19eが6月中旬以降、HTC Desire 19+が7月上旬以降に発売される予定です。

価格はHTC U19eが14,900台湾ドル(約52,000円)、HTC Desire 19+の4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージのモデルが9,900台湾ドル(約34,000円)、6GB RAMおよび128GB内蔵ストレージのモデルが10,900台湾ドル(約38,000円)とのこと。

HTC StoreやHTC Internet Store、Yahoo Shopping、MOMO Shoppingなどで販売されるとのこと。なお、現時点において日本における販売については明らかにされておらず、投入されるかどうかは不明です。とはいえ、久しぶりのHTCの新製品ということでがんばって欲しいところです。

【HTC U19e】


HTC U19eはノッチなどの切り欠きのないアスペクト比9:18の縦長な約6.0インチFHD+(1080×2160ドット)有機ELやQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 710(SDM710)」、6GB RAM、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、3930mAhバッテリーなどを搭載したミッドレンジスマホです。

背面には約1200万画素CMOSイメージセンサー(F1.8レンズ)と約2000万画素CMOSイメージセンサー(F2.6レンズ)のデュアルリアカメラ、前面には約2400万画素CMOSイメージセンサー(F2.0)と虹彩認証用の約200万画素CMOSイメージセンサーのデュアルフロントカメラを搭載しています。サイズは約156.5×75.9×8.0mm、質量は約180g、本体カラーは超凡紫と謙和緑の2色展開。

また外観は前面だけでなく背面も強化ガラス「Corning Gorilla Glass」を用い、金属蒸着技術によってガラスの光沢感と金属のメタリック感が融合したグラデーションカラーとなっており、HTC U11+やHTC U12+のような薄っすらと内部の基板が見えるスケルトンデザインを採用しています。なお、背面には指紋センサーも搭載。



リアカメラは像面位相差オートフォーカス(PDAF)やHDR撮影、AIカメラ、プロモード、ポートレートモード、2個のLEDフラッシュ、ARスティッカーなどに対応。外部接続・充電端子はUSB Type-C(USB 3.1)で、急速充電「Quick Charge 4.0」をサポート。音響面では「HTC BoomSound Hi-Fi edition」に対応。OSはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)を採用し、独自ユーザーインターフェース「HTC Sense」を搭載。

その他の仕様ではIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)およびBluetooth 5.0、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)、Miracast、NFC、環境光センサー、近接センサー、モーション/加速度センサー、電子コンパスなど。携帯電話ネットワークはLTE DL Category 15およびLTE UL Category 13による下り最大800Mbpsおよび上り最大150Mbpsに対応し、nanoSIMカード(4FF)サイズが2つでデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)をサポート。対応する周波数帯は以下の通り。

2G/2.5G - GSM/GPRS/EDGE
・ 850/900/1800/1900 MHz
3G UMTS
・ 850/900/1900/2100 (B1/B2/B5/B8); HSDPA 42, HSUPA 5.76
4G LTE
・ FDD: Bands 1, 2, 3, 5, 7, 8, 20, 28
・ TDD: Bands 38, 39, 40, 41


【HTC Desire 19+】


HTC Desire 19+は画面上部中央に水滴型ノッチがあるアスペクト比9:19の縦長な約6.2インチHD+(720×1520ドット)液晶やMediaTek製SoC「Helio P35(MT6765)」、4または6GB RAM、64または128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、3850mAhバッテリーを搭載したミッドレンジスマホです。

画面占有率は88%で、HTC初のトリプルカメラを背面に搭載しており、メインの約1300万画素CMOSイメージセンサー(F1.8レンズ)と超広角120°レンズの約800万画素CMOSイメージセンサー、被写界深度測定用の約500万画素CMOSイメージセンサーという構成です。またフロントカメラは約1600万画素CMOSイメージセンサーを搭載。



サイズは約156.2×74.8×8.5mm、質量は約170g、本体カラーは星燦藍および茉莉白の2色展開。背面には指紋センサーを搭載し、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz)のWi-FiやBluetooth 5.0、NFC、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子などに対応。

また携帯電話ネットワークはLTE UE Category 6\による下り最大300Mbpsおよび上り最大50Mbpsに対応し、nanoSIMカード(4FF)サイズが2つでデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)をサポート。対応する周波数帯は以下の通り。

2G/2.5G - GSM/GPRS/EDGE
・ 850/900/1800/1900 MHz
3G UMTS
・ 850/900/1900/2100 (B1/B2/B5/B8); HSDPA 42, HSUPA 5.76
4G LTE
・ FDD: Bands 1, 2, 3, 5, 7, 8, 20, 28
・ TDD: Bands 38, 40, 41


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HTC新机将发布,U19e、Desire 19+姗姗来迟 - HTC官方社区

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…