スマホ向け決済サービス「LINE Pay」にて友だちにダタで千円分をプレゼントできるキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」を5月20〜29日に実施



LINE Payにて「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」が開催!

LINEおよびLINE Payは16日、スマートフォン(スマホ)など向け送金・決済サービス「LINE Pay」( https://line.me/pay )において2019年5月20日(月)11:00〜5月29日(水)23:59にキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」( https://linepay.line.me/campaign/30bill.html )を実施すると発表しています。

祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭は上記キャンペーンページから自分のLINEの友だちにLINE Payの送金機能を利用するような感覚で「LINE Payボーナス」を送ることができ、期間中に友だちからLINE Payボーナスが送付されると、特典としてLINE Payボーナス1,000円相当がプレゼントされます。

この送られた特典の総額が300億円相当分すべて付与されるまで実施され、特典額としてはLINEグループ史上最大の還元祭となるとのこと。期間中であれば、LINEの友だちやグループに送ることができるので、普段から親しくしている人から久しぶりに連絡してみたい人までたくさんの友だちと新時代を迎えたコミュニケーションを楽しくとれるということです。

またキャンペーンに参加して友だちに1,000円相当のLINE Payボーナスを送信完了すると、キャンペーンキービジュアルや元号発表をモチーフにしたLINEキャラクター起用の「LINEスタンプ」(全8種類)もプレゼントされます。自分で無料でダウンロードする必要がありますが、キャンペーンを通してLINEの友だちとやりとりする際に楽しく使えます。


LINEおよびLINE Payでは今月から元号が平成から令和に変わり、平成では昭和に日本に持ち込まれたクレジットカードが生活に根付き大口決済がしやすくなったほか、交通系をはじめとする電子マネーや「おサイフケータイ」などの日本発の技術を使った非接触型決済が生み出され、人々のライフスタイルに合ったより簡単でクイックな支払い手段が普及した時代だったとのこと。

これにより、電子決済が飛躍的に日常生活に浸透し、支払いにおける選択肢が多様化された時代と言えますが、一方で新しい令和の時代には今秋に予定される消費増税や来年に迫ったオリンピック・パラリンピック、その先の万博などをきっかけにいよいよ電子決済が生活のなかで主な支払い方法として広く根付く時代となることが想定されるとしています。

こうした新しい時代を迎えたことを記念して今回のキャンペーンでは、1人あたり1,000円相当のLINE Payボーナスを受け取ることができま、受け取るにはLINE Payで期限内にアカウントを開設し、本人確認の受付を完了する必要があります。すでに本人確認済みのユーザーはすぐに受け取ることが可能です。

なお、これから本人確認を行なう場合は、1)銀行口座の登録または2)かんたん本人確認(オンライン本人確認 e-KYC)、3)郵送本人確認の3つの方法のうちいずれかの方法を選択して行うことができます。本人確認方法の詳細については公式ブログ「本人確認の方法」をご参照ください。なお、LINE Payボーナスの有効期限は2年間。



キャンペーンによって送金のような体験を通してLINE Payの主な機能である″モバイル決済″と″モバイル送金″のうちのモバイル送金を活性化する施策となっており、LINE Payのモバイル送金ではこれまで通常銀行を経由して行われてきたものが、スマホ間で手数料無料で簡単にやりとりできるようになります。

送られたLINE Payボーナスの金額は結果的に受け取ったLINEの友だちのアカウントに“チャージ”されるため、同社ではモバイル決済の普及にもつながると考えているということで、LINEだからこそ提供できるキャッシュレスのありかただとしています。友だちからの受け取りは期間中1人1回1,000円相当のみです。






アプリ名:LINE Pay
価格:無料
カテゴリー:ファイナンス
開発者:LINE Pay Corporation
バージョン:1.1.0
Android 要件:5.0以上
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?hl=ja&id=com.linepaycorp.talaria



アプリ名:LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
価格:無料
カテゴリー:ファイナンス
開発者:LINE Pay Corporation
バージョン:1.1.0
互換性:iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id1449817412?mt=8



アプリ名:LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ
価格:無料
カテゴリー:通信
開発者:LINE Corporation
バージョン:端末により異なります
Android 要件:端末により異なります
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.line.android



アプリ名:LINE
価格:無料
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
開発者:LINE Corporation
バージョン:9.6.5
互換性:iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id443904275?mt=8





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・LINE Pay 関連記事一覧 - S-MAX
・LINE史上最大の還元祭「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」を開催 | LINE Corporation | ニュース
・全員にあげちゃう300億円祭

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…