NTTドコモが分割払いの最大3分の1が免除される「スマホおかえしプログラム」を提供!Xperia 1やGalaxy S10・S10+、AQUOS R3、HUAWEI P30 Pro、iPhone 8以降などの高性能機種が対象



docomoが「スマホおかえしプログラム」を提供!

NTTドコモは16日、今夏以降に発売予定の新商品や新しく提供する新サービスを披露する「2019夏 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、新料金プラン「ギガホ」および「ギガライト」において対象機種を購入される人向けに購入したスマートフォン(スマホ)を同社の定める条件に基づき返却することで機種価格の36回分割払いのうちの最大12回分の分割支払金の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」 を2019年6月1日(土)より提供開始すると発表しています。

加入時の料金はかからず、対象機種は「2019年夏モデル」では「Xperia 1 SO-03L」および「Galaxy S10 SC-03L」、「Galaxy S10+ SC-04L」、「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」、「AQUOS R3 SH-04L」、「HUAWEI P30 Pro HW-02L」の6機種で、さらに既存の機種でも「Xperia XZ3 SO-01L」や「Galaxy Note9 SC-01L」、「Pixel 3」、「Pixel 3 XL」など「2017-2018冬春モデル」以降のハイエンドモデル24機種と「iPhone 8」以降の6機種で合計30機種となっています。

条件は対象機種を36回払いで購入し、同社の定める条件にて購入した機種を返却することとなっており、必ずしも次の機種を同社で機種変更で購入する必要はないだけでなく、途中で対象機種を購入したときに契約した回線を解約しても利用条件を満たせば適用されるとのことで、解約して他社へ乗り換え(MNP)したり、SIMフリー製品を単体購入して使ったりしてもOKとのこと。

また購入した対象機種のSIMロック解除も割賦払いとなるため、従来通りに購入から100日が経過すれば実施可能。なお、返却条件は現在実施している「下取りプログラム」に準拠するとし、画面割れなどの条件に満たない場合には「故障時利用料」として20,000円(ケータイ補償サービスまたはケータイ補償サービス for iPhone&iPad加入時は2,000円)がかかるということです。

その他、5月30日までに「docomo with」に加入した人がその後に対象機種を購入する場合、新料金プランのギガホやギガライトに変更してしまうとdocomo withは非適用となってしまうものの、既存の料金プランを継続すればdocomo withを適用したままでスマホおかえしプログラムを利用できるとしています。


スマホおかえしプログラムは対象機種を36回分割払いで購入する際に加入することができ、加入すると購入した機種がNTTドコモが定める条件に基づいて返却すると分割払いのうちの最大12回分(25か月目〜36か月目相当)の支払いが不要になります。これにより、本体価格の最大3分の1が割り引かれた形となり、高価格帯の製品が購入しやすくなります。

NTTドコモでは新料金プランのギガホとギガライトを発表した際に端末価格と通信料金を分けた「分離プラン」となり、従来までの「月々サポート」や「端末購入サポート」、docomo withといった端末価格の割引施策がなくなるため、高価格帯製品は購入しにくくなるとして2019年夏モデルの発売に合わせて何らかの購入しやすくなる施策導入を検討しているとしていました。

今回、その施策としてスマホおかえしプログラムが提供されることが発表されました。他社でもauの「アップグレードプログラムEX」やSoftBankの「半額サポート」といった購入機種を返却することで分割払いの一部を免除するプログラムが提供されていますが、ともに48回払いのうちの最大24回が免除されるのに対し、NTTドコモでは36回払いのうちの最大12回としてきました。

また加入は新規契約および機種変更(契約変更含む)、他社から乗り換え(MNP)の全オーダーが対象で、加入時に新規契約を含む同社の回線契約が必要ではあるものの、返却時にはNTTドコモの回線契約の継続や機種変更といった条件がないのも特徴です。なお、2019年夏モデルの対象機種のドコモオンラインショップにおける価格(税込)とスマホおかえしプログラム加入時の実質負担額は以下の通り。

機種予約開始日発売日本体価格実質負担額
(スマホ
おかえし
プログラム
適用時)
一括払い分割払い(36回)
Galaxy S10 SC-03L5月16日(木)6月1日(土)89,424円2,484円59,616円
Galaxy S10+ SC-04L101,088円2,808円67,392円
Xperia Ace SO-02L48,600円1,350円-
AQUOS R3 SH-04L89,424円2,484円59,616円
arrows Be3 F-02L2019年6月上旬33,048円918円-
Google Pixel 3a46,656円1,296円-
Xperia 1 SO-03L2019年6月中旬103,032円2,862円68,688円
Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L2019年7月下旬114,696円3,186円76,464円
HUAWEI P30 Pro HW-02L今夏89,424円2,484円59,616円
LG style2 L-01L後日案内2019年7月38,880円1,080円-
arrows ケータイ F-03L7月上旬31,104円864円-
SH-03L-今夏29,160円810円-
Wi-Fi STATION SH-05L今秋未定未定-

スマホおかえしプログラムの受付窓口はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店舗およびドコモオンラインショップ。利用期間は対象機種の購入月の翌月を1か月目として購入から35か月目の月末まで。なお、一部の家電量販店などにおいては対象機種の返却時点における分割支払金残額が10,000円以上の場合は取り扱うことができないとのこと。提供開始時における対象機種および返却・査定条件は以下の通り。

○返却条件
・対象機種がNTTドコモの指定する正規店で購入されたものであり、購入時における不備および不正がないこと。
・返却時における対象機種分割支払金の未払いおよび対象機種の回線契約にかかる料金の未払いがないこと。
・対象機種に記録されているメモリーおよびデータが消去できること(一切のデータは加入者自身の責任で消去すること)。
・対象機種を改造していないこと。
・加入者が対象機種の所有権を有していること。
・以下の査定条件を満たし、査定が完了すること。

○査定条件
・対象機種に故障、水濡れ、著しい外観破損および画面割れがないこと。
・その他の当社指定の査定基準を満たしていること(店頭で確認をさせていただきますので、電池パックを装着した状態で持っていくこと)。

※指定の査定基準を満たしていない場合に査定条件を満たすには、20,000円(税抜)(ケータイ補償サービスまたはケータイ補償サービス for iPhone & iPadにご加入の場合は2,000円(税抜))の故障時利用料をお支払いいただく必要があります。

2019夏モデルXperia 1 SO-03L
Galaxy S10 SC-03L
Galaxy S10+ SC-04L
Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L
AQUOS R3 SH-04L
HUAWEI P30 Pro HW-02L
2018-2019
冬春モデル
Xperia XZ3 SO-01L
Galaxy Note9 SC-01L
Google Pixel 3
Google Pixel 3 XL
2018夏モデルXperia XZ2 Premium SO-04K
Xperia XZ2 SO-03K
Xperia XZ2 Compact SO-05K
AQUOS R2 SH-03K
HUAWEI P20 Pro HW-01K
Galaxy S9 SC-02K
Galaxy S9+ SC-03K
2017-2018
冬春モデル
Xperia XZ1 SO-01K
Xperia XZ1 Compact SO-02K
Galaxy Note8 SC-01K
arrows NX F-01K
M Z-01K
V30+ L-01K
JOJO L-02K
iPhoneiPhone XRiPhone XSiPhone XS MaxiPhone XiPhone 8iPhone 8 Plus




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・報道発表資料 : 「スマホおかえしプログラム」の提供を開始 | お知らせ | NTTドコモ
・スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ
2019年夏 新商品のご予約・ご購入手続きについて | お知らせ | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】大人の女性に向けたケータイ「ベネトンコラボレーションモデル」

「ベネトンコラボレーションモデル」は、シンプルな形状と機能にこだわったストレートタイプの音声端末「nico.」をベースにした、ベネトン ジャパンとのコラボモデル。発売時期は2月下旬予定。価格はオープンプライスだが、ウィルコム…

【デジカメ調査室】強力二重奏!新「LUMIX」シリーズ6機種発表

松下電器産業は2007年1月31日(水)、パナソニックセンター東京において、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズ新製品6機種の記者発表会を行った。今回発表された製品は、世界最薄※1・広角28mm※2ズームレンズ搭載の「FX30」、世界最小※…