UQ mobile向け高コスパスマホ「Galaxy A30」と「HUAWEI P30 lite」が発表!5月24日より順次発売。SIMフリーで価格はともに本体代3万1644円の実質2万6460円に



UQモバイルからも高コスパスマホ「Galaxy A30」と「HUAWEI P30 lite」が登場!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は14日、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )向け新商品としてコストパフォーマンスの高いスマートフォン(スマホ)「Galaxy A30」(Samsung Electronics製)および「HUAWEI P30 lite」(Huawei Technologies製)を発表しています。

発売時期はGalaxy A30が6月上旬、HUAWEI P30 liteが5月24日となっており、UQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店店頭および公式Webストア「UQモバイルオンラインショップ」にて順次取り扱いを開始するということです。

価格(税込)はUQモバイルオンラインショップにおいては機種・契約種別・プランともに同じで本体代金31,644円(分割なら初回1,836円+1,296円/月×24回)のマンスリー割-216円/月×24回(総額-5,184円)の実質26,460円(分割なら初回1,620円+1,080円/月×23回)。なお、両機種ともに購入時からSIMロックのかかっていないSIMフリー製品となるとのこと。

また発売を記念して華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)がUQ mobileのHUAWEI P30 liteを6月30日(日)まで購入し、7月10日(水)までに専用Webページ( http://huawei-cpn.jp/uqp30lite/ )から応募すると、EJOICAセレクトギフトをもれなく3,000円相当、さらに抽選で300人に7,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施します。

【Galaxy A30】


Galaxy A30は海外では今年3月に発表されたミッドレンジスマホで、日本ではすでにauから「Galaxy A30 SCV43」として発表されていましたが、UQ mobileからもSIMフリーで発売されることになりました。UQ mobile版はau版と同様に防水・防塵やおサイフケータイ(FeliCa)といった日本市場向け機能に対応しています。

基本スペックは画面上部中央にノッチ(切り欠き)のあるアスペクト比9:19.5の縦長な約6.4インチFHD+(1080×2340ドット)Super AMOLED「Infinity-U」ディスプレイやオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、3900mAhバッテリー、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子など。



背面には指紋センサーを搭載しているほか、フロントカメラによる顔認証にも対応しており、カメラは背面が約1300万画素CMOS/F1.9広角レンズ(画角78°)+約500万画素CMOS/F2.2超広角レンズ(画角123°)のデュアルリアカメラ、前面が約800万画素CMOS/F2.0レンズのシングルフロントカメラと搭載。

サイズは約約158.5×74.7×7.7mm、質量は約176g、本体カラーはau版は4色展開ですが、UQ mobileではホワイトがなく、ブルーおよびブラック、レッドの3色がラインナップされています。その他、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 5.0、位置情報取得(A-GPS・GLONASS・BDS)、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、電子コンパスを搭載。

OSはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)を採用し、ユーザーインターフェースは新しい「One UI」を搭載し、緊急地震速報や津波速報/災害・避難情報、テザリング、国際ローミング(データ通信は非対応)も利用可能。赤外線通信やワンセグ・フルセグには非対応。

【UQ mobile Galaxy A30の主な仕様】
製品名Galaxy A30
サイズ(高さ×幅×厚さ)約160×75×8.0mm(最厚部8.2mm)
質量約176g
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ
(サイズ、解像度、ディスプレイ方式、発色数)
約6.4インチ
FHD+(1080×2340ドット)
Super AMOLED(有機EL)
約1677万色
CPU(SoC、最大クロック数、コア数)Samsung Exynos 7904
1.8GHz×2+1.6GHz×6
オクタコア
内蔵メモリー(RAM)4GB
内蔵ストレージ64GB
外部ストレージ(最大対応容量)microSDXC(512GB)
バッテリー容量3900mAh
防水/防塵○/○
(IPX5、8/IP6X)
4G LTE/VoLTE○/○
連続待受時間
(日本国内使用時)
約670時間
(4G LTE/WiMAX 2+エリア)
連続通話時間
(音声通話時/日本国内使用時)
約1990分
電池持ち時間約120時間
充電時間TypeC 共通 ACアダプタ 01:約150分
TypeC 共通 ACアダプタ 02:約110分
受信時最大速度/送信時最大速度260Mbps/50Mbps
Wi-Fi(周波数帯)IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4および5GHz)
Bluetooth(対応バージョン)○(5.0)
リアカメラ
(有効画素数、F値、画角)
デュアルカメラ(約1300万画素、F1.9、78°+約50万画素、F2.2、123°)
フロントカメラ
(有効画素数、F値)
約1300万画素、F2.0
FeliCa/NFC(FeliCa搭載)−/○
ワンセグ/フルセグ−/−
生体認証指紋認証、顔認証
ワイヤレス充電
UIMnanoSIMカード(4FF)
充電端子USB Type-C
本体カラーBlue、Black、Red
メーカーSamsung Electronics


【HUAWEI P30 lite】


HUAWEI P30 liteは海外では今年2月に発表されたミッドレンジスマホで、日本ではすでにauから内蔵ストレージが強化された「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」、そしてY!mobileから「HUAWEI P30 lite」が発表されていましたが、UQ mobileからもSIMフリーで発売されることになりました。

Y!mobile版と同様に現時点で詳細なスペックは案内されていませんが、HUAWEI P30 lite Premium HWV33と比べて内蔵ストレージが64GBと少ないモデルだと思われ、画面上部中央にしずく型ノッチ(切り欠き)を備えたアスペクト比9:19の縦長な約6.1インチFHD+(1080×2312ドット)IPS液晶(約415ppi)やオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)、3340mAhバッテリーと十分な性能を備えたミッドレンジスマホとなると見られます。


ノッチ部分には約2400万画素裏面照射型CMOS/F2.0レンズのフロントカメラを搭載し、顔認証に対応。また背面に指紋センサーを搭載し、指紋認証とシーンによって生体認証を使い分けることも可能となっています。なお、リアカメラはうす暗いシーンでも優れた描写力を発揮する夜景モードを搭載しました。

ホームボタンなどのナビゲーションボタンは画面内に表示するソフトウェア式を採用し、画面の上下左右ともに縁(ベゼル)の狭い全画面デザインで、6.1インチながら持ちやすさも両立。サイズは約153×73×7.5mm、質量は約159g。本体カラーはピーコックブルーおよびパールホワイト、ミッドナイトブラックの3色展開。


基本スペックはHiSilicon製オクタコア CPU「Kirin 710」(2.2GHz Cortex-A73×4+1.7GHz Cortex-A53×4)やmicroSDXCカードスロット、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)など。

センサーは重力・環境光・近接・ジャイロ・電子コンパスを内蔵し、OSはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)をベースにした独自ユーザーインターフェース「EMUI 9.0.1」をプリインストール。なお、防水や防塵、FeliCa、ワンセグ、フルセグといった日本市場向け機能には対応しません。

【UQ mobile HUAWEI P30 liteの主な仕様】
製品名HUAWEI P30 lite
サイズ(高さ×幅×厚さ)約153×73×7.5mm(最厚部8.7mm)
質量約159g
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ
(サイズ、解像度、ディスプレイ方式、発色数)
約6.1インチ
FHD+(1080×2312ドット)
TFT IPS液晶
約1677万色
CPU(SoC、最大クロック数、コア数)HiSilicon Kirin 710
2.2GHz×4+1.7GHz×4
オクタコア
内蔵メモリー(RAM)4GB
内蔵ストレージ64GB
外部ストレージ(最大対応容量)microSDXC(512GB)
バッテリー容量3340mAh
防水/防塵ー/ー
4G LTE/VoLTE○/○
連続待受時間
(日本国内使用時)
約390時間
(4G LTE/WiMAX 2+エリア)
連続通話時間
(音声通話時/日本国内使用時)
約1180分
電池持ち時間約75時間
充電時間Huawei Quick Charger:約100分
TypeC 共通 ACアダプタ 01:約140分
TypeC 共通 ACアダプタ 02:約100分
受信時最大速度/送信時最大速度279Mbps/75Mbps
Wi-Fi(周波数帯)IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4および5GHz)
Bluetooth(対応バージョン)○(4.2)
リアカメラ
(有効画素数、F値、画角)
トリプルカメラ(約2400万画素、F1.8+約800万画素、F2.4+約200万画素、F2.4)
フロントカメラ
(有効画素数、F値)
約2400万画素、F2.0
FeliCa/NFC(FeliCa搭載)−/−
ワンセグ/フルセグ−/−
生体認証指紋認証、顔認証
ワイヤレス充電
UIMnanoSIMカード(4FF)
充電端子USB Type-C
本体カラーPeacock Blue、Pearl White、Midnight Black
メーカーHuawei Technologies



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Galaxy A30 関連記事一覧 - S-MAX
・HUAWEI P30 lite 関連記事一覧 - S-MAX
・UQ mobile 夏ラインアップとして「Galaxy A30」、「HUAWEI P30 lite」を発売 | 【公式】UQコミュニケーションズ
・Galaxy A30│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)
・HUAWEI P30 lite│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【アキバ物欲】ショップブランドに魅力あり!Vista搭載パソコン特集

2007年1月30日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)がついに発売される。Vistaは、同社が5年ぶりにパソコン市場へ投入するOSであるので、パソコンユーザーの中には、Vistaの登場を待ち望んでいた人も多いであ…