みんなで盛り上げよう!将棋タイトル戦 をクラウドファンディングしちゃう企画「第5期叡王戦を応援するプロジェクト」始動


ドワンゴは、2019年6月に開幕する同社主催の「第5期叡王戦」の支援プロジェクト「第5期叡王戦を応援するプロジェクト」を2019年5月14日(火)〜2019年6月14日(金)にかけて、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて実施すると発表した。

「叡王戦」は、2015年に一般棋戦として創設、2017年の第3期からタイトル戦に昇格し、王座戦以来34年ぶりに新設されたタイトル戦として注目を集めている。ドワンゴはIT企業主催ならではの「叡王戦」の取り組みとして、同社が運営するニコニコ生放送を活用し、予選を含めた60以上の対局の完全生中継を実施。また、独自のコメント機能を使った視聴者とのインタラクティブな演出や、第4期叡王戦においてはユーザーが有料で各対局を直接体験できる「見届け人」制度を初めて導入するなど、ユーザー参加型のコンテンツとして提供してきた。

ユーザーによって支えられ盛り上げてきた「叡王戦」は、「ユーザーとつくる」という意味合いがますます大きくなっている。そこで第5期叡王戦では、将棋をより身近に感じる機会を提供したいと考え、クラウドファンディングプロジェクトを実施するとのこと。

本プロジェクトの目標金額は200万円とし、上限額は設けていない。形態は「All-In」方式となり、期限の2019年6月14日までに目標金額が達成されない場合でも叡王戦は実施し、支援者にリターン(特典)をお届けする。

リターンの内容は、叡王戦ホームページ・叡王戦のニコニコ生放送で配信する「ご支援者様CM」での支援者の名前の掲載やオリジナル扇子のプレゼントなど、支援コースに応じてより豪華になっていく。

また、5万円以上の支援コースを選んだ人にはm予選・本戦トーナメント決勝の振り駒役、対局の最初と最後に同席する見届け人役、本戦トーナメントの組み合わせを決める抽選会での抽選カードを引く役など、将棋タイトル戦における重要な場面を体験できるサービスなどを用意している。

■プロジェクト概要
プロジェクト名:「第5期 叡王戦を応援するプロジェクト」
実施期間:2019年5月14日(火)〜2019年6月14日(金)
目標金額:200万円 (上限額なし)
クラウドファンディングサイト:CAMPFIRE (https://camp-fire.jp)
支援者へのリターン:
【5,000円以上】叡王戦公式サイトに支援者の名前を掲載
【7,000円以上】叡王戦のニコニコ生放送で配信する「ご支援者様CM」に支援者の名前を掲載
【10,000円以上】クラウドファンディング限定の永瀬叡王オリジナル扇子をプレゼント
【50,000円以上】振り駒兼見届け人として叡王戦に参加
【100,000円】本戦トーナメント抽選権
※一部支援コースは枠数があり、先着順となっております。詳細はプロジェクト公式サイトをご参照ください。

■プロジェクト公式サイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・「第4期叡王戦」七番勝負第3局で永瀬拓矢七段が3連勝、初タイトルに王手
・「ニコニコ超会議2019」2日目に押さえておきたいところ 〜超会議2019〜
・実に1トン!大量に準備したので余裕? 謎肉今年も超会議に登場!〜超会議2019〜
・ベルギー王室御用達チョコレートブランド「ヴィタメール」、母の日限定ギフト商品を販売
・平成最後にあなた自身を漢字一文字で表すなら?ニコニコ超会議特別企画「#平成最後の漢字一文字」を実施

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】外出先のPCがMyパソコンになる!携帯電話よりも小さいLinuxパソコン「wizpy」プロジェクトリーダーインタビュー

ターボリナックスは、手のひらサイズのLinuxパソコン「wizpy」を2月23日より発売する。wizpyは、OSにLinuxを採用した携帯電話よりも小さなパソコンで、パソコンのUSBポートに「wizpy」を接続して起動すると、そのパソコンを自分専用の…

【アキバ物欲】″弘法は筆を選ぶ?″できるユーザーこそ、キーボードとマウスにこだわる

パソコンの一番身近な周辺機器といえば、キーボードとマウス。日常的に使うデバイスということもあり、こだわりを持っている人も多い。キーボードやマウスを購入する人は、製品のどこを見て購入を決めているのだろうか。また、キーボー…

【世界のモバイル】売れる海外ケータイの秘密!ユーザーニーズに対応できない日本

携帯電話の全世界マーケットにおける日本メーカーのシェアは「その他」に入れられてしまうほど低く、海外の調査会社によるマーケットシェアの結果に、単独メーカーの数字が出てくることもここ数年は無くなってしまった。SonyEricssonが…

【気になるトレンド用語】ニコニコ動画が育ての親「初音ミク」って何か知ってる?

最近「初音ミク(はつねみく)」という言葉をみかけます。売れすぎで生産が追いつかないとか、ニコニコ動画(RC)で人気とか、ネットで噂になっているようですが、これっていったい何?実は、「初音ミク」はバーチャルアイドルであって、…

【気になるトレンド用語】ニコニコ動画に迫る急成長の「優酷網(Youku)」って何

近年、日本や世界のインターネットで人気のあるサービスが動画共有サイトです。特に有名なのが、米国のYouTube(※1)と日本のニコニコ動画(※2)ですが、最近この二強に迫る勢いで急成長している動画共有サイトがあります。それが、中国…