au向けのコストパフォーマンスに優れたスマホ「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」を写真と動画で紹介!128GBの内部ストレージに4GB RAM、トリプルカメラなど【レポート】



au向けの高コスパスマホ「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」が今月下旬に発売予定!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、au向け「2019年夏モデル」を発表し、トリプルカメラや128GBの大容量内部ストレージ(ROM)、3340mAhの大容量バッテリーを搭載したコストパフォーマンスに優れたスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」(Huawei Technologies製)を5月下旬に発売する。

同日、都内では報道陣向けの「au 発表会 2019 Summer」を開催。会場で実機を試すことができたので、レポートする。なお、今回発表された各機種とも、発売に先立ってauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付を開始する予定。

価格は現時点では未定で、後日案内されるとのこと。華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)では「HUAWEI P30 lite Premium 発売記念! キャッシュバックキャンペーン」を実施する予定。

「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」は、今年3月に海外でグルーバルモデルとして発表された「HUAWEI P30 lite」のau版となるモデル。「HUAWEI P30 lite」と比較して、「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」では内部ストレージ(ROM)の容量が128GBになっている点が大きく異なる。


本体正面



本体背面。左からピーコックブルー、ミッドナイトブラック、パールホワイト



本体左右側面(画像上)と本体上下側面(画像下)



本体同梱品。高速充電対応のACアダプタとケーブル、イヤホン、専用ケース

本体サイズは、約73(W)×約153(H)×約7.5(D)mm、重量は約159g。約6.1インチ FHD+(1080×2312ドット)IPS液晶(約415ppi)を搭載する。本体のカラーバリエーションは、ピーコックブルー、ミッドナイトブラック、パールホワイトの3色。

本体背面には、トリプルカメラを搭載し、それぞれ約2400万画素のメインカメラ、800万画素の広角カメラ、約200万画素の深度測定用カメラを搭載している。

カメラ機能においては、22種類の被写体やシーンを自動認識するAI撮影に対応しているほか、「QRコード」「翻訳」「ショッピング」「識別」といったモードを搭載している。「翻訳」では、被写体のテキストを任意で設定した言語にリアルタイムで翻訳してディスプレイに表示する機能。「識別」は被写体が何かを識別する機能で、「ショッピング」は被写体を認識してショッピングサイトにカンタンにアクセスできる機能となっている。



翻訳のモードではリアルタイムで被写体の文字を翻訳表示できる



翻訳エンジンはGoogle翻訳を採用している

なお、インカメラにおいても、背景については8種類のシーン認識をして撮影できる。例えば、逆光と認識すれば、被写体の顔が黒つぶれしないよう、明るく撮影できる、というものだ。このほかにもARモードや、カンタンにGIF撮影ができるモードも搭載している。


主な特徴



ストレージ画面



端末情報画面

Androidのバージョンは9(開発コード名:Pie)、オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)、3340mAhバッテリーを搭載、外部メモリーは最大512GBまでのmicroSDXCカードに対応している。

4G LTE、WiMAX 2+、CA(キャリアアグリゲーション)、VoLTE、auメール、+メッセージ、SMS(Cメール)、最大8台まで接続可能なWi-Fiテザリング、au世界サービス(VoLTE/LTE/UMTS/GSM)、Bluetooth(ver.4.2)、Wi-Fi(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、緊急速報メール、生態認証(指紋/顔)に対応する。

一方で、フルセグ、ワンセグ、おサイフケータイ、ワイヤレス充電、防水、防塵、耐衝撃、赤外線通信には対応していない。



au +1 collectionからはフリップタイプの専用ケースが発売される予定

最後に、タッチ&トライ会場で説明員に主な特徴などを聞いてみた動画を紹介する。



【HUAWEI P30 lite Premium HWV33の主な仕様】
製品名HUAWEI P30 lite Premium HWV33
サイズ(高さ×幅×厚さ)約153×73×7.5mm(最厚部8.7mm)
質量約159g
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ
(サイズ、解像度、ディスプレイ方式、発色数)
約6.1インチ
FHD+(1080×2312ドット)
TFT IPS液晶
約1677万色
CPU(SoC、最大クロック数、コア数)HiSilicon Kirin 710
2.2GHz×4+1.7GHz×4
オクタコア
内蔵メモリー(RAM)4GB
内蔵ストレージ128GB
外部ストレージ(最大対応容量)microSDXC(512GB)
バッテリー容量3340mAh
防水/防塵ー/ー
4G LTE/VoLTE○/○
連続待受時間
(日本国内使用時)
約390時間
(4G LTE/WiMAX 2+エリア)
連続通話時間
(音声通話時/日本国内使用時)
約1180分
電池持ち時間約75時間
充電時間Huawei Quick Charger:約100分
TypeC 共通 ACアダプタ 01:約140分
TypeC 共通 ACアダプタ 02:約100分
受信時最大速度/送信時最大速度279Mbps/75Mbps
Wi-Fi(周波数帯)IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4および5GHz)
Bluetooth(対応バージョン)○(4.2)
リアカメラ
(有効画素数、F値、画角)
トリプルカメラ(約2400万画素、F1.8+約800万画素、F2.4+約200万画素、F2.4)
フロントカメラ
(有効画素数、F値)
約2400万画素、F2.0
FeliCa/NFC(FeliCa搭載)−/−
ワンセグ/フルセグ−/−
生体認証指紋認証、顔認証
ワイヤレス充電
UIMau IC Card 04
充電端子USB Type-C
本体カラーMidnight Black、Pearl White、Peacock Blue
メーカーHuawei Technologies



記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HUAWEI P30 lite Premium 関連記事一覧 - S-MAX
・au 2019夏モデル9機種を取り扱い | ニュースリリース | KDDI株式会社
・HUAWEI P30 lite Premium(ファーウェイ ピーサーティー ライト プレミアム)HWV33 | スマートフォン(Android スマホ) | au

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…