KDDI、au向けフラッグシップスマホ「Galaxy S8 SCV36」と「Galaxy S8+ SCV35」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を4月17日10時に提供開始



au向けスマホ「Galaxy S8 SCV36」と「Galaxy S8+ SCV35」がAndroid 9 Pieに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は16日、au向けハイエンドスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8 SCV36」および「Galaxy S8+ SCV35」(ともにSamsung Electronics製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年4月17日(水)10時に提供開始するとお知らせしています。

更新はそれぞれ本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法およびパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して実施する方法が用意されており、アップデートファイルサイズは両機種ともに本体のみで約1.6GB、PCを用いる方法で約3.5GBとなっています。

更新時間も両機種で同じでそれぞれ本体のみの方法の4Gが約25分、Wi-Fiが約20分、PCを用いる方法が約75分。なお、PCを用いる方法は事前にPCに専用アプリ「Smart Switch」をインストールして行います。更新後のOSバージョンは「Android 9.0」で、Androidセキュリティパッチレベルは「2019年4月1日」となるとのこと。

ビルド番号はGalaxy S8 SCV36が「PPR1.180610.011.SCV36KDU1CSD3」、Galaxy S8+ SCV35が「PPR1.180610.011.SCV35KDU1CSD3」。OSバージョンアップを実施するにはGalaxy S8 SCV36が「SCV36KDU1BSA1」、Galaxy S8+ SCV35が「SCV35KDU1BSA1」のビルド番号となっている必要があります。主な変更点は以下の通り。

○主な機能追加・変更内容
1)アイコン表記の変更
2)ロック画面表示の変更
3)ステータスバーの表示変更
4)ホーム画面の表示変更
5)ダイヤルの機能変更
6)起動中のアプリケーション一覧画面変更
7)マルチウィンドウの表示方法変更
8)カメラ機能・配置変更
9)ギャラリー機能・配置変更
10)自動回転の機能変更

○主な削除項目
11)OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
 ・タスク画面(履歴画面)にて、「スナップウィンドウ」機能が削除されます。
 ・「リスト表示」、「設定」配下の「履歴ボタンを使用」と「スワイプでポップアップ表示」が削除されます。
 ・分割画面表示の際に、画面真ん中に表示されているメニューバーが削除されます。
 ・「バッテリー」設定画面にて、
   ・「監視対象外のアプリ」項目が削除されます。
   ・「省電力化」ボタンが削除されます。
 ・「ナビゲーションバー」設定画面にて、
  ・背景色が削除されます。
  ・「表示/非表示ボタン」が削除されます。
 ・「Facewidget」設定画面にて、「表示する場所」配下の「ロック画面とAlways on Display」、「ロック画面」項目が削除されます。
 ・「通知」設定画面にて、「通知を表示するアプリ」、「表示する場所」配下の「ロック画面とAlways on Display」、「ロック画面」項目が削除されます。
 ・「自分の連絡先情報」設定画面にて、「表示する場所」項目が削除されます。
 ・「ソフトウエアの更新予約」項目が削除されます。
 ・キーパッドの画面にて、
  ・検索バーの音声検索アイコンが削除されます。
  ・画面下の「非表示」アイコンが削除されます。
  ・右上メニュー欄の「キーパッドで起動/履歴で起動」が削除されます。
 ・通話中の画面にて、「音声補正」機能は削除されます。
 ・「カメラ設定」画面にて、「写真を3枚撮影」機能が削除されます。
 ・アラーム設定画面にて、「音量を少しずつ上げる」機能が削除されます。
 ・「ギャラリー」にて、
  ・任意画像を開く際に、右上のメニュー欄にて、「日付および位置情報タグを表示」項目が削除されます。
  ・通知のベルアイコンが削除されます。
 ・「ブラウザ」配下の「アドオン」設定画面にて、「クイックメニュー」、「動画アシスタント」、「QRコードリーダー」が削除されます。

○そのほかOSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
 SCV36のOSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(9.9MB)
 SCV35のOSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(9.8MB)
※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSCV36・SCV35をご利用いただくための改善内容が含まれております。



変更されるアイコン

Galaxy S8およびGalaxy S8+は同社のフラッグシップスマホ「Galaxy S」シリーズの2017年モデルで、auからは2017年5月に発売され、現在の縦長ディスプレイや全画面デザインをいち早く取り入れて人気となったSnapdragon 835や4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイエンドスマホです。

発売時にはAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を搭載し、その後、2018年春よりそれぞれAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)へのOSバージョンアップが提供されていましたが、2回目のOSバージョンアップとなるより新しいAndroid 9.0 Pieが提供開始されます。

なお、au向けGalaxyシリーズでは「Galaxy Note9 SCV40」および「Galaxy Note8 SCV37」向けに2019年3月27日より、「Galaxy S9 SCV38」および「Galaxy S9+ SCV39」向けに2019年2月20日よりAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップが提供されており、これらに続いてとなります。

更新方法は「設定」の「ソフトウェア更新」から行い、詳細は「ソフトウエアアップデートガイド(Galaxy S8 SCV36)(1.1MB)」または「ソフトウエアアップデートガイド(Galaxy S8+ SCV35)(1.1MB)」をご確認ください。ビルド番号の確認方法は「設定」から「端末情報」→「ソフトウェア情報」→「ビルド番号」で行います。更新に際しての注意点は以下の通り。

・OSアップデートはお客さまの責任において実施してください。
・OSアップデートを行うとAndroid 8.0に戻すことはできません。
・OSアップデートにより、お客さまのauスマートフォンはAndroid 9 Pieに変更され、画面操作や機能が変更されます。
・OSアップデートは更新のための通知が表示されOKを押すと更新が始まりますが、更新前に必ずauホームページ記載の更新内容と注意事項をご確認の上実施してください。
・再起動中は110番、119番、118番への電話も含め、メール送受信などすべての機能は操作できません。
・OSアップデートは所要時間が最大約75分となりますので、本体を充電しながら、または電池残量が十分な状態(フル充電)で実施してください。
・万一OSアップデート中に電池切れとなった場合は、充電の後、再度電源を投入いただけると更新処理を再開致します。
・4G(LTE/WiMAX 2+)通信(以下au通信)を利用したソフトウエア更新を実施した場合のパケット通信料は有料となります。
・このため、パケット通信料が高額になるため「auピタットプラン」および「auフラットプラン」などのパケット通信料割引サービス/データ定額サービスへのご加入をご確認の上実施してください。
・au通信を利用した場合、データ通信量が月間データ容量を超えると、当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsとなりますのでご注意ください。(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます)
・OSアップデートを行う際は通信が切断されないよう、電波が強く安定している状態で、移動せずに実施してください。
・OSアップデート中は、絶対に本体の電源をOFFにしないでください。故障の原因となる場合があります。
・OSアップデートにて本体に登録された各種データや設定情報が変更されることはありませんが、お客さまの端末の状況などによりデータが失われる可能性がありますので、 アドレス帳やEメールなどの大切なデータは必ずバックアップを取ってから実施してください。
 Galaxy S8 SCV36 取扱説明書
 Galaxy S8+ SCV35 取扱説明書
 データお預かりアプリ
・アップデート実施後に初めて起動した時は、データ更新処理のため、数分から数十分間、動作が遅くなる場合があります。
・(所要時間は本端末内のデータ量により異なります。通常の動作速度に戻るまでは電源を切らないでください。)
・OSアップデート実施後に初めてKDDI Eメールアプリ(@ezweb.ne.jp)を起動した時は、数分から数十分程度データ更新処理を行うため、メールの閲覧、送受信ができません。
・(所要時間はメールの保存件数や容量により異なります。データ処理完了まで電源を切らないでください。)
・海外でローミングサービスをご利用の際は、モバイルネットワーク(海外CDMA/海外GSM接続)でのOSアップデートの検索やダウンロードはできません。
・Android 8.0で動作しているアプリケーションのAndroid 9 Pie上での動作は保証できません。アプリケーションの対応OSなどをご確認の上、OSアップデートを実施してください。




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Galaxy S8 関連記事一覧 - S-MAX
・Galaxy S8+ 関連記事一覧 - S-MAX
・Galaxy S8(ギャラクシー エス エイト)SCV36 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au
・Galaxy S8+(ギャラクシー エスエイトプラス)SCV35 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…

【デジカメ調査室】トリプルブレ補正機能を搭載したキュートなデジカメ「FS1」

「FS1」は、薄さ24.2mmのスリムなボディに、600万画素CCDとトリプルブレ補正機能を搭載したコンパクトなデジタルカメラ。2月9日より発売が開始され、カラーバリエーションは、シルバー、ブルー、ピンクの3色。価格は、オープンプライ…

【ケータイラボ】ほぼフルスペックの高機能ケータイ「W52T」

3インチのワイドVGA液晶画面(800×480ドット)にワンセグ、デジタルラジオ、おサイフ機能にBluetoothなど、現在auの携帯電話で考えられるほとんどのスペックが詰め込まれた高機能端末「W52T」が発売になった。ただ、auの高速通信規格「…

【気になるPC】データ放送対応!最強のUSBワンセグチューナー「SEG CLIP」

アイ・オー・データ機器より、USB接続ワンセグチューナー「SEG CLIP GV-1SG/USB」が発売された。標準価格は1万1,130円で、店頭実売価格は1万円前後。USBコネクタに挿すことで、携帯機器向けのデジタル放送であるワンセグ放送をPCで受信…