KDDI、デュアルSIM対応のiPhone XS・XS Max・XR向けサービス「海外データeSIM powered by GigSky」を4月17日に提供開始!30日5GBで5800円から



デュアルSIM対応iPhone向けサービス「海外データeSIM」がスタート!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、デュアルSIMに対応した「iPhone」シリーズを利用している人が北米などへ渡航した際に2回線目として現地データ通信が利用できる国内通信事業者初のサービス「海外データeSIM powered by GigSky」を2019年4月17日に提供開始すると発表しています。

海外データeSIM powered by GigSkyは世界中でトラベルSIM事業を展開する「GigSky」が運営するプラットフォームを活用することで提供し、専用アプリで事前に利用する期間とデータ量を決めてプラン購入できるため、簡単かつ安心に利用可能となっています。

またauでは980円/回(24時間)で海外データ通信が利用できる「世界データ定額」を提供していますが、海外データeSIM powered by GigSkyは「いつも国内で使っているiPhoneを長期の海外滞在時もお得に使いたい」というニーズに応えたものだとのこと。

これにより、旅行に加えて留学や出張などの長期滞在時でもモバイルWi-Fiルーターをレンタルすることなく手持ちのiPhoneだけで、快適でお得にデータ通信を利用できるようになるとしています。


海外データeSIM powered by GigSkyはデュアルSIMに対応しているiPhoneシリーズにおいて普段利用しているSIMカードではないeSIMを利用したサービスで、専用アプリから申し込むだけでSIMカードの抜き差しなどの必要がなく利用できるようになります。

対応機種はデュアルSIMに対応している「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」で、対象地域はアメリカ(本土・ハワイ・アラスカ)およびカナダ、メキシコ、プエルトリコ、米領ヴァージン諸島となっています。

料金は30日プラン(5GB)が5,800円、30日プラン(8GB)が8,900円(ともに不課税)で、対象地域でデータ通信を開始してから30日後の同時刻まで利用可能。利用はアプリ配信マーケット「App Store」から「海外データeSIM」アプリをダウンロード・インストールして行います。

海外データeSIMアプリからアカウントの作成および支払方法の設定、プラン購入を行い、eSIM情報をダウンロードし、対象地域に到着後に現地ネットワークへの接続により自動で利用開始となります。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・日本初となるeSIMサービス「海外データeSIM powered by GigSky」を提供開始 | 2019年 | KDDI株式会社
・海外データeSIM powered by GigSky | 海外で使う(au世界サービス) | au

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【気になるPC】データ放送対応!最強のUSBワンセグチューナー「SEG CLIP」

アイ・オー・データ機器より、USB接続ワンセグチューナー「SEG CLIP GV-1SG/USB」が発売された。標準価格は1万1,130円で、店頭実売価格は1万円前後。USBコネクタに挿すことで、携帯機器向けのデジタル放送であるワンセグ放送をPCで受信…

【世界のモバイル】″ブランド力″で海外に勝てない日本端末

携帯電話シェア世界第3位。堂々たる大メーカーにまで上り詰めたSamsung。日本でもソフトバンク向けに特徴ある端末を多数リリースしており、存在感あるメーカーになりつつある。先日開催された国際情報通信技術関連見本市「CeBIT 2007」…

【世界のモバイル】海外の市場の強さは″中古ケータイ市場″! 日本は、もう追いつけないのか?

海外と日本の間には、決定的に大きな違い「中古端末市場」がある。海外では携帯電話の中古売買は、あたりまえのものであり、特にアジア圏では街中至るところで"中古携帯"の販売を見ることができる。日本からみれば使い古し端末の売買と…