ジョウズ・ジャパンが加熱式たばこ「IQOS」の互換デバイス「jouz 20 Pro」を発表!スマホ連携や温度設定、チャイルドロック機能などを追加で4月9日に発売【レポート】



本日発売の加熱式たばこデバイス「jouz 20 Pro」は従来製品とどこが違う?

加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」の互換デバイスを開発・販売するジョウズ・ジャパンは8日、高温加熱式たばこデバイス「jouz(ジョウズ) 20 Pro」を9日から発売すると発表した。販売は、ジョウズ・ジャパンの公式オンラインショップのほか、楽天市場、amazon.co.jpで、価格は12,980円(税込)となる。

ジョウズ・ジャパンは、8日に都内で発表会を開催し、「jouz 20 Pro」と電子たばこ(VAPE:ベイプ)製品の「jouz S」を発表した。

このうち「jouz 20 Pro」は、従来の「jouz 20」「jouz 12」の上位モデルにあたる製品で、Bluetooth経由によるAndroidスマートフォン(スマホ)との連携や、温度設定、チャイルドロックといった機能が新たに追加されている。

今回はそんなjouz 20 Proについて、発表会会場のタッチ&トライコーナーで、試してみたので製品の仕様や使い方などをレポートする。

jouz 20 Proは、従来製品のjouz 20と同様に、満充電の状態から連続で最大20本のヒートスティックを吸引できる。本体部には操作するためのファンクションボタンを備え、ファンクションボタンには3つのLEDを搭載している点、本体下部に充電用のmicroUSB端子を搭載している点も従来製品と同様だ。


jouz 20 Proにヒートスティックを挿しこんだ状態


本体下部には充電用のmicroUSB端子を備える

サイズなど本体の仕様も従来のjouz 20ほぼ同等。また、同梱品も「充電用のUSBケーブル」「クリーニングブラシ」「クリーニングスティック(×4)」「ダストカバー(×2)」「取扱説明書」となっており、こちらも従来のjouz 20とほぼ同等となっている。

本体の仕様としては、
・スマホ連携
・温度設定
・チャイルドロック
これらの機能が、新たに追加されている。

スマホ連携は、専用のアプリをスマホにダウンロードすることで、スマホ側からjouz 20 Proの各種設定やアップデートを実施することが可能。

温度設定は、「低音」「中温」「高温」の3段階で設定することが可能で、各温度によってヒートスティックの風味や味わいをより好みのものに調整できる。なお、低音に設定したからといって、「加熱時間が短縮される」「バッテリーの持ちが良くなる」などの効果はないとのこと。温度設定はあくまでも風味や味わいを調整するためのものだという。

また、温度設定は、アプリ側で設定できるほか、本体のファンクションボタンを3回押しすることで、低音(LEDが1つ点灯)→中温(LEDが2つ点灯)→高温(LEDが3つ点灯)の順に切り替えることができる。

チャイルドロックは、アプリからの操作のみ対応している機能。アプリ上でチャイルドロックをONにすると、本体の操作ができなくなる。


アプリの画面は3ページあり、左側のページはマイデバイスや言語設定が可能



中央のページでは、画面下部で温度設定が可能



右側のページでは、チャイルドロックの切り替えなどが可能

アプリでは言語設定も可能で、日本語と英語の切り替えができる。また、セルフクリーニングも可能だが、こちらは、アプリ上からだけではなく、本体単体でも操作ができる。

セルフクリーニングは、ヒートスティックをセットしない状態でブレード部分を加熱し、汚れなどを焼ききる機能。本体で操作する場合は、ヒートスティックをセットしない状態で、ファンクションボタンを長押しする。

なお、スマホアプリについて、現時点ではAndroidアプリのみの提供となっており、iPhoneなどのiOSアプリは提供されていない。iOSアプリの提供については未定とのこと。

本体サイズは約22.6mm×23.6mm×101mm、重量は約63g、バッテリー容量は1250mAh、カラーはネイビーブルーとワインレッドの2色、素材はキャップ部分がメタル、本体部分が本皮となっている。


国内自動車レースの最高峰スーパーGTへのスポンサードも

なお、発表会では、ジョウズ・ジャパン 事業戦略本部マネージャー 渡辺順一氏が、jouzブランドの知名度向上を図るため、国内自動車レースである「スーパーGT」へのスポンサードも発表した。

現時点では詳細は未定としながらも、サーキット内にブース出展し、jouzの製品を実際に試すことができるなどのプロモーション展開を行っていく予定。

今週末の4月13日(土)〜14日(日)に岡山国際サーキットで開催予定の「2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.1 『岡山GT300kmレース』」からスポンサードを開始する。

レース観戦に行く予定の人は、サーキット内でのjouzブースにも立ち寄ってみてはいかがだろうか。

最後に発表会のタッチ&トライで、説明員に操作方法などを解説してもらった動画を紹介する。


S-MAX:IQOS(アイコス)のヒートスティックが吸える「jouz(ジョウズ) 20 Pro」の使い方


Jouz 20 Pro(充電一体型 加熱式たばこ専用デバイス) 【Bluetoothによるアプリ連携/温度調整機能搭載/高品質本革仕様/最大20本連続喫煙可能】 [ヘルスケア&ケア用品]
jouz



Jouz 20 Pro(充電一体型 加熱式たばこ専用デバイス) 【Bluetoothによるアプリ連携/温度調整機能搭載/高品質本革仕様/最大20本連続喫煙可能】 [ヘルスケア&ケア用品]
jouz




アプリ名:jouz
価格:無料
カテゴリー:ツール
開発者:Anker
バージョン:1.0.6
Android 要件:5.0以上
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?hl=ja&id=com.oceanwing.jouz&hl=ja




記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・jouz
・2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.1 『岡山GT300kmレース』

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】新触感!au design project 第6弾を飾る「MEDIA SKIN」

auがリリースしてきたオシャレで個性的な端末"au design project"。その6番目として登場したのが「MEDIA SKIN」である。単にデザイン重視というだけでなく、世界初の26万画素有機ELメインディスプレイの採用や、ワンセグに対応、131万…

【ゲームの穴】ネット対戦からパソコンとの連携まで!インターネットでのXbox 360活用術をフォトレポート

マイクロソフトのXbox 360は、ハイデフニッションと呼ばれる高画質なゲームで遊べる次世代ゲーム機だ。ソニーの家庭用ゲーム機PLAYSTATION 3(PS3)の事実上のライバル機であるが、パソコン接続をサポートしている点が、PS3とは異なるXb…

【大人の物欲】ニンテンドーDS Lite vs PSP!買うならどっち? - 本体比較 編

年末年始はゴールデンウィークとならぶホリデーシーズンだ。今年のボーナスで購入する候補にはゲーム機が上位にランクしていることから、子どもにポータブルゲーム機を購入される人も多いだろう。最近のポータブルゲーム機はゲームだけ…

【知っ得!虎の巻】同じアプリケーションのグループ化を解除!タスクバーをわかりやすくしよう

アプリケーションを起動したり、フォルダを開いたりすると、デスクトップにウィンドウが開く。これらの起動しているウィンドウは、タスクバーにボタンとして表示され、現在起動しているウィンドウとしてタスクバー上で確認できるように…

【知っ得!虎の巻】アプリの動作が固まったら、どう対処する?

アプリケーションを操作していて動作が固まってしまった、または何らかの処理を実行したときにアイコンが砂時計のままになってしまった、という経験はないだろうか。作業は進まないし、ウィンドウの[閉じる]ボタンをクリックしても反…