最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」がNTTドコモやauから発売!FCCで「SC-03L」や「SCV41」に続いて「SC-04L」や「SCV42」も認証取得



最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」のNTTドコモ&auから発売へ!

既報通り、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が2月に発表した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10(型番:SM-G973*)」および「Galaxy S10+(型番:SM-G975*)」は今年も日本ではNTTドコモとauから発売される見通しとなっています。

すでに紹介しているように米連邦通信委員会(FCC)にてサムスン電子製「SC-03L」(FCC ID「A3LSC03L」)が3月26日付け、「SCV41」(FCC ID「A3LSCV41」)が3月25日付けで認証を取得しており、それぞれ型番ルールからNTTドコモとau向けだと思われます。

また新たにFCCでは4月4日付けでサムスン電子製「SC-04L」(FCC ID「A3LSC04L」)および「SCV42」(FCC ID「A3LSCV42」)が認証を取得しており、同様にNTTドコモとau向けと見られます。

これにより、すでに他の認証などでも推測されていましたが、各々から「Galaxy S10 SC-03L」および「Galaxy S10+ SC-04L」、「Galaxy S10 SCV41」、「Galaxy S10+ SCV42」として発売されることになりそうです。

なお、すでに紹介しているようにサムスン電子ではフォルダブルスマホ「Galaxy Fold」についても認証情報からNTTドコモとauから発売する可能性が高くなっており、各機種ともに「2019年夏モデル」として発表され、5月中旬以降に発売されると予想されます。


FCCの認証情報(Test Report)

Galaxy S10およびGalaxy S10+はサムスン電子の最新フラッグシップスマホで、新たにフロントカメラ部分を画面に穴を開けてより全画面デザインを進化させた「Infinity-O Display」を採用し、さらに世界初の超音波式画面内指紋センサーを搭載するほか、チップセット(SoC)やカメラ機能などをグレードアップさせています。

画面はGalaxy S10が約6.1インチWQHD+(1440×3040ドット)Curved Dynamic AMOLED(約550ppi)、Galaxy S10+が約6.4インチWQHD+(1440×3040ドット)Curved Dynamic AMOLED(約522ppi)で、ともにアスペクト比9:19となっており、2機種の主な違いはサイズと電池容量となっています。その他の詳細な製品情報は「Samsung、最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」、「Galaxy S10e」、「Galaxy S10 5G」を発表!穴あき画面「Infinity-O Display」でさらなるフルスクリーンデザインに - S-MAX」をご参照ください。


Galaxy S10



Galaxy S10+

なお、Galaxy S10シリーズには廉価版の「Galaxy S10e」や5Gに対応した「Galaxy S10 5G」も存在しますが、現時点では認証情報などから日本でこれらの2モデルが投入される痕跡は見当たりません。そのため、少なくとも現状は例年通り、NTTドコモとauからGalaxy S10とGalaxy S10+が販売されることになりそうです。

ただし、Galaxy Foldの認証情報がau向けでは「Galaxy Fold SCV44」となることが判明しているため、もう1機種「SCV43」となる製品が存在すると見られ、これがGalaxy S10eやGalaxy S10 5Gになる可能性はゼロではないとは思われます。

一方でサムスン電子では、NTTドコモ向けに価格を抑えたミッドレンジスマホ「Galaxy Feel」シリーズも投入しており、販売価格が高騰する中で特にGalaxy S10やGalaxy S10+はこれまで以上に海外では高くなっていることもあり、auでもコストパフォーマンスの高いミッドレンジモデルが用意される可能性もありそうです。

その他、Galaxy S10およびGalaxy S10+はすでに韓国やアメリカなどの1次販売国・地域では3月8日より販売されており、日本でもグローバル版が新しくオープンしたショールーム「Galaxy Harajuku」にて実機が展示されています。大まかなサイズ感や機能などをチェックしたいという場合にはGalaxy Harajukuを訪れてみると良さそうです。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Galaxy S10 関連記事一覧 - S-MAX
・Galaxy S10+ 関連記事一覧 - S-MAX
・A3LSC04L - OET List Exhibits Report
・A3LSCV42 - OET List Exhibits Report

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【デジカメ調査室】洗練されたコンパクトボディ!「IXY DIGITAL 10/90」発売へ

キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ IXY DIGITALシリーズの新製品として、7.1メガピクセルで薄型ボディの「IXY DIGITAL 10」と3.0型大画面・光学3倍ズームの「IXY DIGITAL 90」の2機種を3月中旬より発売すると発表した。価格は、…

【ケータイラボ】ドコモにもついに登場!「サイクロイドスタイル」

誰もがキレイな液晶画面だと納得するのがシャープの携帯電話である。ようやく、ドコモの携帯電話にも3.0インチワイドQVGAモバイルASV液晶を搭載し、「AQUOS」の冠を与えられた端末が登場した。ドコモショップに聞いてみると、問い合わせ…

【気になるPC】快適ケータイ&パソコン!最新のBluetooth製品 一挙紹介

Bluetoothとは、東芝、エリクソン、インテル、IBM、ノキアが中心となり策定した短距離無線接続の規格。無線LANは文字通りにネットワークへの接続を前提としているのに対して、Bluetoothは様々な機器を無線で接続できる点が大きな魅力と…

【ケータイラボ】出先で利用するのはどれがオススメ? 最新の″カード型通信端末″をチェック

筆者は、出先で仕事をすることが多くあるので、ノートパソコンを持ち歩くことが多い。特に最近はモバイルタイプのノートパソコンが軽量化したことで、持ち運びに苦痛を感じなくなったから持ち歩くことが多くなった。また、無線LANに対応…