Mobvoiが約2万円のスマートウォッチを発売!高コスパな「TicWatch E2」とMIL規格に準拠した「TicWatch S2」を写真と動画で紹介【レポート】



Mobvoiが高コスパなスマートウォッチ2モデルを発売!

Mobvoiが都内にて「Mobvoi 新製品 記者発表会」を3月12日に開催し、Googleが開発するウェアラブル向けプラットフォーム「Wear OS」(旧Android Wear)を搭載したスマートウォッチの新製品「TicWatch E2」および「TicWatch S2」を発売すると発表した。

Wear OSを搭載したスマートウォッチやアップルの「Apple Watch」などは3万円台からの価格設定が多いが、TicWatch E2は18,999円、TicWatch S2は22,199円(すべて税込)と購入しやすい価格帯であることが特徴である。

両機種ともにすでに3月12日(火)より同社公式Webサイト( https://www.mobvoi.com/jp )およびAmazon.co.jpにて販売されているほか、TicWatch S2は4月12日(金)よりビックカメラでも販売開始される予定。

同社ではコストパフォーマンスの良さは前モデルも評価されているポイントであるとしているが、今回は新製品のこれらのTicWatch E2およびTicWatch S2の特徴を写真と動画で紹介していく。


まずより低価格なTicWatch E2は水深50mまでに対応した5気圧防水(5ATM)に対応し、約2日間連続利用可能なバッテリーやQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon Wear 2100」を搭載する。また24時間の心拍モニターやGPS内蔵など、センサー類も充実している。


発表会で行われたプレゼンテーションでは、TicWatch E2のシンプルなデザインを「黒いTシャツ」に例えて紹介。どんなライフスタイルにも溶け込むスマートウォッチをイメージしているという。


そして上位モデルのTicWatch S2は、TicWatch E2をベースに米国防総省が制定したMIL規格(MIL-STD-810G)に準拠した温度変動(-30oC~70oC)や耐衝撃、防塵、防水性能などのテストをクリアしたタフネス性を持たせたモデルである。


タフネス性能以外は両製品ともにベースとなる機能は共通で、独自アルゴリズム「TicMotion AI」による運動や睡眠の24時間の監視(近日公開予定とのこと)や水泳モニター機能などフィットネス機能に独自のAI技術を用いていることを特徴としている。

Mobvoiは音声認識や自然言語理解、垂直検索などの分野に強みをもつAIテクノロジー企業ということもあり、製品の個性付が難しいスマートウォッチにもその技術を取り入れて低価格ながら実用的な製品開発を行っている。


TicWatch S2はタフネス性能を備えながらもいわゆる“タフネス系”のゴツくて大きいスマートウォッチではない。衝撃吸収のためにベゼル部分が画面より大きくせり出しているが、デザインがシンプルであるため、ごく普通のカジュアルウォッチのような印象だ。


側面には大きくて押しやすいボタンが一つ。このボタンでアプリの一覧の画面を呼び出す。




背面には充電用の接点と、中央に心拍センサーがある。


TicWatch E2、TicWatch S2ともに丸型のディスプレイを搭載しているのでアナログの文字盤も似合う。


Wear OSの最新版のUI(ユーザーインターフェイス)は上から下にスワイプでAndroidと同様に設定のショートカットがある。

左から右にスワイプでGoogleアシスタント、右から左にスワイプでフィットネスの情報表示、下から上にスワイプで通知の確認ができる。それぞれの画面が以下の通り。


こちらが設定のショートカット表示。ミュージックプレイヤーのリモコンとしても利用可能だ。


Googleアシスタントはスマートウォッチ内蔵マイクに話しかけることで、情報の検索ができる。


現在の活動量の確認とフィットネス機能の呼び出しのアイコンがある。


スマートフォン(スマホ)に送られてきたメッセージや通知を手元で確認できる。不要な通知をその場で削除することも可能だ。


動画リンク:https://youtu.be/0qzg93JTvRM

Wear OS搭載のスマートウォッチは以前よりもバッテリーの持ちが良くなり、GoogleアシスタントやGoogleマップとの連携など、便利な機能が増えている。

TicWatch E2は低価格であることと安心の防水性能があることから、コストパフォーマンスが高いモデルである。若干大きくなるものの、MILスペックの耐久性を持たせたTicWatch S2はさらにコストパフォーマンスが高い。

価格が安いことからもう数年使ってバッテリーが1日持たないと言うスマートウォッチユーザーやこれからスマートウォッチを使ってみたいという初心者にも最適だ。また、プレゼントとして贈るのも喜ばれるのではないだろうか。

【初発売】TicWatch E2 フィットネス スマートウォッチ Wear OS by Google 5 ATM防水&水泳対応 腕時計 iPhone&Android対応 ブラック [エレクトロニクス]
Mobvoi


【初発売】TicWatch S2 フィットネス スマートウォッチ Wear OS by Google 5 ATM防水&水泳対応 屋外の探検に適応 腕時計 iPhone&Android対応 ブラック [エレクトロニクス]
Mobvoi



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・TicWatch S2 - The best smartwatch to take your outdoor game to the next level.
・TicWatch E2 - A smartwatch boasts a waterproof rating of 5 ATM making them swim friendly.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…

【ケータイラボ】大人の女性に向けたケータイ「ベネトンコラボレーションモデル」

「ベネトンコラボレーションモデル」は、シンプルな形状と機能にこだわったストレートタイプの音声端末「nico.」をベースにした、ベネトン ジャパンとのコラボモデル。発売時期は2月下旬予定。価格はオープンプライスだが、ウィルコム…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…