今年こそ一括0円&キャッシュバックは最後!?春商戦にて人気スマホ「iPhone 8」や「Pixel 3」などが大決算セールでお買い得。NTTドコモやau、ソフトバンクが火花を散らす



各社でiPhone 8やiPhone XR、Pixel 3などの一括0円+還元合戦が加熱!?

総務省のガイドラインなどによって販売施策が変更され、年を追うごとに携帯電話会社や携帯電話販売店への締め付けが厳しくなり、ここ数年は毎年のように「大幅割引は今年で最後」といったような売り文句を聞いている気がします。

スマートフォン(スマホ)などの最大の販売商戦期である“春商戦”において今年も昨年と同様に最新機種の“一括0円”が蔓延り、特に他社から乗り換え(MNP)の場合には高額なキャッシュバックを展開しているケースも見られます。


都内にあるソフトバンクショップでは2台同時購入でiPhone XRなら最大14万円、Pixel 3なら最大20万円のキャッシュバックとアピール。期間は3月31日まで

今年は人気の「iPhone」シリーズに加えてすでに紹介したようにGoogleスマホこと「Pixel 3」や「Pixel 3 XL」もこれらの大幅割引の対象となっており、量販店でもNTTドコモのPixel 3なら機種変更などでも一括0円、Pixel 3 XLならMNPで一括0円で販売されていたりします。

NTTドコモ以外でも同様に大幅割引をしており、Pixelシリーズを取り扱うSoftBankでも一括0円+高額キャッシュバックといった案件が見受けられ、2台同時なら最大20万円のキャッシュバックといったものもあるようです。

iPhoneならPixelシリーズを取り扱わないauを含めた3社に加え、新たに「iPhone 7」を販売しはじめたY!mobileなども含めてしのぎを削っており、NTTドコモやau、SoftBankでは「iPhone 8」や「iPhone XR」を対象に一括0円やキャッシュバックが用意されているところもあり、以前に紹介したようにTwitterで「#一括0円」や「#MNP一括0円」などを検索すれば現在でも多く見つかります。


一方、総務省では通信料金と端末代金の“完全分離プラン”を進めるよう調整しており、3月5日には電気通信事業法の改正案が閣議決定され、改正案が施行される時期は未定なものの、いよいよ大幅割引でお得にスマホを購入できなくなるのではないかと噂されています。

改正案では端末の大幅割引自体は規制していませんが、その割引を通信料金に適用することは厳しく制限しており、月々サポートや毎月割、月月割などに加えてNTTドコモで好評な「docomo with」もNGとなり、同社ではdocomo withの新規受付を終了するのではないかとも見られています。

このように今のような大幅割引がいつ終わるのかわからない状況のため、店頭では先の「大幅割引は今年で最後」といったようなことになるわけです。とはいえ、なかなか店頭まで足を運んでお買い得な案件を見つけ、さらに時間をかけて契約するのも面倒だったりします。

手軽にオンラインで一括0円&キャッシュバックなお得な案件がないのかと思うところですが、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」および「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」ではそれほど安くはなっていません。そこで紹介するのが「おとくケータイ.net」や「スマホ乗り換え.com」です。

ともにSoftBankの正規取扱店でSoftBankのiPhoneやPixel 3をお得に購入でき、例えば、iPhone 8(64GB)とPixel 3(64GB)なら3月17日(日)20時まではキャンペーンでともに両機種がMNPで本体代一括0円で、1台なら15,000円/台、2台なら25,000円/台のキャッシュバックがあるとのこと。

なお、それぞれ問い合わせフォームにおける「ご質問」の項目にキャンペーンID「0317」を入力する必要があります。さらに「ソフトバンク契約でポイント進呈もしくは現金キャッシュバック! - Yahoo!携帯ショップ」にあるクーポンを使えば、11,000円相当のTポイントまたは11,000円の現金でキャッシュバックがもらえます。クーポンを利用する場合は申込時に伝えればKとなっています。



SoftBankではすでに完全分離プランが提供されており、月50GBまで使える「ウルトラギガモンスター+」なら月額6,010円、月1GBから50GBまでを段階制で使える「ミニモンスター」が月額3,020円〜7,880円となっており、おとくケータイ.netおよびスマホ乗り換え.comではウルトラギガモンスター+の契約が条件となっていますが、月50GBも使わないということであれば、翌々月以降に変更可能とのことです。

その他、データ定額パックや回線契約を1年間は継続すること、あんしん保証パックや基本パックの加入が条件となっています。詳細確認および相談・申込(見積もり)は以下よりお願いいたします。他の機種についてもMNPならiPhone XRやiPhone XS、iPhone XS Maxの64GBが6万円程度、Xperia XZ3やAQUOS zeroが9万円、HUAWEI Mate 20 Proが10万円のキャッシュバックとなっているようなので気になる方は是非問い合わせてみてください。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】ドコモにもついに登場!「サイクロイドスタイル」

誰もがキレイな液晶画面だと納得するのがシャープの携帯電話である。ようやく、ドコモの携帯電話にも3.0インチワイドQVGAモバイルASV液晶を搭載し、「AQUOS」の冠を与えられた端末が登場した。ドコモショップに聞いてみると、問い合わせ…

【気になるPC】9万円台の超軽量990gモバイル・サブノートPCが進化!工人舎「SA1F00K/R」

株式会社工人舎は、手頃な価格で気軽に使えるコンセプトのサブノートパソコン「SAシリーズ」に、タッチパネル機能を追加した「SA1F00K/V/R/W」を2007年5月3日より発売する。ボディカラーは、プレミアムブラック(SA1F00K/SA1F00V)と…

【ケータイの疑問】2in1でドコモの反撃はあるのか? 2007年夏モデルにみるドコモの可能性

例年通り5月のゴールデンウィークを明けてから、auやソフトバンクの2007年夏モデルも発表されました。また、各社の2007年3月度の決算発表も行われ、MNP以降の各社の明暗が鮮明になりました。2007年4月のMNP利用動向では、ついにソフ…

【ケータイラボ】ケータイの常識を変える!シリーズ唯一のハイスピード携帯、ドコモ″N904i″の真価

このあいだ、新聞を見てびっくりした。ドコモのことをはっきりと"独り負けドコモ"と書いてある。まさかこんなことになるとは…。「そろそろ反撃してもいいですか」という広告で、au、SoftBankなどにライバル心むき出しにしたドコモ。反撃…