NTTドコモ、国内最速下り最大1288Mbpsに対応したモバイルルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」を3月8日に発売!価格は本体代2万5920円の実質0円に



docomoの国内最速モバイルルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」が3月8日発売!

NTTドコモは4日、昨年10月に発表した「2018-2019冬春モデル」のうちの国内最速かつ国内で初めて理論値ながら通信速度が1Gbpsを超えた下り最大1288Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」(Huawei Technologies製)を2019年3月8日(金)に発売するとお知らせしています。

すでにドコモショップや量販店などのNTTドコモの取扱店舗および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて予約受付が実施されており、ドコモオンラインショップでは発売に先立って3月6日(水)10時より購入手続きが開始され、お届けが発売日以降となっています。

価格(税込)はドコモオンラインショップでは新規契約および機種変更にて本体代25,920円(分割1,080円/月×24回)の月々サポート-1,080円/月×24回(総額-25,920円)の実質負担額0円で、店頭では他社から乗り換え(MNP)を含めてこれに頭金が設定された価格となっています。


Wi-Fi STATION HW-01Lは同社の高速通信サービス「PREMIUM 4G」において5波のキャリアアグリゲーション(5CC CA)と4x4 MIMO、256QAMによって下り最大1288Mbpsに対応するモバイルWi-Fiルーターです。

下り最大1288Mbpsの提供エリアは開始当初、東名阪の一部エリアで提供開始する予定となっており、混雑度の高い都内の主要駅などの場所で局地的に展開する計画だとのこと。

利用する周波数帯は1288Mbpsでは、3.5GHz帯(Band 42)の20MHz幅×2、1.7GHz帯(Band 3)の20MHz幅、2GHz帯(Band 1)の15MHz幅、800MHz幅(Band 19)の15MHz幅という組み合わせで、すべての周波数帯で256QAMを利用し、Band 42およびBand 3では4x4 MIMOを使います。

これにより、Band 42が294Mbps×2、Band 3が400Mbps、Band 1が150Mbps、Band 19が150Mbpsで、合計1288Mbpsに。またBand 3は東名阪でのみ利用できるため、それ以外の地域では1,5GHz帯(Band 42)を加えた5CC CAの組み合わせが提供され、下り最大1038Mbpsとなるため、日本全国で1Gbps超を実現。

また送信時についてもCAに対応し、64QAMによってBand 3の75MbpsとBand 19の56.3Mbpsを合わせた上り最大131.3Mbpsに対応。その他の詳細な製品情報は「NTTドコモ、国内最速下り最大1288Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」を発表!価格は本体代2万5920円の実質0円を予定し、2019年春発売へ - S-MAX」をご参照ください。

【モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」の価格】
契約種別新規契約・機種変更・契約変更・MNP
本体価格25,920円(分割1,080円/月×24回)
月々サポート-1,080円/月×24回(総額-25,920円)
実質負担額0円

【モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」の主な仕様】
サイズ(高さ×幅×厚さ:mm)約66mm×約130mm×約13.8mm
質量(g)約150g
バッテリー容量(定格容量)3000mAh※1
通信方式
(ネットワーク側)
PREMIUM 4G
LTE※2
(受信時最大速度/送信時最大速度)
1288Mbps/131.3Mbps
FOMA※2
(受信時最大速度/送信時最大速度)
14Mbps/5.7Mbps
【無線LAN】IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4/5GHz)
【有線LAN】IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)※3
通信方式
(端末側)
【無線LAN】IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4/5GHz)
【有線LAN】IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)※3
インターフェイスUSB Type-C※4
国際ローミング
同時接続台数17台(Wi-Fi:16台/USB:1台)
連続待受時間(LTE/3G:時間)約980時間/約980時間
連続通信時間(LTE/3G:時間)約11時間/約7時間
カラーIndigo Blue
製造メーカーHuawei Technologies
※1 長時間の充電によるバッテリーの劣化を抑制するため、フル充電時のバッテリー容量は2,750mAhになります。
※2 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。
※3 有線LANの利用はクレードル利用時のみ対応です。また、有線でのご利用はネットワーク側か端末側のどちらか一方が利用できます。同時利用はできません。ネットワーク側と端末側の切り替えはタッチパネルまたは設定ツールで行います。
※4 充電には、「ACアダプタ 07」(別売)または「microUSB変換アダプタ B to C 01」(別売)が必要です。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Wi-Fi STATION HW-01L 関連記事一覧 - S-MAX
「Wi-Fi STATION HW-01L」のご購入手続き開始について | お知らせ | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ
Wi-Fi STATION HW-01L | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…