スマホなど向けタクシー配車サービス「DiDi」が「こっそり実験中」で東京進出!実際に使ってみたので「JapanTaxi」との比較も含めて紹介【レビュー】



shimajiro@mobiler

中国の配車サービス大手の滴滴出行(Didi Chuxing)とソフトバンクの合弁会社であるDiDiモビリティジャパンがタクシーの配車サービスで東京エリアに進出している。

同社は2018年9月から大阪でスマートフォン(スマホ)など向けタクシー配車サービス「DiDi」を提供開始しており、東京でも2018年12月下旬頃から「こっそり実験中」で、サービスが利用できるようになっている。

現在「こっそり実験中」としている理由は不明ながらDiDiを東京で利用するにあたって「実験中」であることを理由にした致命的な不便はない。

そこで今回は実際に東京でDiDiを使って何度かタクシーを配車してみたので、先行するタクシー配車サービス「JapanTaxi(ジャパンタクシー)」との比較を中心に、東京エリアでのDiDiのサービスを紹介する。

【「DiDi」呼んだら「初めて配車取った」ドライバーが多数】

前述通り、DiDiは2018年9月から大阪で日本国内におけるサービスを提供開始した。大阪では毎週金・土曜日にタクシー初乗り相当の680円を割引するキャンペーンを実施するなど、大規模なキャンペーンを展開していたので、実際に利用した人も多いかと思う。

一方、現時点で東京では2018年12月下旬から「こっそりと実験中」ということもあってか、実際にDiDiを使ってタクシーを配車してみると、多くのドライバー(乗務員)が「初めてDiDiでお客さんを拾った」という状況だ。そのため、利用者側だけでなく、ドライバー側もまだまだ経験値が少ない印象を受けた。

特に印象的だったのは、ドライバーが利用するDiDiアプリがインストールされたAndroidタブレットで、ドライバーが誤ってホームボタンを押してしまったために「アプリがどっかにいっちゃったよ。どこに行ったかわかるかい?」と、聞かれたこと。

このトラブルはDiDiアプリのアイコンを起動することでサクっと解決できたけれど、スマホやタブレットに不慣れなドライバーが目的のアプリを起動したり、間違えて起動したアプリを切り替えたりするのは、少なからずハードルがありそうだ。

なお、こういった話はDiDiに限らず、新らしいシステムを導入したことに伴う「あるある」で、むしろスマホやタブレットを使ったことがあるドライバーにとってはこちらの方が簡単というケースもあるだろう。

【アプリを使って配車&乗車してみた】

実際にDiDiアプリを使ってタクシーを配車する際は地図サービス「Google マップ」をベースにした地図上で乗車地や降車地を指定する。降車地については「ピンをドロップして場所を指定」する方法には対応しておらず、住所や建物名を指定する必要があるほか、目的地を設定せずに「乗車後に目的地を伝える」という方法では配車できない。

また場所に関する細かい情報を地図上で伝えることができない場合、(恐らく)標準で対応していると思われるメッセージ機能を通じて、タクシーに来て欲しい場所を連絡できるので、建物名や住所情報からは解りにくい場所に配車を依頼するケースや遅れを連絡するケースでは役立ちそう。


DiDiアプリのメッセージ機能

一方、JapanTaxiは降車地を指定せずに「とりあえず配車」ができる。そして、アプリを通じたメッセージのやりとりについてはJapanTaxiでも対応する車両も一部あるものの、すべてのJapanTaxi搭載車両が対応する機能ではない。東京23区内で使った限りでは、メッセージ送受信に対応する車両はごく少ないように感じる。


DiDiアプリの料金は「メーター料金」と表示されるのみ

東京23区内でDiDiアプリを使って何度かタクシーを配車してみると、ほぼ10分以内にタクシーが到着した。細かく数値を集計したわけではないけれど、同じエリアでJapanTaxiを使って配車するよりも平均する到着時間は確実に短い。

これはDiDiで配車できるタクシーの車両数に比べてまだ利用者が少なく「近場の車両が捕まりやすい」ためなのか、DiDiがアピールする「AI配車」なる需要予測システムによるものなのかは不明確だ。

一方、DiDiでタクシーを配車する際に困るのは、目安の料金がDiDiアプリ上では表示されないことだ。DiDiで配車するタクシーは基本的にメーター料金になるので、ボッタクリや遠回りされる心配はほぼないけれど、電車やバスなどの公共交通機関の移動と比較したい場合にはGoogle マップの経路検索の方が便利となる。


Google マップでは徒歩・車・公共交通機関・タクシーが料金とともに表示される

DiDiを通じて東京(恐らく23区内)で配車できるタクシー会社は、ゴールド交通および第一交通武蔵野、第一交通産業ループ、コンドルタクシー、東京タクシーとなっている。

このうちのゴールド交通の場合は迎車料金が無料、その他のタクシー会社の場合は迎車料金が300〜310円と差ががあるものの、DiDiのアプリ上では配車するタクシー会社を指定することもできない。


DiDiで配車できるタクシー会社の迎車料金(東京)

前述の「配車リクエスト前に料金目安が表示されない」と合わせて「迎車料金がいくらになるのか?」も実際に配車リクエストを行ってみないとわからないので、乗車時の料金がどの程度になるのかを全体的に把握しにくい状況だ。なお、同じDiDiを利用する場合でも大阪では多くのタクシー会社で迎車料金が無料になっている。


決済時はドライバーが金額を手入力する

支払いは目的地に到着後、ドライバー側でタブレット上に金額を入力し、ドライバー側で決済処理を完了させる流れが必要になっている。さらに東京でDiDiを利用する限り、タクシーのメーター料金がDiDiのタブレットと連携していないため、乗務員が手入力で金額を入力する必要があった。

この際にすでに指摘したようにドライバーがスマホやタブレットに慣れていないと、決済金額を入力したり各種ボタンの操作をするのに時間がかかって「現金で払った方が早い」という具合になる。この点、JapanTaxiアプリのネット決済はスムーズに支払いができるように思う。

JapanTaxiアプリではネット決済を指定している場合、タクシー内の決済処理は乗務員側のボタン操作1回で完了する。このため、目的地に到着後はすぐに下車することができる点は、タクシーの乗降にかかる時間を節約する目的でも役に立つし、乗務員が料金を打ち間違えたりする心配もない。

【タクシーの予約・車種指定などは非対応】

DiDiで少なくとも東京にてタクシーを配車する際には指定の時間帯に予約したり、車種(黒タク指定・プリウスなど)の指定にも非対応となっている。

個人的には車種が指定できないことはさほど困らないものの、タクシーを事前予約できないのは「空車が少ない時間帯に確実に乗りたい」というシーンでは困ることもあるかもしれないため、その場合はDiDiは使えない。

とはいえ、タクシーの予約に対応するJapanTaxiアプリでも東京23区内で使う限りでは「前日夜に明日の朝時間帯のタクシーを予約」や「1時間後にタクシーを予約」といったことをしようとすると、大抵は「予約がいっぱい」となって予約できないケースが多い。

そのため、現状ではJapanTaxiの事前予約がすごく便利というほどではないものの、できるできないで言えば、予約機能があったほうが便利ではあるので、今後に導入できるようなら対応して欲しいところだ。


アプリの通知を音声で受取できる「Xperia Ear Duo」

その他、マイナーな問題としてDiDiやJapanTaxiでタクシーを配車する際、筆者が愛用しているBluetoothヘッドセット「Xperia Ear Duo」を使って各種アプリからの通知を音声で読み上げて受け取るようにしているのだが、このアプリからの通知読み上げとの相性が非常に悪い。

具体的には、DiDiアプリを通じてタクシーを配車リクエストすると、近隣のドライバーがリクエストを受け取るまでの間ずっと「DiDiからの通知、現在空車を検索中です。経過時間は、00:01、00:02、00:03……」という具合に延々とXperia Ear Duoを通じて(恐らく)1秒ごとにカウントアップされて読み上げられるのでかなりうるさく感じる。


Xperia Ear Duoで受け取るDiDiからの通知

DiDiを使ったタクシーの配車は、車両側に設置する設備が汎用のAndroidタブレット+アプリで実現できるため、(恐らく)タクシー会社側には導入コストが低いというメリットがあるものの、タクシーのメーター料金と連動して決済ができない(料金が手入力)など、システム全体の完成度という意味ではイマイチな印象があるのも事実だ。

その反面、アプリ内にメッセージの送受信および翻訳機能を標準機能として搭載しているほか、アプリの画面切替に不自然な動きがないなど、さすがに海外で実績のあるサービスだけに「アプリの作り込み」に関してはJapanTaxiに比べるとDiDiの方が完成度が高い印象となる。

【初回乗車で使える1,500円割引クーポン】

なお、DiDiでは初回乗車で使える合計1,500円割引(1,000円+500円)クーポンを配布中だ。クーポンはアプリでメニュー内の「クーポン」にて引換コード「JPVCGXBW」を入力して「確認」を押すことで取得できるほか、公式Webページ「【DiDi】タクシー\1,500OFFクーポンをGET」にアクセスして携帯電話番号を入力する方式でも使える。


初回利用でクーポン1,500円



アプリ名:DiDi - AIによるタクシー配車
価格:無料
カテゴリー:地図&ナビ
開発者:DiDi Global
バージョン:7.1.28
Android 要件:4.1 以上
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.didiglobal.passenger



アプリ名:DiDi - AIによるタクシー配車
価格:無料
カテゴリー:旅行
開発者:DiDi
バージョン:7.1.29
互換性:iOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id1362398401?mt=8





記事執筆:shimajiro@mobiler


■shimajiro@mobiler
■東京進出したタクシーアプリ「DiDi」レビュー、JapanTaxiとの比較も

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・タクシー 関連記事一覧 - S-MAX
・DiDiで今までにない移動体験を | DiDiモビリティジャパン株式会社

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流

普段自分が使っている携帯電話をそのまま海外に持ち出して利用できる、そんな便利なサービスが"国際ローミングサービス"だ。日本でも利用者が増えてきているが、海外の多くの国では何年も前から一般的なサービスであり、海外渡航時に携…

【気になるトレンド用語】消える1円ケータイ!?奨励金モデルのからくりと転機を迎える料金体系

6月21日、総務省がケータイ業界に一石を投じる方針を決めたことが業界を激震させるほど話題となりました。それは、ケータイ端末の料金を値引きするため、携帯電話会社が販売店に支払う"販売奨励金"の回収のしくみを改めるよう、各キャ…

【世界のモバイル】複雑怪奇な日本のケータイ料金!不透明な″割引″は解決できるのか?

auに引き続き、NTTドコモも基本料金が最大半額になる新しい割引サービスを発表した。利用者にとっては料金が割引きになることはうれしい反面、毎回のように導入される各種割引サービスは名称も含め複雑化しすぎていないだろうか?海外に…

【世界のモバイル】1回線契約なのに複数の端末が利用できる!海外のマルチSIMカードサービスの恩恵

一人で複数の携帯電話を利用したり、ノートPC用にデータ通信カードを利用するなどの回線を複数契約して利用しているユーザーも多いだろう。利用する端末の数が増えれば回線契約も増えるのは当然のことだが、海外では一つの回線契約で複…