和の食材と洋菓子のアイデアを融合した「ホワイトデー スイーツ コレクション 2019」


セルリアンタワー東急ホテルは「ホワイトデー スイーツ コレクション2019」として、ホワイトデーギフトの販売する。春の季節をスイーツで表現した「春合わせ 2019」ほか、計4種類を2019年2月15日(金)より予約開始し、3月1日(金)〜3月14日(木)まで「ペストリーショップ」(LBF)にて販売する。

■日本に伝わる食材の奥深さを洋菓子に融合
同ホテルでは、毎年パティシエの感性とアイデアを結集したスイーツを提案している。今年のホワイトデーでは、ホテルのデザインコンセプトである「選択・伝統・創造(日本の良き伝統を選択し、モダンの息吹を加えて創造していく)」「和と洋のクロスオーバー」をテーマに、和の食材“寒天”から作られる“琥珀糖”を始め、日本に伝わる食材の奥深さを洋菓子に融合したバラエティ豊かなラインアップを用意した。

昨年好評だった「春合わせ」が今年も登場。“琥珀糖”とクッキー、オランジェットを瓶に詰めたギフトセットとなっている。琥珀糖は和菓子の食材として古くから親しまれてきた寒天を用いた菓子で、宝石のような透明感あるビジュアルが“インスタ映え”する菓子して注目を集めている。

ほかには“桜”や“黒豆きな粉”“抹茶と白小豆”など、和の食材や調味料を使用した焼菓子セット、毎年好評なデザインチョコレート「セルリアン スイート ボックス」など大人テイストのギフトを用意した。

大切な方への贈り物としてはもとより、入学や就職、結婚などお祝いや挨拶の多い春の進物としてもおすすめの商品となっている。

●商品概要
予約期間:2019年2月15日(金)〜3月13日(水)
お渡し期間:2019年3月1日(金)〜3月14日(木)
商品名・販売価格:
「春合わせ」2,600円
「和みセレクション2019」10個入り3,400円/5個入り1,800円
「フラワーセレクション2019」2,300円
「セルリアン スイート ボックス2019(イエロー・ピンク)」限定計60個 各4,200円
販売場所・時間:ペストリーショップ(LBF)10:00〜21:00
予約・お問い合わせ: TEL:03-3476-3000(代表)ペストリーショップ(10:00〜21:00)
URL:https://www.tokyuhotels.co.jp/cerulean-h/event/whiteday2019/42865/
※いずれの商品も数量に限りがある。表示の料金には、消費税8%が含まれている。写真はイメージ。

■セルリアンタワー東急ホテル

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・いよいよ今週末に開催!「闘会議2019」見どころ満載の各ブース情報
・1月24日は牛肉の日!吉野家では牛丼並のアタマが120%増し!
・ポケモンラインナップは151種類!Original Stitchからオリジナルプリント生地使用の「ポケモンシャツ」
・スパイダーマンのリアルな振動、衝撃が体験できる新感覚ムービーアトラクションが渋谷に登場
・風邪・インフルエンザ流行シーズン到来!医師が考案した冬を乗り切る“体調管理みそ汁”レシピを大公開

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【気になるPC】君はいくつ知っているか?なつかしの名機に出会える「日本電気レトロ博物館」

今日では、パソコンは日常生活の一部となり、主婦や子供にも使われるほど身近な道具となっている。そんなパソコンも黎明期は、マニアやマイコン少年のあこがれのアイテムであった。そんなパソコン(マイコン)黎明期から活躍した名機に…

【世界のモバイル】″ブランド力″で海外に勝てない日本端末

携帯電話シェア世界第3位。堂々たる大メーカーにまで上り詰めたSamsung。日本でもソフトバンク向けに特徴ある端末を多数リリースしており、存在感あるメーカーになりつつある。先日開催された国際情報通信技術関連見本市「CeBIT 2007」…

【世界のモバイル】海外の市場の強さは″中古ケータイ市場″! 日本は、もう追いつけないのか?

海外と日本の間には、決定的に大きな違い「中古端末市場」がある。海外では携帯電話の中古売買は、あたりまえのものであり、特にアジア圏では街中至るところで"中古携帯"の販売を見ることができる。日本からみれば使い古し端末の売買と…