まだ間に合う! 今年は100円ローソンのおせちで映えるお正月を




年末になるとおせちを作る! という家庭は減ってきているのではないでしょうか。買ったほうが経済的でお手軽ということで今回注目したのがローソンストア100で販売されている「100円おせち」です。



おせちの定番であるかまぼこ、伊達巻、黒豆、昆布巻、栗きんとんなどの少量パックが100円で販売されているので、好きなものや必要なものだけを購入することができるというわけです。さらに、この100円おせちは手軽で便利なだけでなく、美味しさも追求されています。「田作り」「海老の甘露煮」「わかさぎ」などは老舗メーカーが作ったもの。形やサイズが不ぞろいのため100円での提供が可能になったということです。さらに「数の子」は小さいサイズが豊漁だったので価格を抑えて買い付けすることができたといいます。こういった企業努力の結果29種類の100円おせちが登場しています。

■平成最後のおせちは、見ても楽しい「ワンプレートおせち」
DSC00701

お正月らしく並べているこちらのプレートは500円しかかかっていません。赤や緑の色を加え、小皿などを使うことでお正月らしい雰囲気が出ています。

DSC00706

28種すべてを豪華に詰めたおせち。お重に彩りよく詰めるだけで豪華な食卓が出来上がります。

DSC00700

お子さんがいる家庭でぜひ挑戦してほしいのがこちら。かまぼこや伊達巻を使って干支のイノシシを作っています。海苔を切って顔を作るだけなので、親子で楽しみながらお正月の準備をしてください。

DSC00704

ついつい写真を撮ってしまいたくなるのが、インスタ映えもばっちりのこちらのパフェとケーキ型のおせち。おせちパフェは「切り千枚」や「ほたてわさび」、「数の子松前」などおつまみにもなりそうなものも重ねていくので、見るのも楽しいだけでなくお酒も進みそうですね。おせちケーキは薄くスライスしたかまぼこを重ねるように丸めてバラの形にし華やかさをプラス。キュウリのリボンもかわいいので、新年会にはもってこいですね。

家族や久しぶりの友達と会う機会も多い、お正月。手軽に楽しくおせちを用意したいという人は、ぜひローソン100の100円おせちをチェックしてみてはいかがでしょうか。

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】このサイズでスマートフォン、ノキア「705NK」

昨年中に発売されそうだと予想されていたものの、結局年を越して発売になったのがノキア「705NK」である。Vodafone時代……ひとつ前に出た「804NK」が折りたたみモデルだったのに対して、今回のモデルはストレートモデルである。ウリはな…

【ケータイラボ】ポケットサイズのワンセグケータイ「805SC」

「805SC」は、薄さ約13.5mmを実現した、アンテナ内蔵のワンセグ放送対応ケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「805SC」は、スリムタイプのケータイでありながら、有効画素数200万画素のモバイルカメラを搭載。デ…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【気になるPC】文庫本サイズの超小型PC!「OQO model 02」フォトレビュー

「OQO model 02」は、米国のパソコンメーカーOQOが販売するモバイルパソコンだ。本体サイズは、幅142×高さ84×厚さ25mmと、文庫本並みの大きさで、携帯性に優れている。重量は、450g以下。バッテリーは、専用バッテリーを使用する。基本…

【大人の物欲】手のひらサイズの江戸からくり「茶運び人形」

世界でも指折りの科学技術を有する日本は、ロボット大国でもある。最近では、企業だけでなく個人でロボットを製作して競技に出場する人もいる。人がロボットへの憧れを持つのは日本だけに限った話ではないが、特に日本人は昔から精密な…