ASUS JAPAN、1万6800円の低価格なSIMフリースマホ「ZenFone Live (L1) ZA550KL」を発表!12月中旬以降発売で、縦長5.5インチHD+液晶やS430、2GB RAMなど



エイスースから低価格なエントリースマホ「ZenFone Live (L1) ZA550KL」が登場!

ASUS JAPANは5日、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)製の「ZenFone」シリーズにおける低価格なSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Live (L1)」(型番:ZA550KL)を日本市場にて2018年12月中旬以降に発売すると発表しています。

価格はオープンながら希望小売価格は税別16,800円(税込18,144円)。販売拠点は公式Webストア「ASUS Store」や直営店「ASUS Store AKASAKA」のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などで、すでに各所で予約受付を実施しています。

アスペクト比9:18の縦長5.5インチHD+液晶による“ほぼ全画面デザイン”を採用したエントリースマホで、初心者向けの機能を搭載しているほか、低価格ながらデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)やジャイロセンサーを搭載しているとのこと。

また本体カラーはスペースブルー(型番:ZA550KL-BL32)およびミッドナイトブラック(型番:ZA550KL-BK32)、シマーゴールド(型番:ZA550KL-GD32)、ローズピンク(型番:ZA550KL-PK32)の4色から選べるとしています。

その他、別売りの純正アクセサリーとして本体背面を保護する専用ケース「Clear Soft Bumper(クリアソフトバンパー)」(希望小売価格:税抜980円、型番:90AC02Y0-BCS001)も同じく12月中旬以降に発売予定です。


ZenFone Live (L1)は海外ではGoogleの低性能スマホ向けプレットフォーム「Android Go」を採用したモデルもありますが、日本では通常のAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)を搭載した上位モデルが販売されることになりました。

画面は縦長な約5.5型HD+(720×1440ドット)IPS液晶(最大5点マルチタッチ)で、片手での操作もしやすいサイズ感で薄型ボディーながら3000mAhバッテリー(取外不可)を搭載。サイズは約147.2×71.7×8.1mm、質量は約140g。



バッテリー駆動時間はモバイル通信時で約14.8時間、無線LAN(Wi-Fi)利用時で約16.3時間、連続通話時間は3Gで約1656分、VoLTEで約1098分、連続待受時間は3Gで611時間、4Gで888時間、充電時間は約3.3時間。外部・充電端子はmicroUSB(OTG対応)となっており、3.5mmイヤホンマイク端子も搭載。

基本スペックはQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 430」(1.4GHzオクタコアCPUおよびAdreno 308 GPU)および2GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大2TBまで)、約1300万画素CMOSリアカメラ、約500万画素CMOSフロントカメラなど。



通信機能は2.4GHz帯におけるIEEE802.11b/g/n準拠のWi-FiおよびBluetooth 4.0、モバイル通信はnanoSIMカード(4FF)サイズのスロットが2つあり、ともに2G・3G・4Gに対応していますが、同時に4G使うDSDVには非対応で、またVoLTEによる通話はメインのSIMカードに設定したスロット側のみで使用可能。モバイル通信の対応周波数帯は以下の通り。

[4G]
FDD-LTE: B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28
TD-LTE: B38/B41

[3G]
W-CDMA: B1/B5/B6/B8/B19

[2G]
GSM: 850/900/1,800/1,900MHz



その他、5GBのASUS WebStorageサービス(永久無料版)や100GBのGoogleドライブ(1年間無料版)の特典や、日本語入力アプリ「ATOK」のプリインストールのほか、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)や顔認証、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロセンサーに対応します。

一方、おサイフケータイ(FeliCa)やNFC、防水・防塵・耐衝撃、指紋認証、赤外線通信、キャリアアグリゲーション(CA)などは非対応。さらに初心者向けに大きな文字と分かりやすい表示になる「簡単モード」や子ども向けに使えるアプリや時間を制限できる「キッズモード」が搭載。付属品はUSB ACアダプターセットおよびSIMイジェクトピン、ZenEar、ユーザーマニュアル、製品保証書。

ZenFone Live (L1)【日本正規代理店品】 5.5インチ / SIMフリースマートフォン/DSDS/ミッドナイトブラック (2GB/32GB) ZA550KL-BK32/A ZA550KL-BK32/A [エレクトロニクス]
Asustek
2018-12-21



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・ZenFone Live (L1) 関連記事一覧 - S-MAX
・ASUS Store(エイスース ストア) - ZenFone Live (L1) (ZA550KL)
・ZenFone | スマートフォン | ASUS 日本

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…