Android Oneスマホ「S5」が発表!ソフトバンクとワイモバイルから12月下旬以降に発売。縦長5.5インチFHD+ IGZO液晶やSDM450、3GB RAM、防水・防塵・耐衝撃など



SoftBankとY!mobileからシャープ製高コスパタフネススマホ「Android One S5」が登場!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は4日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile(ワイモバイル)」向けにアスペクト比9:18の縦長な約5.5インチフルHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶やQualcomm製1.8GHzオクタコアCPU「Snapdragon 450(SDM450)」、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 9(開発コード名:Pie)採用スマートフォン(スマホ)「Android One S5」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2018年12月下旬以降を予定し、SoftBank向けはソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」、Y!mobile向けはワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店舗および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」にて販売され、発売に先立って12月中旬以降に事前予約受付を実施する見込み。価格は現時点では未定とのこと。


Android One S5は「Android One」シリーズの最新モデルで、前機種「Android One S3」の後継機種となる防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)、耐衝撃(MIL-STD-810G規格準拠)に対応したコストパフォーマンスの高いタフネススマホです。ベースはNTTドコモやau、UQ mobile向け「AQUOS sense2」だと見られますが、Android One S5はおサイフケータイ(FeliCa)や指紋センサーには対応しません。

Android Oneシリーズなので最新のGoogleが提供するアプリやサービスが利用できるほか、発売から24カ月間に最低1回以上のOSバージョンアップと、毎月のセキュリティーパッチレベルのソフトウェア更新の提供が発売から3年間保証されており、セキュリティースキャンが自動で行われることによって安心して利用できます。


画面は新たに縦長となったため、縦に広い画面でニュースやSNSなどが見やすくなっており、液晶テレビ「AQUOS」の技術を受け継いだ「リッチカラーテクノロジーモバイル」搭載し、デジタルシネマの標準規格に対応し、写真も動画も驚くほどリアルに表現できます。

外観は丸みを帯びたコーナーラウンドデザインを採用し、片手でも操作しやすいちょうど良いジャストフィットサイズになっており、美しさと剛性を兼ね備えたアルミ素材でかばんやポケットに入れても安心して使えます。サイズは約148×71×8.1mm(突起部を除く)、質量は約149g、本体カラーはクールシルバーおよびダークブルー、ローズピンクの3色展開。


部品配置は右側面に音量上下キーと電源キー、左側面にnanoSIMカード・microSDXCカードスロット(最大512GBまで)、上側面に3.5mmイヤホンマイク端子、下側面にUSB Type-C端子などが配置。内蔵ストレージは32GB。

電池は約2700mAhバッテリー(取外不可)で、連続通話時間および連続待受時間はFDD-LTE網で約1960分/約650時間、AXGP網で−/約650時間、W-CDMA網で約1480分/約750時間、GSM網で約730分/約670時間。充電時間は約145分(ACアダプタ:SB-AC20-TCPD使用時)。

モバイルネットワークでは下り最大112.5Mbpsおよび上り37.5Mbpsに対応し、対応周波数帯は4GのFDD-LTE方式がBand 1および2、3、4、8、28、TD-LTE/AXGP方式がBand 41、3GのW-CDMA方式がBand IおよびII、IV、VIII、2GのGSM方式が850および900、1800、1900MHz。


カメラは背面が約1200万画素裏面照射型CMOSリアカメラ、1画素当たり1.25μmの大型ピクセルセンサー(従来比+25%)とF値2.0レンズ(35mmフィルム換算で24mm相当)を採用したことで明るさがアップし、暗所での撮影に強くなっているほか、ハイスピードオートフォーカスで速く正確にピントを合わせることが可能で、手軽にブレの少ない美しい写真を撮影できるとしています。

また「AIオート」で、7つのシーンを自動で切り替えでき、夕景も料理も自動で簡単に綺麗に撮影可能。またダイナミックレンジが広く、色再現性に優れた画像処理エンジン「ProPix」を搭載し、高感度、低ノイズ性を高めたクリアな画像を実現しています。前面はF2.2レンズ(35mmフィルム換算で23mm相当)+約800万画素裏面照射型CMOSの広角ワイドフロントカメラを搭載し、新機能「AQUOS beauty」によって「美肌」や「小顔」などに調整できるため、セルフィーをさらに美しく撮ることができるようになっているとのこと。


その他、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 4.2、位置情報取得(A-GPS・GLONASS・BeiDou)、VoLTE・VoLTE(HD+)・HD Voice(3G)、MU-MIMO、ハイレゾ音源再生、緊急速報メール、国際ローミングには対応。ワンセグ・フルセグやNFC、赤外線、生体認証は非対応。





【SoftBankおよびY!mobile向け「Android One S5」の主な仕様】
通信方式こちらをご覧ください。
最大通信速度(下り/上り)112.5Mbps/37.5Mbps
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ約71×148×8.1mm/約149g
連続通話時間/
連続待受時間※9
FDD-LTE網約1960分/約650時間
AXGP網−/約650時間
W-CDMA網約1480分/約750時間
GSM網約730分/約670時間
フルセグ/ワンセグ−/−
ディスプレイ約5.5インチフルHD+(2160×1080ドット)
IGZO液晶
カメラリア有効画素数約1200万画素
フロント有効画素数約800万画素
防水/防塵IPX5、IPX8/IP6X
BluetoothVersion 4.2
内蔵メモリー(RAM)3GB
内蔵ストレージ32GB
外部ストレージ/推奨容量microSDXCカード(別売り)/最大512GB
CPU(クロック数/チップ)オクタコア(1.8GHz)/SDM450
電池容量2700mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数)IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
OSAndroid 9
カラーバリエーションクールシルバー、ダークブルー、ローズピンク






記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Android One S5 関連記事一覧 - S-MAX
・“ソフトバンク”と“ワイモバイル”、大画面IGZO液晶ディスプレーとリアルな質感の画像が撮影できるカメラを搭載したAndroid Oneスマートフォン「S5」を発売 | プレスリリース | ニュース | 企業情報 | ソフトバンク
・ソフトバンク株式会社の“ソフトバンク”ならびに“ワイモバイル”向け Android One のスマートフォン「S5」を商品化 |ニュースリリース:シャープ
・Android One S5 | モバイル | ソフトバンク
・主な特長|S5(SoftBank)|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ
・Android One S5|スマートフォン|製品|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで
・主な特長|S5(Y!mobile)|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】福岡ソフトバンクホークス公認!プロ野球ケータイ「ホークスケータイ」

「ホークスケータイ」は、本体表面に福岡ソフトバンクホークスオフィシャルロゴを配置した、シャープ製のケータイ。発売時期は、3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「ホークスケータイ」は、待受け画面やメニュー画面、着…

【ケータイラボ】タッチ式の液晶パネルで操作するDSスタイルケータイ「D800iDS」レビュー

折りたたみタイプの携帯電話で、液晶画面が2つ搭載していてボタンがついていないというDSスタイルの端末がドコモから発売になった。三菱電機製のD800iDSである。通常の液晶画面と、ふれることで操作ができるタッチパネルディスプレイの…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…

【ケータイラボ】魅力の薄さ!フルスペック搭載のスライド・ワンセグ携帯「SoftBank 911T」

現在、筆者はauのW52Tをメイン機種として使っている。テレビ電話は使えないが、3インチの液晶に480×800ドット表示、Bluetooth搭載で、おサイフ機能のサポートと、いたれり尽くせりのほぼ全部入りの端末だ。ボディが少し大きいとか、気…