2018 Japan IT Week秋:デジタルサイネージや決済システムに「Xperia Touch」や「Xperia Hello!」を活用するソニーの提案を紹介【レポート】



ソニーモバイルがXperia TouchやXperia Hello!を活用したビジネスソリューションを展示!

幕張メッセにて10月24〜26日に10ものIT関連展示会が合同で催されるIT総合イベント「2018 Japan IT week 秋」(主催:リードエグジビジョンジャパン)が開催され、第2回 店舗ITソリューション展【秋】のエリアにソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が出展していました。

そこで本記事では、同社が展示していたAndroid搭載スマートプロジェクター「Xperia Touch」やコミュニケーションロボット端末「Xperia Hello!」を活用した法人向けソリューションについてレポートしたいと思います。

【Xperia TouchでMessageboard】


イベントのアトラクションに最適かも!?な「Xperia TouchでMessageboard」(参考出展)

まずはじめに紹介するのがXperia Touchで表示した手書きのメッセージを展示ブース奥にある巨大なスクリーン内に表示させるというもの。

すでにこういった装置は存在するものの、専用の機材を用意することなく、Xperia Touchとパソコン(PC)、そして表示するための画面(大きなモニターや大画面プロジェクターなど)だけで実装ができるのが強みということです。


Xperia TouchでMessageboardの概要



手書きで書いたものを送信すると、ブース奥の大きな壁に表示された

また手書きの入力画面(アプリ)は相談・予算に応じて自由にカスタムも可能で、画面のレイアウトやSNS連携なども可能であるということです。

イベント会場のメッセージボードやデジタルサイネージなど、アイデア次第で使い道はいろいろとありそうです。問題はXperia Touchの価格でしょうか。

【Xperia Hello! for Business】


ライブラリなども豊富に揃えているという「Xperia Hello! for Business」

続いては、コミュニケーションロボット端末のXperia Hello!を活用したビジネス用途向けの展示がいくつかありましたので、まとめて紹介します。

・Xpperia Hello!×受付

オフィスの窓口における内線や端末をXperia Hello!に置き換えたもので、すでに実用化されており、ソニーのオフィスや広告代理店の電通で現在運用されているそうです。

人件費の削減やAndroid搭載製品であることを活かしたオフィス内に要件のある人への直接、連絡・電話受付・受付予約のある場合の対応などをXperia Hello!に行わせることができます。


カメラや各種センサー、通話用マイクなどを揃えたAndroid端末である強みを活かしたXperia Hello!による受付システム


この他にもXperia Hello!のNFC読み取り機能を使いタイムカード端末代わりに活用し、打刻時に連絡事項を表示することもできる「Xperia Hello!×勤怠管理」や内蔵のカメラで顔認識を行い、対象の人物の性別や年齢などを推定し、商品を勧める「Xperia Hello!×レコメンド」、店舗やイベントの接客端末として活用する「Xperia Hello!×イベント」、そして、駅のコンビニなどで見かけるキャッシュレス決済用のセルフレジ端末にXperia Hello!を利用する「Xperia Hello!×スマートPOSシステム」などが展示されていました。





特に「スマートPOSシステム」はXperia Hello!にNFC・バーコード読み取り、決済情報などの画面表示などのセルフレジに必要なモジュールがすべて備わっていることで、安価にセルフレジのシステムが実装可能。Xperia Hello!をWi-Fi経由で料金収納サービスのサーバーにつなぐだけで環境が整うのは大きなポイントではないでしょうか。

今回のソニーのXperia Hello!とXperia Touchを使ったソリューションは「モバイル向けOSを積んだ単体で多くのことをこなすことができる端末である」ことを活かしたユニークなものから、実用性の高いものが展示されていました。

これらのXperia TouchやHello!を活用する法人向けへの製品や関連サービスの展開も積極的に行っていくということなので、興味のある方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。


ソニー SONY ポータブルスマートプロジェクター Xperia Touch(G1109) [エレクトロニクス]


記事執筆:河童丸


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Xperia Hello! for Business | スマートプロダクト | ソニーモバイル公式サイト
・>Xperia Touch(エクスペリア タッチ)G1109 | スマートプロダクト | ソニーモバイル公式サイト
・Xperia(エクスペリア)ホーム | ソニーモバイル公式サイト
・Japan IT Week

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】auから久しぶりのパナソニック端末「W51P」登場

以前は筆者もauのパナソニック端末を使っていたことがある。しかし、いつのまにかauのラインナップからパナソニック端末が消えていた。5年ぶりで、auにパナソニック端末が復活したのだ。筆者の住む大阪はパナソニックファンが多いだけ…

【デジカメ調査室】システム一新!高性能・高信頼性を追求したプロ用デジタル一眼レフカメラ「EOS-1D Mark III」

「EOS-1D Mark III」は、2005年9月に発売した「EOS-1D Mark II N」の後継機にあたる、キヤノンのプロ用デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル。高次元の快速・快適・高画質と、優れた信頼性を実現するため、本体のみならず周辺…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…

【世界のモバイル】″ブランド力″で海外に勝てない日本端末

携帯電話シェア世界第3位。堂々たる大メーカーにまで上り詰めたSamsung。日本でもソフトバンク向けに特徴ある端末を多数リリースしており、存在感あるメーカーになりつつある。先日開催された国際情報通信技術関連見本市「CeBIT 2007」…