ニコニコ最大のライブイベント「ニコニコ超パーティー2018」開催


ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の大規模ステージイベント「ニコニコ超パーティー2018」が2018年11月3日(土・祝)、さいたまスーパーアリーナで開催された。

会場のさいたまスーパーアリーナは超満員で約15,000人の観客を動員。約8時間におよんだイベントの模様は今年もニコニコ生放送で生中継し、会場はイベント終了まで無数のコメント弾幕で彩られた。

今年は小林幸子やニコニコユーザーなど超パーティー常連のアーティストに加え、11組のバーチャルユーチューバーが初出演したほか、ドワンゴと NHN PlayArt 株式会社の共同ゲームプロジェクトによるリアルタイムオンライン対戦ゲーム「#コンパス〜戦闘摂理解析システム〜」のオフィシャルライブイベント「#コンパス ライブアリーナ」出張版が初開催され、総勢45組のバーチャルキャラクターが出演した。さらには、一部のバーチャルキャラクターと人間の共演も実現した。

冒頭、第1部のオープニングアクトでは「秋葉原区立すいそうがく団!」が登場したほか、「歌ってみた」、「踊ってみた」や歯ブラシなどのおもしろ楽器の演奏を披露したニコニコユーザーのパフォーマンスでイベントが開幕した。

「第2部〜SMILE〜」では、VTuberの田中ヒメ・鈴木ヒナらが登場し、アップテンポなナンバー「ロキ」で会場を一気に盛り上げた。前半のVTuberパートの締めとなったのはミライアカリの「ECHO」。会場にはサイリウムを片手にステージを応援する観客が、ネットにはコメント弾幕が溢れ、会場とネットが一体となってライブを楽しんでいた。さらに、「#コンパス ライブアリーナ」出張版に突入すると、ゲーム内の登場キャラクターである20 組のヒーロー、14 組の公式コスプレイヤーによるパフォーマンスが披露された。スクリーンを駆使し、バーチャルとリアルが融合した臨場感のあるステージに観客は熱狂。第2部の最後は、全国から選ばれた250名のユーザーダンサーと共にニコニコユーザーが踊る「ワールドワイドフェスティバル」で終了した。

「第3部〜CHAOS〜」の冒頭からは、再びVTuberの月ノ美兎が登場。「Moon!!」を披露し、「おるやんけ」「でも隠さなきゃ…」など、ファンによる“委員長用語”でコメントが次々と流れる。また、バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんによる「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんのうた」や、アズマ リム、鈴木ヒナ、田中ヒメ、ときのそら、ばあちゃる、富士葵、ミライアカリの共演楽曲「shake it!」など超パ―ティー初出演となるVTuberの堂々としたパフォーマンスに観客も歓喜した。

続けて電脳少女シロによる「千本桜」では「歌うめえええ」などのコメントが殺到し、ラストにはキズナアイが「Hello,Morning」を披露。2曲目「future base」では、コメントと会場サイリウムがキズナアイのトレードマークとも言える頭のリボンと同じピンク色に彩られた。会場の観客はバーチャルユーチューバーと共に歌い、ステージを一緒に盛り上げていた。

VTuberによる圧巻のライブの後は、ニコニコユーザーによるコーラス隊と共に宇宙人を模したヘッドカチューシャを着けてラスボス・小林幸子が登場。「太陽系デスコ」を披露し、会場を沸かせた。そして、第3部の締めとなったのは超パーティーで初共演となる小林幸子と松岡充による「存在証明」だ。2人が手を取って高らかに歌い上げる様子に、大きな拍手が巻き起こった。

最終パートとなるの第4部では冒頭からボーカロイドステージが始まり、会場、ニコニコ生放送共にこの日最高潮の盛り上がりに。透過スクリーンと映像演出を組み合わせて全17曲を披露したほか、「Theme From Superman(Concert version)」では「踊ってみた」のユーザーとの共演も実現し、人間と「MMD」が一緒に踊る光景に会場からは大歓声が起こった。

アンコールでは、恒例の最後に歌う楽曲を決める生放送視聴者アンケートを実施し、選ばれた「ぼくとわたしとニコニコ動画」を出演者、そして会場全員が熱唱。ラストは「桜ノ雨」を合唱しながら、会場とネットが共にピンク色のサイリウムと弾幕に包まれ、全8時間に及んだニコニコ超パーティー2018は幕を下ろした。

■ニコニコ超パーティー2018

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
・「バーチャルキャスト」に新機能「ニコニコ動画視聴アイテム」が実装
・VTuberとカウントダウン“バーチャル年越し”ニコニコ生放送「バーチャル大晦日2018」放送決定
・これは必見!映画「バクダット・スキャンダル」公開記念トーク番組付き上映会を独占生中継
・ニコニコ生放送「実験放送」にて番組出演権を懸けた声優オーディション開催
・ドワンゴ、新作ゲーム“一生歩けるRPG”「テクテクテクテク」のティザーサイトを本日公開

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】auから久しぶりのパナソニック端末「W51P」登場

以前は筆者もauのパナソニック端末を使っていたことがある。しかし、いつのまにかauのラインナップからパナソニック端末が消えていた。5年ぶりで、auにパナソニック端末が復活したのだ。筆者の住む大阪はパナソニックファンが多いだけ…

【アキバ物欲】超便利アイテムも登場! 携帯電話グッズ特集

携帯電話の春モデルが各社から一斉に発表された。携帯電話は、今や私たちの生活に必要不可欠なアイテムとなっているとおり、年を追うごとに多機能化している。本体機能の高機能化にあわせて、携帯電話のサプライメーカーも、携帯電話を…

【デジカメ調査室】縦置きスタイルも登場!新PowerShot 2機種発表へ

キヤノンは、PowerShotシリーズの新製品として、光学手ブレ補正付きの光学10倍ズームを搭載した「PowerShot TX1」、光学手ブレ補正付き光学4倍ズーム搭載の「PowerShot A570 IS」の2機種を3月中旬より発売すると発表した。価格は、オ…

【気になるPC】軽快に持ち歩けるVAIO Type UにVista搭載モデル登場!

文庫本サイズの小型で気軽に持ち運べるモバイルPC、SONYのVAIO type Uシリーズに、新たにWindows Vista Home Premiumを搭載しメモリを1Gバイトにアップしたモデル「VGN-UX71」が発売された。価格はオープンプライズで、店頭実売価格は18…