KDDI、au向けスタンダードスマホ「AQUOS sense2 SHV43」を11月9日に発売!縦長5.5インチFHD+液晶や防水・防塵、FeliCaなど。価格は3万2400円の実質1万6200円から



auスマホ「AQUOS sense2 SHV43」が11月9日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は5日、au向け「2018年秋冬モデル」のうちの縦長な約5.5インチFHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶を搭載したスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2 SHV43」(シャープ製)を2018年11月9日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されており、価格(すべて税込)も以前に紹介しているように本体代32,400円の実質16,200円(675円/月×24回)となっています。

また発売を記念して公式アクセサリーブランド「au +1 collection」の取扱店で対象期間中に「AQUOS Frosted Cover for AQUOS sense2」を購入した人にもれなくカバー本体価格から2,160円を割り引く「AQUOS sense2発売記念 純正カバーがお得なキャンペーン」を実施します。

なお、AQUOS sense2 SHV43本体を購入しない人もキャンペーンの対象となり、対象期間はAQUOS sense2 SHV43の発売日かr2018年12月31日()まで、対象店舗はauショップやKDDIおよび沖縄セルラーの直営店、au Online Shopとなっており、店舗によって在庫状況が異なるということです。


本体カラーはアイスグリーンおよびシルキーホワイト、ピンクゴールド、ニュアンスブラックの4色

AQUOS sense2 SHV43は、シャープのスタンダードスマホ「AQUOS sense」シリーズの第2弾で、前機種「AQUOS sense SHV40」に製品コンセプトである高いコストパフォーマンスを継承しつつ、流行りの縦長画面に変更されたほか、各種スペックアップしています。

主な仕様はSnapdragon 450および3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、約1200万画素裏面照射型CMOSリアカメラ、約800万画素裏面照射型CMOSフロントカメラ、2700mAhバッテリー、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子、防水・防塵など。

サイズは約148×71×8.4mm(最厚部約9.4mm)、質量は約155g。おサイフケータイ(FeliCa)にも対応し、携帯電話ネットワークでは下り最大150Mbpsおよび上り最大25Mbpsとなっています。その他の製品情報は以下の記事をご参照ください。

・KDDI、au向け最新スタンダードスマホ「AQUOS sense2 SHV43」を発表!縦長5.5インチFHD+IGZO液晶やS450、3GB RAM、防水・防塵など。11月上旬発売予定 - S-MAX
・au向け最新スタンダードスマホ「AQUOS sense2 SHV43」を写真と動画で紹介!カメラも進化し基本機能もしっかりした普段使いにちょうどいいスマホ【レポート】 - S-MAX


左がAQUOS sense2 SHV43、右が前モデルのAQUOS sense SHV40

機種AQUOS
sense2sense plussense
画面5.5型FHD+5.5型FHD+5.0型FHD
大きさ148×71×8.4mm151×71×8.9mm144×72×8.6mm
重さ155g157g148g
SoCS450S630S430
RAM3GB3GB3GB
電池容量2700mAh3100mAh2700mAh
背面カメラ1200万画素1640万画素1310万画素
前面カメラ800万画素800万画素500万画素

au Online Shopで案内されている価格は以下の通り。新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)で共通で、毎月割が適用される「カケホとデジラ」で「データ定額プラン」や「LTEプラン」で「LTEフラット」のほか、新料金プラン「auピタットプラン」や「auフラットプラン」が選択可能です。

auピタットプランおよびauフラットプランの場合には、アップグレードプログラムEX」(以下、UGPEX)の対象のため、分割48回払いのちの24回が免除され、25ヶ月目に機種変更した場合には実質負担額が半分の675円/月×24回
(総額16,200円)となります。

プランデータ定額プラン
LTEフラット
auピタットプラン
auフラットプラン
auスマートパス加入非加入
本体価格総額32,400円
分割1,350円/月×24回675円/月×48回
毎月割またはUGPEX免除額-675円/月×24回
(総額-16,200円)
-351円/月×24回
(総額-8,424円)
-675円/月×24回
(総額-16,200円)
実質負担額675円/月×24回
(総額16,200円)
999円/月×24回
(総額23,976円)
675円/月×24回
(総額16,200円)




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・AQUOS sense2 関連記事一覧 - S-MAX
・高精細で明るくキレイなIGZO液晶ディスプレイとAIまかせでかんたんに撮影できるカメラを搭載した「AQUOS sense2」を11月9日より発売開始 | 2018年 | KDDI株式会社
・AQUOS sense2 SHV43 | au Online Shop(エーユー オンライン ショップ)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【デジカメ調査室】720万画素で最大18倍ズーム!コンパクト高倍率ズームデジカメ「FZ8」

「FZ8」は、軽量コンパクトサイズに、720万画素CCDと最大18倍※の望遠撮影が可能な光学12倍ズームレンズを搭載したデジタルカメで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーとブラックの2色。価格は、オープンプ…

【デジカメ調査室】1,406万画素の極上の色再現性!撮るためのカメラ「シグマ SD14」レビュー

シグマより、1,406万画素のイメージセンサーを搭載した一眼レフデジタルカメラ「SD14」が発売された。本体の価格は、実売価格で19万5,000円前後となる。前モデルの「SD10」と比較すると、イメージセンサーの画素数が1,029万画素から1,40…

【デジカメ調査室】1,020万画素になった超お得デジ一眼!性能アップした小型・軽量のエントリーモデルD40Xレビュー

ニコンは、一眼レフデジカメのエントリーモデルに1,020万画素のCCDを搭載する「D40X」を投入した。実売価格は、本体のみが80,000円前後、ダブルズームキットが120,000円前後(写真はダブルズームキット)。小型・軽量で初心者にも使いや…

【デジカメ調査室】小型・軽量で1,020万画素のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D40X」フォトレポート

「ニコン D40x」は、有効画素数10.2メガピクセル、クラス最軽量※約495gの小型ボディーのデジタル一眼レフカメラ。上位機種「D80」と同等のCCDと高性能画像処理エンジンを搭載し、高精細と高画質を実現した。価格は、オープンプライス。…