スライド式カメラ搭載のプレミアムスマホ「OPPO FInd X」が日本発売決定!オッポジャパンが10月19日に製品発表会開催を予告



最新プレミアムスマホ「OPPO Find X」が日本発売決定!10月19日に発表へ

オッポジャパンは4日、同社の公式Twitterアカウント( @OPPOJapan )において最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X」の日本発売が決定したことを案内しています。

同社では今年2月に「OPPO R11s」で日本参入し、続く8〜9月には「OPPO R15 Pro」および「OPPO R15 Neo」を発売し、さらに「年内に少なくとも2機種を投入予定」であることを明らかにしていました。

その中にOPPO Find Xがあることがほのめかされていましたが、早くもOPPO Find Xの日本発売が正式に決定。また合わせて2018年10月19日(金)11時より製品発表会を開催するとのことです。

OPPO R15 Proは日本市場に合わせて防水やおサイフケータイ(FeliCa)に対応しましたし、OPPO Find Xもスライド式カメラの仕組み的に防水への対応は難しいという見解を示していましたが、おサイフケータイの対応は期待したいところです。


OPPO Find XはOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)の最上位モデル「OPPO Find」シリーズの最新機種で、海外では2014年に発売された「OPPO Find 7」以来の4年ぶりの製品となります。

最大の特長は“全画面デザイン”とそれを実現するためにスライド式カメラを搭載している点。これにより、画面上部中央に切り欠き(ノッチ)がなく、ディスプレイの周りの縁(ベゼル)が上下左右とも狭い画面占有率93.8%を実現しています。

ディスプレイはアスペクト比9:19.5の縦長な約6.42インチフルHD+(1080×2340ドット)有機EL(AMOLED)を搭載し、3Dラウンドガラスによる一体化された近未来的なデザインを採用。注目のスライド式カメラはフロントカメラおよびリアカメラともに電動で0.5秒で飛び出す仕組みです。

カメラは背面が光学手ブレ補正(OIS)に対応した約1600万画素CMOS(F2.0レンズ)と約2000万画素CMOS(F2.2レンズ)のデュアルレンズカメラ、前面が約2480万画素CMOS(F2.0レンズ)を搭載し、AI(人工知能)を利用したAIシーン認識技術に対応し、ボケ味のある美しい写真を撮影可能。

主な仕様はSnapdragon 845および8GB内蔵メモリー(RAM)、256GB内蔵ストレージ、3730mAhバッテリー、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-FI)、Bluetooth 5.0、USB Type-C端子など。その他、詳細な製品情報は『OPPO、最新プレミアムスマホ「Find X」を発表!飛び出すカメラでノッチのないほぼ全画面デザインの縦長6.4インチFHD+有機ELやS845、8GB RAMなど。ランボルギーニモデルも - S-MAX』をご参照ください。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・OPPO Find X 関連記事一覧 - S-MAX)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…