楽天モバイルがau回線のMVNOも提供開始!ご自宅かんたん本人確認やメッセージング、プラス割特典内容変更も



楽天モバイルもNTTドコモ回線とau回線のマルチキャリアMVNOに!

楽天は1日、移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://mobile.rakuten.co.jp )において新たにau回線を利用した料金プランの提供を2018年10月1日(月)に開始したと発表しています。

楽天モバイルではこれまでNTTドコモ回線のみでしたが、au回線が追加されてマルチキャリアとなりました。また、合わせてオンライン申込時の本人確認作業を簡略化する「ご自宅かんたん本人確認」やカスタマーサポートをより便利に簡単に利用できる「メッセージング」サービスを開始しています。

さらに10月1日から通話SIMを契約中の人が家族用や自分用に2回線目を契約すると、2回線目の月額基本料が3カ月0円になる「プラス割」の特典が新しくなり、2回線目が通話SIMの場合にスマートフォン(スマホ)とセット契約であれば現在の販売価格から5,000円割引、SIMのみ契約であれば5,000円キャッシュバックを受けることができます。

3回線目を契約する場合、2回線目の通話SIMを元にプラス割の特典を受けることが可能で、4回線目以降も同様です。なお、プラス割は組み合わせプランの20GBおよび30GBが特典対象外で、通話SIM1回線に対して1回のみ適用されます。


楽天モバイルは昨年に「FREETEL」ブランドの携帯電話事業(MVNO)を買収したことによって2018年度のMVNO市場調査において契約数およびシェア第1位となりました。今回、さらなる消費者のニーズに応えるようにau回線を利用した料金プランの提供を開始するとのことです。

au回線はデータ容量と通話オプションをそれぞれ選ぶ「組み合わせプラン」で選択でき、料金は上記の通り。なお、通話とデータ使い放題がセットになったプラン「スーパーホーダイ」はNTTドコモ回線のみとなっています。

au回線の各データ容量の月額基本料はこれまでのNTTドコモ回線のものと同様のため、利用者は生活環境や好みに合わせて最適な回線を選んで使うことが可能となります。


またご自宅かんたん本人確認はオンラインにおける申込手続きが簡単になる新しいサービスで、これまでオンラインでの申込手続き時に必須だった本人確認書類のアップロード作業が不要となり、配達員がお客様の自宅へスマホおよびSIMカードをお届けした際に本人確認書類を提示するだけで契約を完了することができます。

すでに2018年9月27日(木)10時より提供しており、これまでも楽天モバイルでは「AIスマホナビ」にて申込者の契約前のサポートを行い、「楽天ID」にて契約時の顧客情報入力を簡略化してきましたが、ご自宅かんたん本人確認の開始によってオンラインでの申込手続きがさらに簡単になりました。


一方、メッセージンはカスタマーサポートの新しいサービスで、楽天モバイルを利用者が楽天モバイルSIMアプリからカスタマーサポートへメッセージを送り、SNSと同じような感覚でサポートスタッフとスピーディーな会話ができます。

また会話の履歴が残るため、途中で会話を中断し、他の用事や仕事を済ませてから、再びアプリを立ち上げ会話を再開し、サポートを受けることが可能です。すでに一部で2018年9月18日(火)より提供していましたが、10月1日より楽天モバイルの全ユーザーが利用できるようになっています。


プラス割は通話SIMを契約中の人が家族用や自分用に2回線目を契約すると、2回線目の月額基本料が3カ月0円になるサービスで、新たに2回線目が通話SIMの場合にスマホとセット契約であれば現在の販売価格から5,000円割引、SIMのみ契約であれば5,000円キャッシュバックを受けることができるようになりました。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・楽天モバイル 関連記事一覧 - S-MAX
・楽天モバイル、au回線の料金プランなど新サービスを拡充 | 楽天株式会社

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…