楽天モバイルとIIJmioにてAndroid 9 PieへのOSバージョンアップに対応したSIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」が販売開始!購入後すぐに更新して利用可能。発売記念キャンペーンも



RakutenとIIJからSIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」が発売!

楽天およびインターネットイニシアティブジャパン(以下、IIJ)は11日、最新プラットフォーム「Android 9(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップがすでに提供されているSIMフリースマートフォン(スマホ)「Essential Phone PH-1」(Essential製)を2018年9月11日(火)10時に販売開始すると発表しています。

それぞれ各社が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」および「IIJmio」の契約(SIMカード)とセット、または楽天モバイルでは既存利用者による機種変更となっています。またIIJmioでは専用360°カメラがセットになった「Essential Phone 360°カメラセット」も販売。

価格(税別)は楽天モバイルでは新規契約が一括49,800円(分割2,241円/月×24回)、機種変更がWebからの申し込みなら44,820円、ショップでの購入が49,800円、IIJmioではEssential Phone PH-1のみが一括46,000円(分割1,950円/月×24回)、360°カメラセットが一括54,640円(分割2,310円/月×24回)。

両社ともに本体カラーはブラックムーンのみで、購入時はOSがAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)となっているため、ソフトウェア更新によってAndroid 9 PieへのOSバージョンアップを行う必要があります。なお、楽天モバイルでは一部店舗では9月15日(土)より販売受付を開始するとのこと。


Essential Phone PH-1はAndroidを立ち上げたAndy Rubin氏が設立したEssential初のスマホで、海外では2017年8月に発売されたハイエンドスマホです。Android 9 PieではAndroidの先行ベータプログラム「Android P Beta devices」にも対応し、Googleの「Pixel」シリーズに遅れることなく配信されました。

スペック的にも画面上部中央に切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のある約5.71インチQHD(1312×2560ドット)液晶やSnapdragon 835、4GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、3040mAhバッテリー、約1300万画素カラーセンサー+約1300万画素モノクロセンサーのデュアルリアカメラ、約800万画素フロントカメラ、NFC、Wi-Fi、Bluetoothなど。

対応周波数帯はFDD-LTEがBand 1および2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、19、20、21、25、26、28、29、30、66、TD-LTEがBand 38および39、40、41、42、43、W-CDMA(UMTS)がBand 1および2、4、5、6、8、CDMA EV-DO Rev. AがBand 0および1、10、TD-SCDMAがBand 34および39、GSMが850および900、1800、1900MHz。

サイズは約141.5×71.1×7.8mm、質量は約185g。microSDカードスロットはなく、SIMカードスロッtはnanoSIMカード(4FF)が1つ。これまでにも日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)が表示されていたため、日本での発売が期待されていましたが、ここに来てようやく日本国内の販路ができました。

なお、従来通り、Essentialの公式WebサイトやAmazon.comなどから購入することも可能で、その場合にはセールで3万円を切るようなときもあったため、楽天モバイルやIIJmioの価格はやや高くも感じますが、スペックや現時点ではまだ唯一、Android 9 Pieを日本で使えるスマホということで検証などで必要な場合には購入しやすくなって良かったといったところでしょうか。

発売に合わせて記念キャンペーンとして楽天モバイルではオンラインで新規契約の場合に「Essentialロゴ入りノートブック ポケットサイズ(モレスキン社製・非売品)」を先着60人にプレゼント、IIJmioではもれなく10,000円分のAmazonギフト券(音声通話機能付きSIMまたはIIJmioモバイルサービスもしくはIIJmioモバイルプラスサービスを6ヵ月以上利用)や抽選で50人に「Essential Phone 用クリアケース」をプレゼントしています。


Essential Phone 360°カメラセット






記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Essential Phone PH-1 関連記事一覧 - S-MAX
・楽天モバイル、スマートフォン「Essential Phone」の取扱開始 | 楽天株式会社
・IIJ、個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」においてEssential製「Essential Phone PH-1」を販売開始 | IIJについて | IIJ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…