フューチャーモデルの通話機能に特化した超軽量・極薄SIMフリーケータイ「NichePhone-S 4G」を画像と動画で紹介【レポート】



必要最低限の機能だけにしたSIMフリーケータイ「NichePhone-S 4G」をチェック!

既報の通り、フューチャーモデルは、カードサイズの薄型&小型なストレート型ケータイ「NichePhone-S 4G(ニッチフォン-S 4G)」(型番:MOB-N18-01-WHおよびBK)を2018年9月14日(金)に発売する。

同社は、3日に都内で「フューチャーモデル 新製品発表会」を開催し、NichePhone-S 4Gをお披露目した。見た目のインパクトだけでなく、必要な機能以外は削ぎ落としたという“断捨離ケータイ”について、発表会にゲストとして登場した“ 断捨離の鬼”とも呼ばれているフリーアナウンサーの高橋真麻さんも「私みたいにシンプルライフを目指している者としては、こういう携帯電話はいいなと思った」「電話に特化しているという意味では、特に2台持ちはオススメ!」と大絶賛した。

今回は、そんなNichePhone-S 4Gを写真と動画で紹介する。

NichePhone-S 4Gは、通話機能に特化したSIMフリー端末だ。通話機能に特化したといっても、通話しかできないワケではない。SMS、Wi-Fiテザリング、ボイスレコーダー、Bluetoothのほか、音楽再生機能やアラーム、スピーカーホン、といった機能に対応しており、このサイズ感で“あれば便利な機能”を搭載している印象だ。


本体正面。左が黒、右が白


本体背面

本体のサイズは、90×50×9mm、重さは約52g。ディスプレイは0.96インチのAMOLED(有機EL)を搭載し、解像度は128×64ドット。

チップセットはMT6737M Quad/64bit/1.2GHz、搭載メモリー(RAM)は512MB/DDR3、ストレージ(ROM)は4GB/EMMCとなる。カメラは非搭載。


充電用マグネット式DC端子と本体の背面


本体背面のDC入力端子に充電用マグネット式DC端子を取り付けたところ

本体背面には専用の充電端子を備えており、同梱する充電用マグネット式DC端子を取り付け、microUSBケーブル経由で充電する。

また、この充電用マグネット式DC端子はデータ転送にも対応しており、電話帳(連絡先)のデータ(.vcfファイル)のインポート・エクスポートをパソコン経由で行うときに利用する。

なお、(.vcfファイル)のインポート・エクスポートについては、パソコン経由のほか、SIMカードを利用した方法も可能。ちなみに本体における電話帳登録件数は、音楽データなどほかのデータを保存しない状態で、およそ3600件程度保存できるとのこと。

本体に同梱する付属品は、充電用マグネット式DC端子、microUSBケーブル(試供品)、nanoSIM取り出し用専用テープ×2枚(試供品)および、保証書付き取り扱い説明書となる。


本体正面に向かって左側面(上)と右側面(下)


本体の上部側面(上)と下部側面

本体正面に向かって右側面には音量ボタン、本体下部側面にはストラップホール、本体背面上部にはnanoSIMカード挿入口を搭載する。バッテリーは4.2V/1000mAを内蔵。電池蓋はないためユーザーが任意でバッテリーを交換することはできない。

OSはAndroid 6.0をベースにしており、対応するバンドはGSMが900(B8)/1800(B3)、WCDMAが800(B6)/900(B8)/2100(B1)、FDDが800(B19)/900(B8)/1800(B3)/2100(B1)、連続通話時間が約3時間、連続待受時間が約110時間となっている。


NichePhone-S 4G(左)とNichePhone-S(右)

2017年11月に発売された、前モデル「NichePhone-S」とは一見すると似ているが、発表会で登壇した同社の代表取締役社長 曲亮(きょく・りょう)氏は「デザインから見直し、部品を一新、ゼロベースから開発した」と語っており、前モデルからフルモデルチェンジしていることを明かしている。

最後に、会場のタッチアンドトライコスペースで説明員にNichePhone-S 4Gの主な特徴や機能、操作方法を聞いてみたので動画で紹介する。


S-MAX:超軽量・極薄SIMフリーケータイ 「Niche Phone-S 4G」の主な特徴や操作方法を聞いてみた


なお、2018年9月4日(火)から東京ビッグサイトで開催される「第86回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2018」にも同社は出展し、NichePhone-S 4Gも展示する予定だ。

記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・NichePhone-S 4G関連記事一覧 - S-MAX
・NichePhone-S関連記事一覧 - S-MAX
・フューチャーモデル株式会社

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【デジカメ調査室】トリプルブレ補正機能を搭載したキュートなデジカメ「FS1」

「FS1」は、薄さ24.2mmのスリムなボディに、600万画素CCDとトリプルブレ補正機能を搭載したコンパクトなデジタルカメラ。2月9日より発売が開始され、カラーバリエーションは、シルバー、ブルー、ピンクの3色。価格は、オープンプライ…

【ケータイラボ】ほぼフルスペックの高機能ケータイ「W52T」

3インチのワイドVGA液晶画面(800×480ドット)にワンセグ、デジタルラジオ、おサイフ機能にBluetoothなど、現在auの携帯電話で考えられるほとんどのスペックが詰め込まれた高機能端末「W52T」が発売になった。ただ、auの高速通信規格「…

【気になるPC】データ放送対応!最強のUSBワンセグチューナー「SEG CLIP」

アイ・オー・データ機器より、USB接続ワンセグチューナー「SEG CLIP GV-1SG/USB」が発売された。標準価格は1万1,130円で、店頭実売価格は1万円前後。USBコネクタに挿すことで、携帯機器向けのデジタル放送であるワンセグ放送をPCで受信…