サムスン電子ジャパン、Sペン入力に対応した最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」の日本語ページを公式Webサイトにて公開!日本でも発売の可能性高そう



Galaxy Note9は日本投入あるか!?日本語ページはすでに掲載中

サムスン電子ジャパンは10日、サムスン電子(以下、Samsung)から発表されたばかりのSペン入力に対応した最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9」の日本語ページを公式Webサイトにて公開しています。

昨年発売された前機種「Galaxy Note8」もグローバル向けが発表された直後に日本向けページにも製品情報が掲載されていましたし、過去の製品でも発火問題があった「Galaxy Note7」を除けば日本語ページが掲載された場合は日本で発売されていることが多く、Galaxy Note9についても投入される可能性は高そうです。



Galaxy Note9はサムスン電子のペン入力に対応した大画面機種「Galaxy Note」シリーズの最新モデルで、Galaxy Note8と同じ9:18.5という縦長のアスペクト比の画面で物理的なホームキーなどを廃して上下の枠(ベゼル)も狭くした“ほぼ全画面デザイン”となっており、Galaxy Note8の6.3インチサイズより若干大きくシリーズ最大となる6.4インチサイズとなりました。

主な仕様は約6.4インチQuad HD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)「Infinity Display」やオクタコアCPU、8GBまたは6GB内蔵メモリー(RAM)、512GBまたは128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大512GB)、4000mAhバッテリーなど。

また新たにSペンがBluetooth LEに対応し、カメラのシャッターを切れるなどのワイヤレスリモコン機能に対応。さらにリアカメラは引き続き広角レンズと望遠レンズの2つのカメラを搭載するデュアルレンズカメラを採用し、光学2倍ズームに対応しているほか、Galaxy S9シリーズと同様にF1.5とF2.4の絞りを切り替えられるようになっています。

その他の詳細な製品情報についてはすでに公開している『Samsung、最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」を発表!Sペンはワイヤレスリモコンに対応。縦長6.4インチQHD+有機ELや8GB RAM、光学2倍ズーム対応デュアルカメラ、防水・防塵など』を参照してください。



日本では6GB RAM・128GB内蔵ストレージモデルのみが発売されそう

日本での販売については明らかにされていませんが、恐らく日本語ページもあることからGalaxy Note9は投入されると見られます。また本体色はグローバルと同じくOcean BlueおよびMidnight Black、Lavender Purple、Metallic Copperの4色が販売される可能性が高そうで、一方、スペック的にはSnapdragon 845や6GB RAM、128GB内蔵ストレージのモデルのみとなりそう。

なお、海外では1次販売国・地域では2018年8月24日(金)に発売されますが、日本では恐らく例年取りであれば、NTTドコモやauの「2018-2019年冬春モデル」として10月以降に発表され、10〜11月頃に発売されるのではないでしょうか。日本でも早く正式に発表して欲しいですね!


一方でカラーバリエーションはグローバルと同じく4色展開か!?


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Galaxy Note9 関連記事一覧 - S-MAX
・Galaxy Note9 | スマートフォン - Galaxy Mobile Japan 公式サイト

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…