トリニティ、おサイフケータイ対応のSIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップに向けたクローズドベータテストを実施!参加者募集中



いよいよNuAns NEO [Reloaded]がAndroid 8.1 Oreoになるのか!?

トリニティは6日、昨年6月に発売したおサイフケータイ(FeliCa)や防滴などに対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded](型番:NA-CORE2-JP)」におけるより新しいプラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップのためにクローズドベータテストを実施するとお知らせしています。

現在、テストに参加するための募集が行われており、応募条件はNuAns NEO [Reloaded]を持っていて利用中で、各利用規約に同意し、積極的に報告やフィードバックを日本語で提出でき、無線LAN(Wi-Fi)や通話・通信ができる携帯電話契約(SIMカード)を持っている日本在住の人などとなっています。

また条件として要に応じてパソコン(PC)を利用して指定のログを取得できるといった条件もあり、募集人数はNTTドコモ・au・ソフトバンクの各回線ごとに若干名で抽選となるため、なかなか敷居は高そうです。

なお、テストは同社が用意したAndroid 8.1 Oreoが導入されているNuAns NEO [Reloaded]が貸し出されて実施され、テストは1ヶ月を予定しているとのこと。応募は専用フォーム( https://goo.gl/CcAQX9 )から行えます。

【応募条件】
・NuAns NEO [Reloaded]をご利用中の方(ご自身で所有されている方)
・NuAns NEO [Reloaded] ベータテスト参加規約に同意いただける方
・NuAns NEO [Reloaded] 検証機利用規約に同意いただける方
・積極的にご報告やフィードバックをご提出いただける方
・通信/通話可能なSIMカードを所有し、モバイルデータ通信/通話ともにご利用できる方
・自宅にWi-Fi環境をご用意いただける方
・日本国内在住で日本語での読み書きができる方
・必要に応じてパソコンを利用し、当社からの案内に従い指定のログを取得できる方
【テスト期間】
1ヶ月を予定

【募集人数】
各回線(docomo系、SoftBank系、au系)ごとに若干名。応募者多数の場合は厳正な抽選の上、参加者を決定させていただきます。先着順ではありません。

NuAns NEO [Reloaded]はSIMフリーでおサイフケータイ(FeliCa)に対応したスマホで、主な仕様は約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶やSnapdragon 625、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、3450mAhバッテリーなどとなっています。

発表当初はOSバージョンアップを迅速に行うとしていましたが、発売後になかなか実施されず、さらに一部で「OSバージョンアップを2年間保証する」といった内容があったものの、実際は「2年間」といった具体的な期間は提示しないといったことに変わったなどの問題もありました。

実際にこれまでOSバージョンアップは発売時のAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)から昨年11月にAndroid 7.1.2 Nougatへ実施したのみで、Android 8.x OreoへのOSバージョンアップを実施するとは案内されていましたが、まだ提供されていませんでした。

今回、ようやくAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップの配信に向けてクローズドベータテストが実施されるということで、これが終わってから正式にリリースされるのだと思われるため、まだ1ヶ月以上先になりそうですが、ひとまず見える形で動きがあったので配信されるまで待ちたいところです。

NuAns NEO [Reloaded]CORE SIMフリースマートフォン 防滴/おサイフケータイ対応 Android7.1 NA-CORE2-JP [エレクトロニクス]
NuAns
2017-06-09



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・NuAns NEO [Reloaded] 関連記事一覧 - S-MAX
・NuAns NEO [Reloaded] クローズドベータテスター募集のお知らせ | NuAns NEO

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】ドコモの2in1より便利? 中国のデュアルSIMカード端末

1台の携帯電話で2つの電話番号とメールアドレスが利用できるNTTドコモの「2in1」サービスは"仕事とプライベート"、"メイン用とサブ用”など、電話番号を複数利用したい利用者には便利なサービスだ。諸外国でも同様のサービスはあるが、…

【世界のモバイル】1回線契約なのに複数の端末が利用できる!海外のマルチSIMカードサービスの恩恵

一人で複数の携帯電話を利用したり、ノートPC用にデータ通信カードを利用するなどの回線を複数契約して利用しているユーザーも多いだろう。利用する端末の数が増えれば回線契約も増えるのは当然のことだが、海外では一つの回線契約で複…

【気になるトレンド用語】携帯会社が争う″モバイルWiMAX″って何?

近頃、"WiMAX"という言葉がインターネットニュースなどで多く見るようになりました。どうやら無線LANと関係がありそうなのですが、携帯メーカーも乗り出しているモ"バイルWiMAX"というのもあるようです。■WiMAX(ワイマックス)ってなに…

【世界のモバイル】iPhone販売にみる″SIMロック″の限界

好調なAppleのiPhoneだが、北米での販売方法にあらたな制限が加えられるようである。携帯電話業界に革新を持ち込んだiPhoneだが、その人気のために逆に自由に購入できなくなってしまうというジレンマを引き起こしているようだ。■販売好…