ファーウェイ、SIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」と「HUAWEI nova lite」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を7月20日16時より順次提供開始



SIMフリー「HUAWEI P10 lite」と「HUAWEI nova lite」がAndroid 8.0 Oreoに!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は20日、同社が販売するSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P10 lite」および「HUAWEI nova lite」(ともにHuawei Technologies製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年7月20日(金)16時より順次提供開始するとお知らせしています。

ファーウェイ・ジャパンではHUAWEI P10 liteに対しては、今年5月よりHUAWEI Mate 10 liteにAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを200人のベータテスター向けに提供し、正式版を7月中旬以降に提供予定としていましたが、予定どおり提供開始され、合わせてHUAWEI nova liteも同時に提供開始されました。

各機種ともに約1か月ですべての対象製品にソフトウェア更新が可能となる予定で、可能となった場合には対象の製品に更新通知が届くようになっています。なお、ファーウェイ・ジャパンのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップは「HUAWEI P10」や「HUAWEI P10 Plus」、「honor 9」、「HUAWEI Mate 10 lite」に続いてとなります。

また更新によってAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ以外にも独自ユーザーインターフェース「Emotion UI(EMUI)」の最新バージョン「EMUI 8.0」になるなどするということです。更新内容は以下の通り。

・EMUI8.0+Android8.0 へのアップデート
・システムの最適化、安定性向上
など



HUAWEI P10 liteは昨年6月に発売されたフラッグシップ「HUAWEI P10」シリーズの廉価モデルで、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶やオクタコアCPU「Kirin 658」、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内臓ストレージなどを搭載したエントリーモデルです。

発売時に3万円程度と売れ筋の価格帯で、値段の割には性能もそれなりになるといういわゆる“高コスパスマホ”として人気となり、ファーウェイ・ジャパンが2017年度の日本におけるSIMフリースマホ市場でシェア1位になった原動力となりました。発売時はAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を搭載していましたが、今回、より新しいAndroid 8.0 Oreoが配信されます。


一方、HUAWEI nova liteは昨年2月に発売された「[[HUAWEI nova]]」シリーズの廉価モデルで、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶やオクタコアCPU「Kirin 655」、3GB RAM、16GB内臓ストレージなどを搭載したエントリーモデルで、同じく3万円台で高コスパスマホとして人気となりました。

こちらもAndroid 7.0 Nougatを搭載し、より新しいAndroid 8.0 Oreoが配信されます。更新方法はともに更新ソフトウェア配布開始後にネットワーク接続した状態でステータスバーや「設定」アイコンに更新の通知が表示されるので、通知エリアの「システム更新」をタップもしくは「設定」→「システム更新」と選択し、システム更新画面よりアップデートを実施します。

更新ファイルサイズはHUAWEI P10 liteではバージョン情報(ビルド番号)が「PRA-LX2C635B188」からなら約約2.15GB、「PRA-LX2 8.0.0.323(C635)」からなら約467MB、HUAWEI nova liteでは「WAS-LX2JC635B192」からなら約2.18GB、「WAS-LX2J 8.0.0.321(C635)」からなら約467MBとなっています。

更新後のバージョン情報はHUAWEI P10 liteが「PRA-LX2 8.0.0.360(C635)」、HUAWEI nova liteが「WAS-LX2J 8.0.0.360(C635)」。ソフトウェアバージョンの確認方法は「設定」→「端末情報(メニューの一番下)」→「ビルド番号」から。注意事項は以下の通り。

・電池残量が半分以上残っている状態で更新を行ってください。
・アップデートする前に、個人データをバックアップすることをお勧め致します。
・LTE/3G 回線を利用してソフトウェア更新を行う場合はパケット通信料がかかります。
・システムの更新には2GB以上の空き容量が必要です。


HUAWEI SIMフリースマートフォンHUAWEI P10 lite サファイアブルー WAS-LX2J-BL [エレクトロニクス]
HUAWEI



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HUAWEI P10 lite 関連記事一覧 - S-MAX
・HUAWEI nova lite 関連記事一覧 - S-MAX
・【ファーウェイの報道発表】HUAWEI SIMロックフリースマートフォンHUAWEI P10 lite』ソフトウェアアップデート開始のお知らせ
・【ファーウェイの報道発表】HUAWEI SIMロックフリースマートフォンHUAWEI nova lite』ソフトウェアアップデート開始のお知らせ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【デジカメ調査室】システム一新!高性能・高信頼性を追求したプロ用デジタル一眼レフカメラ「EOS-1D Mark III」

「EOS-1D Mark III」は、2005年9月に発売した「EOS-1D Mark II N」の後継機にあたる、キヤノンのプロ用デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル。高次元の快速・快適・高画質と、優れた信頼性を実現するため、本体のみならず周辺…

【世界のモバイル】ドコモの2in1より便利? 中国のデュアルSIMカード端末

1台の携帯電話で2つの電話番号とメールアドレスが利用できるNTTドコモの「2in1」サービスは"仕事とプライベート"、"メイン用とサブ用”など、電話番号を複数利用したい利用者には便利なサービスだ。諸外国でも同様のサービスはあるが、…

【世界のモバイル】1回線契約なのに複数の端末が利用できる!海外のマルチSIMカードサービスの恩恵

一人で複数の携帯電話を利用したり、ノートPC用にデータ通信カードを利用するなどの回線を複数契約して利用しているユーザーも多いだろう。利用する端末の数が増えれば回線契約も増えるのは当然のことだが、海外では一つの回線契約で複…

【気になるトレンド用語】携帯会社が争う″モバイルWiMAX″って何?

近頃、"WiMAX"という言葉がインターネットニュースなどで多く見るようになりました。どうやら無線LANと関係がありそうなのですが、携帯メーカーも乗り出しているモ"バイルWiMAX"というのもあるようです。■WiMAX(ワイマックス)ってなに…