JALが羽田空港でアナウンスや手荷物受託方法、保安検査場の待ち時間などの付加情報をスマホで確認できる実証実験を実施!LinkRayアプリとおもてなしガイドアプリを利用



JALが羽田空港で実証実験!スマホでアナウンスなどを文字で確認可能に

日本航空(以下、JAL)は19日、パナソニック システムソリューションズジャパンの協力によって新技術「光ID」を用いて情報を伝える「LinkRay」アプリとヤマハが提供する音のICT化技術「SoundUD」を用いて情報を伝える「おもてなしガイド」アプリを活用した世界初の実証実験を実施します。

実験では光と音の新技術を活用してアナウンスの内容を文字化し、さらに手荷物受託方法や保安検査場の待ち時間などその他の付加情報をスマートフォン(スマホ)など向けアプリで確認できるようにするとのこと。

各種情報はサウンドファンが提供する「ミライスピーカー」から出力された音声トリガーによって複数台のデジタルサイネージの表示内容を同時に変更することができるため、空港スタッフの案内業務が効率的に行えるようになるということです。

期間は2018年7月20日(金)〜8月17日(金)までで、場所は羽田空港国内線第1旅客ターミナル南ウイング JAL手荷物受託カウンター。対応OSはLinkRayアプリがAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)以上およびiOS 8.0以降、おもてなしガイドアプリがAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以上およびiOS 9.0以降。


実験は空港スタッフがタブレットによって操作するとミライスピーカーから音声トリガーが出され、まずこれをおもてなしガイドアプリによって確認できるようになります。おもてなしガイドアプリではアナウンスの内容がテキスト表示(多言語)になるとのこと。

一方、この音声トリガーを空港内にあるデジタルサイネージで受け取り、パナソニック システムソリューションズジャパンが開発した光IDによってデジタルサイネージから情報が発信され、LinkRayアプリで保安検査場の待ち時間などの情報が確認可能となります。

JALでは今回の実証実験を通して空港の利用者へストレスフリーなサービスを提供し、すべての人にとってやさしい社会にしていくとしており、アナウンスを聞き逃したりするだけでなく、保安検査場の待ち時間など、さまざまな付加情報がスマホで確認できるのはなかなか便利そうです。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・光ID技術「LinkRay」と音のICT化技術「SoundUD」を活用した、世界初の実証実験を実施 | プレスリリース | JAL企業サイト

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるトレンド用語】Winnyは″エロ画像″から″機密情報″までなぜ流出させるのか?

コンピューターウイルスやスパムなど、セキュリティが声高に叫ばれる世の中ですが、それにもかかわらず一向に減らないのが個人情報の流出です。セキュリティ関連のニュースを見ると、毎日のように個人や企業などの機密情報流出事件が報…

【気になるトレンド用語】Winny四文字熟語!情報漏えい当事者になってしまう人とは

セキュリティの重要性が声高に叫ばれているが、OSやブラウザの脆弱性を狙った攻撃やコンピューターウイルス、フィッシング詐欺によるクレジットカード番号や暗証番号の盗難、Winnyによる個人情報や機密情報漏えいなどの事件は後を絶たな…

【アキバ物欲】最先端の3D技術を体験!未来の生活が見られる実証実験の場

人類の文化は常に高度な技術とともに発展してきた。最先端の技術は企業や大学などの研究所で生まれており、一般の人が触れることはほとんどないのが現状だ。最先端の技術をいち早く知りたいというのは、誰しも願っている夢の一つだろう…

【アキバ物欲】新春特番!アキバ通をもうならせるホットな情報を振り返る

今や秋葉原は、世界一の電気街と言われながらもサブカルチャーの発信地としても世の中に知られようになった。新春特番では、そんな秋葉原のホットな情報を提供してきたアキバ物欲の記事を振り返ってみよう。・麻生元外相の花束も!アキ…

【知っ得!虎の巻】同じアプリケーションのグループ化を解除!タスクバーをわかりやすくしよう

アプリケーションを起動したり、フォルダを開いたりすると、デスクトップにウィンドウが開く。これらの起動しているウィンドウは、タスクバーにボタンとして表示され、現在起動しているウィンドウとしてタスクバー上で確認できるように…