外音を聞きながら音楽が聴けるデュアルリスニング対応完全ワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Duo」を約2カ月使った感想を紹介!メッセージ・SNSの通知読み上げが便利【レビュー】



shimajiro@mobiler

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)から4月21日に発売された音声アシスト機能に対応した完全ワイヤレスイヤホン型スマートデバイス「Xperia Duo Ear(型番:XEA20)」。専用の音声アシスト機能のほか、Google アシスタントやLINE Clova、Siriに対応する。

また外音がそのまま聴こえつつ、音楽なども同時に聴ける「デュアルリスニング」に対応しているのも特徴となっている。そんなXperia Ear Duoを発売から約2カ月間ほぼ毎日使ってみたのでレビューしたいと思う。

【デュアルリスニングより「音声で通知読み上げ」が便利】

Xperia Ear Duoの最大のウリとして耳を塞がずに音楽再生をしつつ、周囲の音も楽しむことができるデュアルリスニングがアピールされることが多いものの、実際に使ってみて一番便利に使えているのがメールや各種SNSの通知を読み上げてくれる「Assistant for Xperia」だ。

機能名からすると、ソニーモバイルの「Xperia」シリーズのスマートフォン(スマホ)限定の機能にも思えるけれど、Androidスマホと接続中であれば動作する。なお、残念ながらiPhoneなどのiOS搭載機種ではこの機能は利用できない。

Xperia Ear Duoを購入して使う前まではAssistant for Xperiaにはそれほど期待していなかったけれど、Xperia Ear Duoは耳を塞がない設計なので、音楽再生をせずにXperia Ear Duoを装着している状態では「周囲の音が聞こえずらくなる」あるいは「話し相手の声が聞こえにくくなるデメリットがなく、常に装着していても日常生活に差し支えることがない。

音楽再生などを使わずに「通知が来たら読み上げる」という使い方をしていると、Xperia Ear Duoを装着しているだけの状態(音楽再生なし)では、Xperia Ear Duoを装着していないのと変わらずに外の音が聞こえるので、デスクワークをしている最中だけでなく、人と会話をする時や、歩いて移動中でもクルマや他の歩行者との距離などなど、耳から入る情報を損なうことなく生活できる。


通知の読み上げ

音声での通知読み上げは、スマホやスマートウォッチが前提としている「ディスプレイを見る」という必要がなく、その都度「通知を目で確認する」という煩わしさがないため、通知が多くなってもストレスを感じにくい。

Xperia Ear Duoの通知の音声読み上げやニュース通知の音声には、声優(寿美菜子さん)の声が使われている。個人名の読み上げやローマ字表記した日本人の名前を間違えて読み上げることがあるものの、デジタルガジェットの音声読み上げ機能でよくある、音声自体の不自然さを感じないのも通知の音声読み上げがストレス無く受け入れられる理由の1つだと思う。

通知が読み上げされている最中に中断することも可能なので、通知内容が全て読み上げされるを待てない場合、Xperia Ear Duoのタッチパッドを使った操作で読み上げを中断できる。

ただし、Xperia Ear Duoで音楽再生を再生している状態で周囲の音を聞こうとすると「どちらも聞き分けられる」というよりは、「どちらも聞こえにくくなる」という印象だ。例えるなら「すぐ近くで人が大声で喋っていて、周囲の音が遮られる」という感じ。

また、走行中のバス車内や幹線道路沿いなど、周囲の音が大きな環境では、Xperia Ear Duoの音楽再生・通知読み上げの音がほぼ聞こえなくなってしまうので、こういった環境で音楽を楽しむのであれば、通常の「耳を塞いで再生する」タイプのイヤホンの方が向いている。


走行中の路線バスの車内で「デュアルリスニング」は厳しかった。写真は道北バス(北海道)

音楽再生には使わずに「通知を読み上げるだけ」に特化して使っていると、連続使用時間は9〜10時間ぐらい(通知を読み上げる頻度によって連続使用時間は異なる。

【「音声で返信」も地味に便利】


Assistant for Xperiaで読み上げされたメッセージには、音声で返事をすることもできる。具体的な使い方は以下のようになる。

1)音声でメッセージが読み上げされた後、タッチパッド操作(画像の例では右耳ダブルタップ)で「メッセージに返信」を実行する
2)メッセージを返信しますか?→「はい」と応答
3)メッセージを音声で入力する→テキスト変換されたメッセージが読み上げされる
4)内容に問題が無ければ「はい」で送信

返信完了までのステップが割と多く「サクサクと音声で返信できる」という使い勝手ではないけれど、両手が塞がっている状態でも音声で返事ができるのは利用シーン次第で便利だ。

個人的には仕事のコミュニケーションでXperia Ear Duoの音声返信を使うことはないが、家族との簡単なメッセージを音声返信で済ませることがある。音声読み上げと同じく、個人名の変換はやや苦手という弱点はありつつも、周囲の環境が静かであれば、それなりの精度で音声返信ができる。


音声で返信もできる


【発売時価格は3.2万円、現在は約2.5万円に値下がり】

Xperia Ear Duoは発売時の価格が約32,000円(税込)で、いわゆる「完全ワイヤレスイヤホン」の中でも販売価格は高めながら発売から2カ月が経過した今、実売価格は2.5万円前後に値下がりしている。

個人的には、発売から1年後には同類の製品が価格3分1(1万円ぐらい)で発売されることはあり得そう……と思ってはいたけれど、Xperia Ear Duo自体の販売価格が大幅に値下がりするのは予想外だった。

ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン Xperia Ear Duo XEA20JP : オープンイヤー ボイスアシスタント機能 クアッドビームフォーミングマイク搭載 2018年モデル ブラック XEA20JP B [エレクトロニクス]
ソニー
2018-04-21



ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン Xperia Ear Duo XEA20JP : オープンイヤー ボイスアシスタント機能 クアッドビームフォーミングマイク搭載 2018年モデル ゴールド XEA20JP N [エレクトロニクス]
ソニー
2018-04-21



記事執筆:shimajiro@mobiler


■shimajiro@mobiler
■Xperia Ear Duoを約2カ月使ったレビュー、メッセージ・SNSの通知読み上げが便利

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Xperia Ear Duo 関連記事一覧 - S-MAX

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…

【デジカメ調査室】トリプルブレ補正機能を搭載したキュートなデジカメ「FS1」

「FS1」は、薄さ24.2mmのスリムなボディに、600万画素CCDとトリプルブレ補正機能を搭載したコンパクトなデジタルカメラ。2月9日より発売が開始され、カラーバリエーションは、シルバー、ブルー、ピンクの3色。価格は、オープンプライ…

【アキバ物欲】超便利アイテムも登場! 携帯電話グッズ特集

携帯電話の春モデルが各社から一斉に発表された。携帯電話は、今や私たちの生活に必要不可欠なアイテムとなっているとおり、年を追うごとに多機能化している。本体機能の高機能化にあわせて、携帯電話のサプライメーカーも、携帯電話を…

【ケータイラボ】ほぼフルスペックの高機能ケータイ「W52T」

3インチのワイドVGA液晶画面(800×480ドット)にワンセグ、デジタルラジオ、おサイフ機能にBluetoothなど、現在auの携帯電話で考えられるほとんどのスペックが詰め込まれた高機能端末「W52T」が発売になった。ただ、auの高速通信規格「…

【気になるPC】世界初!Vista新機能″SideShow″搭載のノートPC「ASUS W5Fe」

ASUSから、SideShowを搭載した世界初のノートPC「W5Fe」が発売された。SideShowとは、「SideShowデバイス」というPC本体とは別のデバイス接続して、SideShowガジェットというVista上のソフトウェアから表示を制御する機能だ。W5Feではこ…