NTTドコモ向け最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」でスクリーンショットの音を無音化してみた!ルート化は必要なく、adbコマンドだけで可能【ハウツー】



docomoスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」でスクリーンショット音を無音化!

背面に3つのカメラ「トリプルカメラ」が搭載され、今夏モデルでは注目機種のひとつとなっているHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro」ですが、日本ではNTTドコモ専売として「HUAWEI P20 Pro HW-01K」が6月15日から販売されています。

そんなHUAWEI P20 Pro HW-01Kですが、NTTドコモ版ということでこれまでのファーウェイのSIMフリースマホとは異なり、かなりグローバル版と違って仕様が変更されており、例えば、ファーウェイのホームアプリ「Huaweiホーム」ではアプリ一覧(ドロワー)が利用できなくなっていたりします。

これくらいならまだドロワーがあるアプリをGoogle Playストアからインストールすれば良いですし、Huaweiホームのドロワーも隠されているだけで実際には利用する方法があったりしますが、その他にもMiracastに対応していなかったり、赤外線アプリがプリインストールされていなかったりとさまざまな違いがあります。

そんなグローバル版との違いのひとつに画面を画像として保存する「スクリーンショット撮影(画面キャプチャー)」の際に音が出る仕様もあるのですが、今回はHUAWEI P20 Pro HW-01Kでスクリーンショット撮影時の音を無音化する方法を紹介したいと思います。


スクリーンショットの撮影はAndroid標準の「電源キー」と「音量下キー」の同時押しでOK

まずHUAWEI P20 Pro HW-01Kにおいてスクリーンショットを撮影するにはAndroid標準の操作方法である「電源キー」と「音量下キー」を同時に長押しすれば行えます。また「スマートスクリーンショット」をオンにすれば画面に丸を描いても撮影可能です。

保存されたスクリーンショットの画像は「ギャラリー」アプリでは「アルバム」の「スクリーンショット」にあるほか、「ファイル」アプリでは「内蔵ストレージ」の「Pictures」→「ScreenShots」からも利用でき、保存形式は「JPEG」で「Screenshot_20180615-192229.jpg」のようなファイル名で保存されています。


ナックルジェスチャーで「スマートスクリーンショット」をオンにすれば画面に丸を描いても撮影可能

しかしながら、HUAWEI P20 Pro HW-01Kではスクリーンショット撮影時に小さい音ながら音が出るようになっています。写真撮影と同じく音が小さいので筆者はあまり気にならないかなと思っていましたが、できるだけ音は鳴らないで欲しいという人もいることでしょう。

そこで、HUAWEI P20 Pro HW-01Kをパソコン(PC)に接続して「開発者オプション」にて「Android Debug Bridge(いわゆる「adb」コマンド)」を使ってスクリーンショット撮影時の音をオフにできる設定を出します。

adbコマンドを利用するには事前にWindowsやmacOS、LinuxにそれぞれAndroidの「SDK Platform-Tools」などを導入しておきます。導入方法はここでは省きますが、SDK Platform-Toolsならここからダウンロードして展開して「platform-tools」というフォルダーを適当なところに保存し、環境変数にPATHを通したりすればOKです。


筆者の環境ではHUAWEI P20 Pro HW-01Kで開発者オプションをオンにし、USBデバッグをオンにしてつないでもadbコマンドが利用できずに「error: no devices/emulators found」というエラーが表示されてしまったため、軽く検索してみるとUSBテザリングをオンにすれば良いというので試してみたところ最初に1度だけUSBテザリングをオンにしたらうまく行き、その後はUSBテザリングがオフでもadbコマンドが利用できるように

HUAWEI P20 Pro HW-01Kで「設定」→「システム」→「端末情報」にて「ビルド番号」部分を連続でタッチ(押)し、開発者オプションをオンにします。開発者オプションで「USBデバッグ」をオンにして、HUAWEI P20 Pro HW-01KとPCを接続します(認証画面が出たら許可します)。

そうしたらWindowsならコマンドプロンプト、macOSならターミナルで「adb shell」を入力してEnterキーを押し、「HW-01K: / $」と表示されたらスクリーンショット撮影音の設定を出すコマンド「settings put system always_play_screenshot_sound false」を入力してEnterキーを押せばOKです。戻り値は特になく、続けて「HW-01K: / $」が表示されるだけです。


すると、これまで「設定」→「音」→「その他のサウンド設定」になかった「スクリーンショット」という項目ができています。これをオフにすると常にスクリーンショット撮影時の音が出ず、オンにしているときでも音量をゼロにすれば音が出ないようになりました。


なお、オンにして音量を上げると音が出ます。この辺りの仕様は以下の動画で紹介しておきます。adbコマンドを利用する必要があるため、別途、PCが必要となりますが、OEMロックの解除などをする必要もなく、端末保証を切らずにできるので音が気になる方はチャレンジしてみてください。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HUAWEI P20 Pro 関連記事一覧 - S-MAX
・・HUAWEI P20 Pro HW-01K | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【ケータイラボ】女性向けのエレガントなケータイ「707SC スワロフスキー・クリスタルバージョン」

「707SC スワロフスキー・クリスタルバージョン」は、女性に大人気のスワロフスキー・クリスタルを全面にあしらった特別モデル。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。スワロフスキー・クリスタルとは、オーストリアのスワ…

【気になるPC】データ放送対応!最強のUSBワンセグチューナー「SEG CLIP」

アイ・オー・データ機器より、USB接続ワンセグチューナー「SEG CLIP GV-1SG/USB」が発売された。標準価格は1万1,130円で、店頭実売価格は1万円前後。USBコネクタに挿すことで、携帯機器向けのデジタル放送であるワンセグ放送をPCで受信…

【アキバ物欲】″弘法は筆を選ぶ?″できるユーザーこそ、キーボードとマウスにこだわる

パソコンの一番身近な周辺機器といえば、キーボードとマウス。日常的に使うデバイスということもあり、こだわりを持っている人も多い。キーボードやマウスを購入する人は、製品のどこを見て購入を決めているのだろうか。また、キーボー…

【ケータイラボ】新触感!au design project 第6弾を飾る「MEDIA SKIN」

auがリリースしてきたオシャレで個性的な端末"au design project"。その6番目として登場したのが「MEDIA SKIN」である。単にデザイン重視というだけでなく、世界初の26万画素有機ELメインディスプレイの採用や、ワンセグに対応、131万…