ソフトバンク、SoftBank向けAndroid用「+メッセージ」の配信を再開!新たに「SoftBankメール」アプリとは別に専用アプリをリリース。移行にはご注意を



SoftBankのAndroid向け「+メッセージ」アプリが配信再開!

ソフトバンクは28日、携帯電話サービス「SoftBank」向けにコミュニケーションサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」におけるAndroid用アプリをアプリ配信マーケット「Google Playストア」にて配信再開したとお知らせしています。

配信再開に当たってすでに案内されていたように当初の「SoftBankメール」をアップデートする形ではなく、+メッセージ用アプリを別途提供しており、+メッセージ用アプリはアイコンにSoftBankロゴが入った新しいものとなっています。


+メッセージは携帯電話番号だけでメッセージがやり取りできるSMS(ショートメッセージサービス)の機能を進化させた「RCS」に準拠する新らしいコミュニケーションサービスで、NTTドコモおよびau、SoftBankで5月10日に一斉に開始されました。利用料は無料で、別途、パケット通信料がかかりますが、パケット定額オプションに加入していればその中でパケットが消費さる仕組みとなっています。

その後、SoftBankでは既存のSoftBankメールアプリをアップデートする形で提供したため、突然、SoftBankメールアプリを更新したらSoftBankメールがなくなり、+メッセージアプリが出てきたとして誤って+メッセージアプリをアンインストールしてしまい、過去のメールごと削除してしまうケースが出たため、一時配信を停止していました。

同社ではiPhone・iPad用のiOS用アプリが配信開始された6月21日にAndroid用については+メッセージアプリを別途用意し、SoftBankメールと分けるようにすると案内していました。今回、実際に新しい+メッセージアプリがリリースされ、合わせてSoftBankメールアプリも配信を再開しています。

なお、SoftBankメールアプリは従来のS!メール(MMS)とSMSを利用するアプリに戻っており、一度、配信停止前にSoftBank向けAndroid用+メッセージアプリを導入した場合にも+メッセージを継続利用するには新しい+メッセージアプリへ移行する必要があるとのこと。

その際には新しい+メッセージアプリに移行する前に旧+メッセージアプリにてデータをバックアップする必要があります。バックアップは内蔵ストレージもしくはmicroSDカード(外部ストレージ)、SoftBankサーバ(保管期限:30日)のいずれかに行え、バックアップ後に新アプリを導入し、新アプリでリストア(復元)すればOKとなっています。

なお、Xperia XZ2については移行手順は同じとなっているものの、移行後に旧+メッセージアプリをアンインストールではなく「無効化」する必要があるとしています。ただし、これらの移行をした場合はこれまで通りに新しい+メッセージアプリにてMMSやSMSも利用する形となります。

さらにMMSやSMSについてはSoftBankメールアプリに戻したい場合には「あんしんバックアップ」アプリで別途、MMSとSMSのデータをバックアップし、Google PlayストアのSoftBankメールにてアンインストール後に更新すると、SoftBankメールが復活するので、バックアップを復元すれば元に戻ります。

ただし、旧+メッセージアプリで送受信したデータは移行できないということなのでご注意ください。それぞれ公式WebサイトにてQ&Aが公開されていますが、複雑なので自分にケースにあったやり方をしっかりと把握してから実施するようにしたいところです。

・新しい+メッセージへデータを移行する
・Xperia XZ2をご利用中の方はこちら
・SoftBankメールへ戻す
・これから+メッセージをご利用される方

記事執筆:memn0ck


アプリ名:+メッセージ(プラスメッセージ)
価格:無料
カテゴリ:通信
開発者:SoftBank Corp.
バージョン:10.1.7
ANDROID 要件:4.4 以上
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.softbank.mb.plusmessage



アプリ名:SoftBankメール
価格:無料
カテゴリ:通信
開発者:SoftBank Corp.
バージョン:端末により異なります
ANDROID 要件:端末により異なります
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.softbank.mb.mail





■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・+メッセージ 関連記事一覧 - S-MAX
・Android 搭載機種向け「+メッセージ」および「SoftBankメール」アプリを配信再開 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク
・+メッセージ(プラスメッセージ) | サービス | モバイル | ソフトバンク

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】メールが打ちやすい!デコメケータイ「P703i」

「P703i」は、メール機能にこだわったデコメケータイ。メールの打ちやすさを追求した「WaveTileKey」と呼ばれる立体形状の大型キーを採用している。またキーは、バックライトが美しいイルミネーション表示を演出することができる。使い…

【アキバ物欲】Vista導入前の下準備!バックアップ特集

2007年1月30日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)がついに発売される。同社が5年ぶりにパソコン市場に投入するOSであるだけに、パソコンのOSをVistaに移行する計画を立てている人は多いであろう。Windows …

【ケータイラボ】魅力の薄さ!フルスペック搭載のスライド・ワンセグ携帯「SoftBank 911T」

現在、筆者はauのW52Tをメイン機種として使っている。テレビ電話は使えないが、3インチの液晶に480×800ドット表示、Bluetooth搭載で、おサイフ機能のサポートと、いたれり尽くせりのほぼ全部入りの端末だ。ボディが少し大きいとか、気…

【モバイル通信の実力チェック】屋外でもADSL並みの高速通信!″SoftBank Connect Card C01SI″を徹底検証

"モバイル通信の実力チェック"は今回で4回目を迎えるが、今までの実地検証より、外出時のデータ通信は最大3.6Mbps※1のHSDPA通信サービスが実際も高速であることがわかった。通信速度は、アクセスポイントの混み具合で大きく変化するた…

【ケータイラボ】追撃する″au″と″SoftBank″!夏モデルの″オススメ機種″を探せ!

夏の新製品ラッシュがはじまった。まず先陣を切ったのはドコモから。N904i、SH904iが5月25日に発売となった。au、SoftBankも5月22日に新製品である夏モデルを発表した。6月上旬あたりから順次発売となっていくようである。新しいモノ…