進化したAIとオートフォーカスでさらに使いやすく!ファーウェイの新しいSIMフリースマホ「HUAWEI P20」を写真と動画で紹介【レポート】



ファーウェイがフラグシップスマホ「HUAWEI P20」をSIMフリーで発売!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は11日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン『HUAWEI P20』シリーズ新製品発表会」を開催し、SIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20」(以下、P20)および「HUAWEI P20 lite」(以下、P20 lite)を2018年6月15日(金)に発売すると発表した。

P20 liteはすでに発表されていたようにauおよびUQモバイル、ワイモバイルも取り扱うが、今回発表されたSIMフリー版のP20 liteはUQモバイルやY!mobile版に仕様が近い、32GB内蔵ストレージモデルで、au版のみ64GB内蔵ストレージとなる。

そして本発表会において国内初お披露目となったP20は、NTTドコモが取り扱う「HUAWEI P20 Pro HW-01K」(以下、P20 Pro)と同世代のフラグシップモデルであり、P20 Proのトリプルカメラとは異なったダブルカメラだが、AIを利用したカメラ機能などは同様だ。

今回はこのP20について、発表会終了後のタッチ&トライコーナーで実機に触れることができたので写真と動画で紹介していく。なお、P20の価格はオープンながら希望小売価格で税抜69,800円(税込75,384円)となっている。


P20の画面はアスペクト比9:18.7の縦長な約5.8インチFHD+(1080×2244ドット)TFT液晶である。ひと回り大きい約6.1インチのP20 Proとの違いは、画面サイズだけではなくP20の方は縦4ドット分画面が広いこと、そしてP20 Proは発色や高いコントラスト再現が可能な有機ELディスプレイを搭載する点だ。


画面上部にはスピーカーと約2400万画素のフロントカメラがあり、それを避けるように切り欠き(いわゆる「ノッチ」)があるディスプレイデザインを採用している。このノッチは、写真のように白い画面では目立ってしまう。


そこで設定でノッチをステータスバーに見立てて黒バックで表示すると気にならなくなる。また、メインの表示部分もスクリーン下部に合わせて上部の角が丸い表示に変化する。


前面下部の指紋センサーはロック解除に使える他にタッチやスワイプ、長押しジェスチャーでナビゲーションキー(戻る、履歴、ホーム)として利用可能だ。


背面はP20 Pro同様にデジタルカメラを意識した横持ちデザインである。なお、おサイフケータイ(FeliCa)は非対応だ。


P20と前機種「HUAWEI P10」(以下、P10)のサイズ比較だが、表示エリアの広さが大きく異なる。


背面のデザインもP20は“今風”に変化している一方で、P10と比べるとひと回りサイズが大きくなり、重さも20g増となった。

アップルの「iPhone 7」と「iPhone 8」のように背面の処理も世代が変わっている。

iPhoneの場合は世代が変わってもサイズ感は変わらなかったため、手にしてもiPhoneであるとことが実感できたのだが、P20は明らかに別物であり、完全にP10を旧世代のものとしてしまう大きな変化を遂げている。

なお、“LEICA(ライカ)”感は文字の大きいP10の方が強いように感じる。


リアカメラはP10から光学的にも進化しており、約1200万画素RGB(カラー)センサー(開口部 F1.8)と約2000万画素モノクロセンサー(開口部 F1.6)を搭載。

ソフトウェア面では中央固定であったオートフォーカスが、被写体を面で捉えて追従する4D予測フォーカスに進化。さらに19の被写体やシーンをAIで認識するなど、オート性能を大幅に強化している。


カメラのユーザーインターフェイス(UI)は、これまでのメイン画面+左右の設定画面スタイルから、画面遷移がないメイン画面のみとなった。

撮影モードの切替はライブビューの下に表示されている各種モードで切り替える。設定などは画面右上の設定アイコンで呼び出す方式となった。

従来のUIの方がシンプルでわかりやすかったのだが、各種撮影モードを理解するにはP20世代のUIの方がわかりやすそうだ。

なお、AIによるシーン認識のほか、カメラではAIによる水平アシストやAIを使った手ブレ補正「HUAWEI AIS(AI Image Stabilization)」で夜間撮影でも三脚なしでブレを抑えた撮影を可能としている。

最後に発表会のプレゼンテーションおよびゲストトークセッション、P20およびP20 liteをタッチ&トライしているところの動画をそれぞれ以下に掲載しておく。


動画リンク:https://youtu.be/5mYECbqMnDM


動画リンク:https://youtu.be/k8Um1dof5n8


P20は進化したカメラ機能と、NPU内蔵の最新のチップセット(SoC)「Kirin 970」、4GB内蔵メモリー(RAM)と128GB内蔵ストレージで、長く快適に使えるフラグシップスマホとしてオススメの1台だと思われる。

Huawei 5.8インチ P20 SIMフリースマートフォン ブラック ※保護ケース、ハイレゾイヤホン付属※【日本正規代理店品】 [エレクトロニクス]
HUAWEI
2018-06-15



HUAWEI P20 (ミッドナイトブルー)約 5.8インチフルHD+ ディスプレイ【送料無料】【ファーウェイ公式】



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・ファーウェイ、最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」のSIMフリー版を6月15日に発売!価格は税込7万5384円に。縦長ノッチありな5.8インチFHD+液晶やダブルカメラなど - S-MAX
・HUAWEI P20 関連記事一覧 - S-MAX

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【デジカメ調査室】ハイビジョン画質の動画をDVDに記録する「HDR-UX7」レビュー

ソニーのハンディカムシリーズ「HDR-UX7」は、HD画質の映像を8cmDVDに記録する。ドイツの名門光学メーカー「カール ツァイス」のレンズを採用し、高画質の撮影ができることが特徴だ。動画撮影時の有効画素数は228万画素、静止画撮影時…

【Wii特集】-5 WiiでYouTubeを見放題!お宝動画を楽しもう

動画共有サイト「YouTube」は、インターネットの楽しみを大きくしたと言っても過言ではないだろう。YouTubeは、世界中の人が自由に動画をアップロードすることで、今まで見ることができなかったムービーが次から次へと投稿されている。…