乾燥米も美味しく食べたい! パナソニック炊飯器のお米の鮮度に合わせて炊き方を変える「鮮度センシング」とは




毎月8日、18日、28日はお米の日だと知っていましたか? お米の日でなくても、毎日食べるごはんはおいしく炊きたいもの。パナソニック株式会社は鮮度の落ちた乾燥米でも新米のようにおいしく炊き上げることができるスチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「Wおどり炊き」SR-VSX8シリーズを6月1日より発売しました。乾燥米でも新米のように食べれるとは・・・? その機能をチェックしてみましょう。

■ごはんのおいしさに大きく影響するのは鮮度!
お米は精米後、劣化がはじまる生鮮食品です。精米後にどんどん乾燥していくお米ですが、乾燥するとパサついたり、甘みが低下してしまうといいます。お米を乾燥させないためには密封容器に入れて冷蔵庫に保存したり、乾燥がすすむ前に食べきれるように2週間ごとにお米を買うなど対策することも効果的だということですが、なかなか難しいですよね。そこで気になるのが「鮮度センシング」機能です。

■業界初! 圧力センサーでお米の鮮度に合わせて炊き方を自動調整
パナソニックでは含水率が減少したお米を乾燥米と定義し、業界初の鮮度センシング機能を搭載。本体内部に搭載されている圧力センサーが釜内の圧力をリアルタイムに検知することができ、減圧スピードの違いによりお米の鮮度を見極め鮮度に合わせて児童でおどり炊きの圧力制御を調整。これにより、乾燥したお米のパサつきを約16%抑え、甘さの低下を約15%改善。新米のようなおいしさが実現されるということです。



実際に乾燥米、精米したてのお米、鮮度センシング機能で炊かれた乾燥米を食べ比べてみました。甘さを堪能できる精米したてのごはんの美味しさはもちろん、鮮度センシング機能で炊かれたごはんも負けない甘さともっちりとした食感を楽しむことができました。

■好みに合わせて食感を13通りに微調整できる新「食感自在炊き分け」機能
さらに注目したいのが圧力センサーの搭載により、従来より炊き分けに使用されていた「火力制御」「加圧時間」「スチーム温度」の要素に「圧力の強さ」が加えられたということです。これにより、全部で13通りの食感炊き分けが実現されたということです。自分や家族の好きな食感をいつでも楽しむことができるほか、料理によって炊き分けることができるというわけです。

IMG-6199

ごはんのおいしさにこだわりたい、という人はぜひチェックしたい炊飯器だといえるでしょう。

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…

【デジカメ調査室】トリプルブレ補正機能を搭載したキュートなデジカメ「FS1」

「FS1」は、薄さ24.2mmのスリムなボディに、600万画素CCDとトリプルブレ補正機能を搭載したコンパクトなデジタルカメラ。2月9日より発売が開始され、カラーバリエーションは、シルバー、ブルー、ピンクの3色。価格は、オープンプライ…

【ケータイラボ】auから久しぶりのパナソニック端末「W51P」登場

以前は筆者もauのパナソニック端末を使っていたことがある。しかし、いつのまにかauのラインナップからパナソニック端末が消えていた。5年ぶりで、auにパナソニック端末が復活したのだ。筆者の住む大阪はパナソニックファンが多いだけ…

【ケータイラボ】ほぼフルスペックの高機能ケータイ「W52T」

3インチのワイドVGA液晶画面(800×480ドット)にワンセグ、デジタルラジオ、おサイフ機能にBluetoothなど、現在auの携帯電話で考えられるほとんどのスペックが詰め込まれた高機能端末「W52T」が発売になった。ただ、auの高速通信規格「…