総務省、ソフトバンクに対して行政指導を実施!スマホなどの販売価格の割引などについて具体的な金額を提案していたとして“不適正”な端末購入補助に



総務省がソフトバンクを行政指導!不適切な端末購入補助で

総務省は6日、ソフトバンクに対して同社の端末価格の割引などに関する販売店への対応の適正化を図るために具体的な割引きなどの提案を行わないことや再発防止などの必要な措置を取るよう指導したと発表しています。

ソフトバンクが販売店に対して端末の販売価格の割引などの具体的な金額を提案していたことが書面で確認できたとして「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」(以下、同指針)における“不適切”な「端末購入補助」に当たるとしています。

1 端末の販売店に対し、端末の販売価格の割引等の実質的な指示を行わないよう販売店
への対応を適正化すること。
2 端末の販売価格の割引等の実質的な指示が行われた原因及び本年1月1日から本日ま
での期間における貴社から販売店への端末の販売価格の割引等の実質的な指示が他にな
いかについて調査を行うこと。
3 記2を踏まえた再発防止策を策定すること。
4 記1から3までの措置及びその結果について、本年6月 27 日(水)までに総務省に報
告すること。

これまでに2017年1月に同指針を策定し、仮想移動体通信事業者(MVNO)などを含む携帯電話市場への新規参入の阻害などを招く恐れのある高額な端末購入補助の適正化を移動通信体事業者(MNO)に求めてきました。

これに対し、一時は「一括0円」や「実質0円」といった販売方法がほぼなくなりましたが、その後に以前に紹介したように再び復活しているとして話題となり、総務省でも調査することが明らかにされていました。

今回、実際にソフトバンクから販売店に対して書面によって端末の販売価格の割引などの具体的な金額を提案していたことが認められたとし、同指針に定めた端末購入補助と同等の効果を持つと認められるとのこと。

つまり、一部の端末では指針に沿わない不適正な水準の端末購入補助の効果を持つことが認められましたとして総務省ではソフトバンクに対して改めて同社の端末の販売価格の割引等に関する販売店への対応の適正化を図るために上記のような措置を取るよう指導しました。

総務省では書面が販売店に対して同社が定めた端末の販売価格の割引などの額を実質的に指示するものであり、販売店における端末の販売価格を事実上拘束することで不当に同社に有利な金額に設定させようとするものだとし、電気通信の健全な発達に支障を生じさせかねないものと認められるとしています。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・総務省|端末の販売価格の割引等に関する販売店への対応の適正化に係るソフトバンク株式会社への指導
・ソフトバンクがスマホ販売で不適切な行為、総務省が行政指導へ | 日経 xTECH(クロステック)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】福岡ソフトバンクホークス公認!プロ野球ケータイ「ホークスケータイ」

「ホークスケータイ」は、本体表面に福岡ソフトバンクホークスオフィシャルロゴを配置した、シャープ製のケータイ。発売時期は、3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「ホークスケータイ」は、待受け画面やメニュー画面、着…

【ケータイラボ】auから久しぶりのパナソニック端末「W51P」登場

以前は筆者もauのパナソニック端末を使っていたことがある。しかし、いつのまにかauのラインナップからパナソニック端末が消えていた。5年ぶりで、auにパナソニック端末が復活したのだ。筆者の住む大阪はパナソニックファンが多いだけ…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…

【世界のモバイル】″ブランド力″で海外に勝てない日本端末

携帯電話シェア世界第3位。堂々たる大メーカーにまで上り詰めたSamsung。日本でもソフトバンク向けに特徴ある端末を多数リリースしており、存在感あるメーカーになりつつある。先日開催された国際情報通信技術関連見本市「CeBIT 2007」…