グーグルの決済サービス「Google Pay」が「Suica」や「WAON」に対応!KyashやJACCS、JCBのクレジットカードなども順次対応予定。“サイフクリーム”がもらえる期間限定ショップも



決済サービス「Google Pay」が「Suica」や「WAON」に対応!使えるのはFeliCa対応機種のみ

グーグル(以下、Google Japan)は24日、Android向け決済サービス「Google Pay」(旧「Android Pay」)において新たに「Suica」と「WAON」に対応したとお知らせしています。

また今後、KyashやJACCS(ジャックス)、JCBから発行されたプリペイドカードやデビットカード、クレジットカードにも順次対応を予定しており、これらをGoogle Payに登録すると「QUICPay」を通して72万ヶ所以上の店舗などで支払いができるようになるとしています。

さらに同社では期間限定で「Google Pay “サイフクリーム” ショップ」を2018年6月15日(金)から24日(日)まで東京・新宿にある“サナギ新宿”イベントスペースにオープンするとのこと。店頭でGoogle Payの疑似体験に参加した場合、お財布と小銭をモチーフにしたオリジナルアイスクリーム「サイフクリーム」が無料でもらえます。

加えて、Android利用者でGoogle Payアプリをダウンロードした人にはスペシャルトッピングも用意しているということです。時間は11〜19時ですが、予告なく変更する場合があるとし、提供できるアイスクリームの数量には限りがあるとのことで、以前に東京・表参道で行われた「Google Home Miniドーナツショップ」と同様に盛況になりそうです。


Google PayはAndroidで利用できる非接触を含む決済サービスで、日本では基本的におサイフケータイ(FeliCa)に対応した機種で利用できます。対応OSはAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)以降で、電子マネーではこれまでの「楽天Edy」や「nanaco」に続いて東日本旅客鉄道(JR東日本)が運用する鉄道系のSuicaとイオンリテールが展開するWAONに対応しました。

またGoogle PayではGoogleアカウントにクレジットカードなどの支払い方法を登録しておけば、対応するGoogle Payボタンが表示されるECサイトなどでも手軽に決済が行え、例えば、スペースマーケット、全国タクシー、日本美食、バニラエア、minneで利用できるようになっています。

ECサイトを構築している場合にはGoogle Pay APIを利用することで、Google Payによる支払いに対応させることが可能。またTポイントカードやdポイントカードなどの各種のポイントカードも登録でき、ポイントを貯めることができます。


とはいえ、現状ではFeliCaに対応している必要があり、FeliCaに対応しているならおサイフケータイアプリやそれぞれの電子マネー・ポイント系アプリもあり、これらについてはあまりGoogle PayがSuicaやWAONに対応したからといって便利になるという点はほぼありません。

一方で今後予定しているKyashやJACCS、JCBのプリペイドカードやデビットカード、クレジットカードをGoogle Payに登録するとQUICPayとして利用できるようになるということで、iPhoneなどで利用できる決済サービス「Apple Pay」に近い仕組みとなる模様。

なお、WAONのチャージはイオンのクレジットカードを登録する必要があるとのこと。最後にGoogle Pay “サイフクリーム” ショップの概要は以下の通り。

<開催日時>
2018 年 6 月 15 日(金)〜 24 日(日)11 時 〜 19 時
※ 開催時間は予告なく変更する場合があります。
※ 提供できるアイスクリームの数量には限りがあります。
予めご了承ください。

<場所>
“サナギ新宿” イベントスペース
住所:〒160-0022 新宿区新宿三丁目 35-6 国道20号線高架下
(アクセス:JR新宿駅東南口より、徒歩 2 分)
https://goo.gl/yd8ZgP


記事執筆:memn0ck


アプリ名:Google Pay - これからのお財布。by Google
価格:無料
カテゴリ:ファイナンス
開発者:Google LLC
バージョン:端末により異なります
ANDROID 要件:端末により異なります
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.walletnfcrel





■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Google Pay 関連記事一覧 - S-MAX
・Google Japan Blog: Google Pay に Suica と WAON が加わりました。
・Google Pay - これからのお財布。by Google
・すばやく簡単にお支払いできるGoogle Pay APIへの対応開始|プレスリリース 2018年|決済代行のソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…