JR東日本、東北新幹線の車両内無料Wi-Fiサービスを2018年5月24日に提供開始!まずはE5系1編成で、SSIDは「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」。その他の車両でも順次導入予定



東北新幹線の車内フリーWi-Fiが5月24日にスタート!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は23日、同社が運行する「東北新幹線」の一部車両において無料の公衆無線LANサービス(いわゆる「フリーWi-Fi」)を2018年5月24日(木)に提供開始する予定だと発表しています。まずはE5系1編成で導入されます。

同社では今年2月に東北新幹線および「北陸新幹線」、「秋田新幹線」において車両内フリーWi-Fiを5月から提供開始すると発表していましたが、正式に詳細な開始日が案内されました。

なお、JR東日本ではさらに「上越新幹線」で2018年夏頃から、「山形新幹線」で2018年度から、「スーパーあずさ」で2018年12月からそれぞれ一部車両にて車両内フリーWi-Fiを導入する計画で、これらの車両についても順次開始していく予定です。


JR東日本の新幹線などにおける車両内フリーWi-Fiはこれまで駅で利用できていたフリーWi-Fiサービス「JR-EAST FREE Wi-Fi」(SSID「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」)と同様に利用できます。利用にはメールアドレスの登録が必要ですが、1日何回でも使えます(1回の接続時間は3時間まで)。

また主に訪日向けとして提供されますが、日本に在住している人を含めて誰でも利用可能。スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)などの無線LAN(Wi-Fi)対応製品にてSSID「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」に接続し、表示される認証画面にて指示に従って登録するだけ。

登録は「利用登録」ボタンを押し、利用規約を確認後に「同意する」ボタンを選び、メールアドレスを入力して「確認」ボタンをタップ、メールアドレスが合っていることを確認したら「登録」ボタンを押し、最後にセキュリティーレベルと確認して「同意する」ボタンを押せば使い始められます。

なお、使える駅や車両(車内)には「JR-EAST FREE Wi-Fi」のステッカー(シール)が掲示されています。その他、JR西日本やJR東海の新幹線でも今夏より車両内フリーWi-Fiが導入されることが発表されています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・JR東日本:新幹線での訪日外国人のお客さまに向けた無料公衆無線LANサービスの開始について(PDF)
・JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流

普段自分が使っている携帯電話をそのまま海外に持ち出して利用できる、そんな便利なサービスが"国際ローミングサービス"だ。日本でも利用者が増えてきているが、海外の多くの国では何年も前から一般的なサービスであり、海外渡航時に携…

【世界のモバイル】1回線契約なのに複数の端末が利用できる!海外のマルチSIMカードサービスの恩恵

一人で複数の携帯電話を利用したり、ノートPC用にデータ通信カードを利用するなどの回線を複数契約して利用しているユーザーも多いだろう。利用する端末の数が増えれば回線契約も増えるのは当然のことだが、海外では一つの回線契約で複…

【気になるトレンド用語】携帯会社が争う″モバイルWiMAX″って何?

近頃、"WiMAX"という言葉がインターネットニュースなどで多く見るようになりました。どうやら無線LANと関係がありそうなのですが、携帯メーカーも乗り出しているモ"バイルWiMAX"というのもあるようです。■WiMAX(ワイマックス)ってなに…

【ケータイラボ】アイディア満載!SIMロックフリーのスマートフォン「HTC Advantage X7501」

HTCは、Windows Mobile 6を搭載したSIMロックフリーのスマートフォンHTC Advantage X7501をリリースした。価格は11万9800円。スマートフォンとしてはキャリアからの販売ではなくメーカーからという日本では異例の製品だ。それを実現した…