ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「Xperia XZ2 702SO」の事前予約受付を開始!5月下旬発売で価格は本体代10万2720円の実質1万6320円から



SoftBank向けフラッグシップスマホ「Xperia XZ2 702SO」が予約スタート!

ソフトバンクは18日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018年夏モデル」のうちのアスペクト比9:18の縦長な約5.7インチフルHD+(1080×2160ドット)TFT液晶「トリルミナスディスプレイ」を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ2(型番:702SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を予約開始したとお知らせしています。

発売は2018年5月下旬を予定しており、ソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて予約受付を実施しています。価格も案内されていますので合わせて紹介したいと思います。

なお、ソニーモバイルコミュニケーションズは2018年7月1日(日)までにSoftBank向けXperia XZ2 702SOを購入して専用Webページから応募した人に抽選で300人にソニー公式Webショップ「ソニーストア」で利用できる3万円分のクーポンをプレゼントするキャンペーンを実施します。



Xperia XZ2 702SOはソニーブランドの「Xperia」シリーズにおける最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ2」のSoftBank版で、新たにアスペクト比9:18の縦長画面を搭載し、デザインを「Ambient Flow」に刷新したハイエンドモデルです。SoftBank版ではおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグ(地上デジタルテレビ)に対応し、防水(IPX5およびIPX8準拠)および防塵(IP6X準拠)にも対応しています。

カメラは前機種「Xperia XZ1」とセンサーやレンズは同じですが、機能的には進化しており、新たにスマホでは世界初のHLG(Hybrid Log Gamma)フォーマットによる4K HDRムービー撮影に対応したほか、960fpsのスーパースローモーション撮影がフルHD(1920×1080ドット)で撮影できたり、3Dクリエイターがリアカメラだけでなくフロントカメラでも利用できるようになっています。

主な仕様はSnapdragon 845や4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、3060mAhバッテリー、USB Type-C端子など。なお、3.5mmイヤホンマイク端子が廃止されているのでご注意ください。本体カラーはリキッドシルバーおよびリキッドブラック、ディープグリーンの3色のみ。

またSoftBank回線での携帯電話ネットワークは下り最大774Mbpsおよび上り最大37.5Mbpsとなっており、対応周波数帯は以下の通り。サイズは約153×72×11.1mm(最薄部6mm)、質量は約198gで外観はSoftBankロゴはなく、海外版と同じになっています。その他の詳細な製品情報は『ソフトバンク、SoftBank向けデザインを刷新した最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ2 702SO」を発表!5月下旬発売、5月18日予約開始で価格は本体代10万2720円の実質1万6320円から - S-MAX』をご覧ください。

4G LTE(FDD-LTE方式):Band 1、2、3、4、8、12、17、28
4G(TDD-LTE方式):Band 38、39、40、41、42
4G(AXGP方式):Band 41
3G(W-CDMA方式):Band I、II、IV、VIII
2G(GSM方式):850、900、1800、1900MHz

今回予約が開始されたXperia XZ2 702SOですが、現在、ソフトバンクオンラインショップで案内されている価格(税込)は以下の通り。なお、機種代金が最大半額になる「半額サポート for Android」の対象機種にもなっており、分割払いは48回も選べてその場合は月々の分割払いや月月割りが24回払いの半分になって実質負担額の総額としては同じとなります。

Xperia XZ2 702SO新規契約・機種変更他社から乗り換え(MNP)
本体価格102,720円(分割4,280円/月×24回)
月月割-1,800円/月×24回-3,600円/月×24回
実質負担額59,520円(分割2,480円/月×24回)16,320円(分割680円/月×24回)




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Xperia XZ2 関連記事一覧 - S-MAX
Xperia XZ2 | オンラインショップ | ソフトバンク

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】福岡ソフトバンクホークス公認!プロ野球ケータイ「ホークスケータイ」

「ホークスケータイ」は、本体表面に福岡ソフトバンクホークスオフィシャルロゴを配置した、シャープ製のケータイ。発売時期は、3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「ホークスケータイ」は、待受け画面やメニュー画面、着…

【気になるPC】お洒落なタブレットPCが超低価格で手に入る「HP Pavilion tx1000」

日本HPより、タブレット機能を搭載した低価格PC「HP Pavilion Notebook PC tx1000/CT」が発売された。販売は、直販サイト「HP Directplusオンラインストア」、電話窓口「HP Directplusコールセンター」、または販売パートナー「HP Direc…

【ケータイラボ】魅力の薄さ!フルスペック搭載のスライド・ワンセグ携帯「SoftBank 911T」

現在、筆者はauのW52Tをメイン機種として使っている。テレビ電話は使えないが、3インチの液晶に480×800ドット表示、Bluetooth搭載で、おサイフ機能のサポートと、いたれり尽くせりのほぼ全部入りの端末だ。ボディが少し大きいとか、気…

【アキバ物欲】安いことは良いことだ!低価格も大満足できるパソコン特集

価格破壊という言葉が登場して既に久しい。この言葉が一番似つかわしいのがパソコン市場だといえるだろう。パソコン黎明期には、100万円をこえるパソコンも珍しくなかったが、その後のパソコンの普及に伴い、低価格が進み、初期導入費は…

【ケータイの疑問】ソフトバンクのホワイトプランは本当に安いのか? 店頭お持ち帰り価格″0円″の秘密とは?

はじめまして、memn0ckといいます。今回から、日本のケータイ市場について、あれやこれと探っていくことになりました。よろしくお願いします。さて、今週は月曜日にNTTドコモが同社のフラッグシップモデルとなる「FOMA 904i」シリーズを…