ついにデュアルカメラを搭載した5.8インチ4K液晶搭載の最新プレミアムスマホ「Xperia XZ2 Premium SO-04K」を写真と動画で紹介!Xperia XZ2・XZ2 Compactとの違いも確認【レポート】



docomo向け最上級スマホ「Xperia XZ2 Premimu」を紹介!Xperiaの3機種を比較

既報通り、NTTドコモは16日、今夏に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018夏 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、Androidを搭載した最新スマートフォン「Xperia XZ2 Premium SO-04K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発売すると発表した。同社では「Xperia」シリーズとして今夏に他にも「Xperia XZ2 SO-03K」および「Xperia XZ2 Compact SO-05K」も同時に発表、大中小のハイエンドモデルをラインナップする。

発売時期については、Xperia XZ2 SO-03Kが最も早く5月下旬予定、Xperia XZ2 Compact SO-05Kが6月下旬予定しており、一番遅いXperia XZ2 Premium SO-04Kは今夏とだけ案内されているが、Xperiaシリーズのプレミアムモデルを初めて取り扱うauでは「Xperia XZ2 Premium SOV39」が8月中旬以降発売予定となっているため、恐らく同時期の発売になるのではないかと思われる。

すでに各機種ともにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されており、価格(すべて税込)はXperia XZ2 Premium SO-04Kが本体代112,752円、月々サポート適用での実質価格が新規契約・機種変更(契約変更含む)では67,392円、他社から乗り換え(MNP)では50,544円となる。

またXperia XZ2 SO-03Kは本体代94,608円、月々サポート適用で実質価格が47,952円、MNPの場合の実質価格が31,104円、同様にXperia XZ2 Compact SO-05Kは、79,056円、実質価格32,400円、MNPでの実質価格15,552円となっている。詳細な価格についてはすでに紹介しているのでこちらを参照して欲しい。

本記事では発表会の展示会場で3機種を試すことができたので、主にXperia XZ2 Premium SO-04Kのファーストインプレッションを中心に、他のXperiaシリーズを含めた3機種の違いなどをまとめて写真や動画を交えて紹介する。

【まずはXperia XZ2 Premium SO-04Kをチェク】


本体正面

Xperia XZ2 Premium SO-04Kの大きな特徴はやはりこれまで同様の4Kディスプレイに加え、Xperiaシリーズでは初となる背面のデュアルカメラを搭載した点だろう。また4Kディスプレイもこれまでの「Xperia Z5 Premium」や「Xperiz XZ Premium」の5.5インチから5.8インチに大型化している。


本体背面。左がクロムブラック、右がクロムシルバー

本体のサイズは約158mm(高さ)×約80mm(幅)×約11.9mm(厚さ)と大きめだが、手に持ってみると大きさよりもむしろズッシリとした重さが気になる。重量は約230g台になる予定だそうで、Xperia XZ2 SO-03KやXperia XZ2 Compact SO-05Kをはじめとして多くのスマホでは200gを下回っていることを考えると、かなりの重さを感じる。

軽くて薄いスマホを求めるユーザーには少し不向きかもしれないが、一方でこの重厚な雰囲気が「プレミアム感」を醸しているのも確かだ。カラーバリエーションは鏡面仕上げのクロムブラックとクロムシルバーの2色展開で、メインカラーはクロムブラックとなる。


デュアルカメラの解説ボード



暗所撮影のデモスペース

背面のMotion Eye Dualカメラは、通常のカラーセンサーによる約1920万画素裏面照射積層型CMOS+広角レンズ(F値1.8)に加え、モノクロセンサーの約1220万画素裏面照射積層型CMOS+広角レンズ(F値1.6)を搭載する。カラーセンサーのカメラにより明るいレンズとモノクロセンサーカメラを組み合わせることで、肉眼でも視認できないような暗所での撮影が可能になっている。

展示会場では、真っ暗なボックスにケーキのサンプルを置き、Xperia XZ2 Premium SO-04Kがカメラモードで写した様子を確認できるデモスペースがあった。小窓から中を覗いてみても真っ暗でケーキのサンプルを瞬時に視認するのは困難だったが、Xperia XZ2 Premium SO-04Kに写し出されていたものはハッキリとケーキを捉えていた。

静止画撮影時の最大ISOは51200、動画撮影時の最大ISOは12800と、超高感度撮影に対応している。暗い場所での撮影に強いという以外にも、背景をボカしたり、モノクロ撮影であったりといった点もデュアルカメラの機能として備わっている。

今回、NTTドコモから同時に発表された「HUAWEI P20 Pro HW-01K」でもソニー製大型センサーとモノクロセンサーを合わせて超高感度撮影に対応しており、静止画はISO102800とXperia XZ2 Premium SO-04Kを凌ぐものとなっているが、一方で動画についてはISO6400とXperia XZ2 Premium SO-04Kのほうがスペック上は高い性能となっている。


左がストレージ画面、右が端末情報画面

Androidのバージョンは8.0.0(開発コード名:Oreo)、内部ストレージは64GBを搭載している。

【Xperiaシリーズ3機種を比較】


本体正面。左からXperia XZ2 Premium SO-04K、Xperia XZ2 SO-03K、Xperia XZ2 Compact SO-05K

ここからは、Xperia XZ2 Premium SO-04KのほかXperia XZ2 SO-03K、Xperia XZ2 Compact SO-05Kを加え、3機種の違い中心を見ていく。


本体背面。左からXperia XZ2 Premium SO-04K、Xperia XZ2 SO-03K、Xperia XZ2 Compact SO-05K



本体正面に向かって左側面(写真=上)と右側面(写真=下)
下からXperia XZ2 Premium SO-04K、Xperia XZ2 SO-03K、Xperia XZ2 Compact SO-05Kの順に積み重ねている。キーなどの部品レイアウトは同じで、右側面に電源キーや音量上下キー、カメラ・シャッターキーが配置



本体正面に向かって上部側面(写真=上)と下部側面(写真=下)。3機種ともにデュアルステレオスピーカーを搭載しているが、一方で3.5mmイヤホンマイク端子は廃止された

こうして見比べると一目瞭然だが、3機種の中でXperia XZ2 Premium SO-04Kが最も大きく、Xperia XZ2 Compact SO-05Kが最もコンパクトサイズであることが分かる。

3機種の本体のサイズと重さは、以下の通り。
・Xperia XZ2 Premium SO-04K…約158mm(高さ)×約80mm(幅)×約11.9mm(厚さ)、約230g台(重さ)※いずれの数値も予定
・Xperia XZ2 SO-03K…約153mm(高さ)×約72mm(幅)×約11.1mm(厚さ)、約198g(重さ)
・Xperia XZ2 Compact SO-05K…約135mm(高さ)×約65mm(幅)×約12.1mm(厚さ)、約168g(重さ)

ディスプレイサイズと解像度は、
・Xperia XZ2 Premium SO-04K…約5.8インチ4K(2160×3840ドット)
・Xperia XZ2 SO-03K…約5.7インチフルHD+(1080×2160ドット)
・Xperia XZ2 Compact SO-05K…約5.0インチフルHD+(1080×2160ドット)
となっており、解像度はXperia XZ2 Premium SO-04Kが唯一「4K」に対応している。

このことで、4K HDRの撮影は3機種とも対応しているが、4Kでの再生についてはXperia XZ2 Premium SO-04Kのみが対応していることになる。

またディスプレイ解像度が増すと、多くの情報量を画面に映し出すことになるため、その分マシンパワーが必要となる。

それぞれが搭載するチップセット(SoC)と内蔵メモリー(RAM)は、Xperia XZ2 Premium SO-04Kのみが異なる構成となっている。

・Xperia XZ2 Premium SO-04K…Qualcomm SDM845 2.8GHz+1.8GHz(オクタコア)、6GB RAM
・Xperia XZ2 SO-03K…Qualcomm SDM845 2.6GHz+1.7GHz(オクタコア)、4GB RAM
・Xperia XZ2 Compact SO-05K…Qualcomm SDM845 2.6GHz+1.7GHz(オクタコア)、4GB RAM

一方で、Xperia XZ2 Compact SO-05Kは、動画やゲームといったコンテンツにあわせて本体が揺れる「ダイナミックバイブレーションシステム(DVS)」に非対応であったり、ワイヤレス充電(Qi)にも3機種の中で唯一非対応となっている。

またバッテリー容量も、Xperia XZ2 Premium SO-04Kが3400mAh、Xperia XZ2 SO-03Kが3060mAhに対し、Xperia XZ2 Compact SO-05Kは2760mAhと、3機種の中で唯一3000mAhを下回っている。


アプリ一覧画面



ストレージ画面



端末情報画面



3機種の機能対応表

3機種ともに内蔵ストレージは64GB、搭載するAndroidのバージョンも8.0.0と基本的な部分は同等。その他、外部ストレージは400GBのmicroSDXCカードまで対応、防水性能はIPX5、8等級、防塵性能はIP6X、指紋認証、緊急省電力モード、ワンセグおよびフルセグ、ハイレゾ、HDR動画再生、USB Type-C、VoLTEおよびVoLTE(HD+)に各機種ともに対応している。

通信速度については、Xperia XZ2 Premium SO-04KとXperia XZ2 SO-03Kが受信時最大988Mbps、Xperia XZ2 Compact SO-05Kのみが受信時最大644Mbpsとなっており、送信時最大速度は3機種ともに75Mbpsに対応している。

むしろ共通している部分のほうが多いが、SoCやRAM、カメラ、ディスプレイ解像度、ダイナミックバイブレーションシステム、ワイヤレス充電といった比較的重要な点で違いがあるため、購入を検討する際は、必要な機能はしっかりとチェックするようにしよう。

最後に、3機種の主な特徴と違いを説明員に聞いてきたのでその模様を動画で紹介する。


S-MAX:NTTドコモ向け「Xperia XZ2 Compact Xperia XZ2 Compact SO-05K」の主な特徴と「Xperia XZ2 Xperia XZ2 SO-03K」の違いなどを聞いてみた



S-MAX:NTTドコモ向けのXperia「XZ2 Premium Xperia XZ2 Premium SO-04K」「XZ2 Xperia XZ2 SO-03K」「XZ2 Compact Xperia XZ2 Compact SO-05K」を比較!説明員に違いを聞いてみた


【Xperia XZ2シリーズ3機種の主な仕様】
機種名Xperia XZ2 Premium SO-04KXperia XZ2 SO-03KXperia XZ2 Compact SO-05K
寸法(高さ×幅×厚さ:mm)約158×80×11.9約153×72×11.1約135×65×12.1
質量(g)約230台約198約168
OSAndroid 8.0
ディスプレイ
(サイズ:インチ、解像度:ドット、方式、発色数)
約5.8インチ4K(2160×3840ドット)TFT液晶「トリルミナス ディスプレイ for mobile」(1677万色)約5.7インチフルHD+(1080×2160ドット)TFT液晶「トリルミナス ディスプレイ for mobile」(1677万色)約5.0インチフルHD+(1080×2160ドット)TFT液晶「トリルミナス ディスプレイ for mobile」(1677万色)
CPU
(チップ名、クロック)
Snapdragon 845(SDM845)
64bit対応オクタコア(2.8GHz×4+1.8GHz×4)
内蔵メモリ―(RAM)6GB4GB
内蔵ストレージ64GB
外部ストレージ
(最大対応容量)
microSDXC(400GB)
バッテリー容量3400mAh3060mAh2760mAh
防水/防塵○/○(IPX5、8/IP6X)
VoLTE/VoLTE(HD+)○/○
連続待受時間(静止時[自動])
(LTE/3G/GSM:時間)
未定/未定/未定約440/約490/約380約430/約460/約360
連続通話時間
(LTE/3G/GSM:分)
未定/未定/未定約1480/約1030/約640約1380/約990/約580
電池持ち時間(時間)未定約125未定
通信速度(LTE、受信時最大/送信時最大)988Mbps/75Mbps644Mbps/75Mbps
Wi-Fi
(対応規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac)
○/○/○/○/○
Bluetooth(対応バ―ジョン)○(5.0)
赤外線
背面カメラ
(有効画素数、F値)
Motion Eye Dualカメラ、約1920万画素裏面照射積層型カラーCMOS(F1.8)+約1220万画素裏面照射積層型モノクロCMOS(F1.6)Motion Eyeカメラ、約1920万画素裏面照射積層型CMOS(F2.0)
前面カメラ
(有効画素数、F値)
約1320万画素裏面照射積層型CMOS(F2.0)約500万画素裏面照射型CMOS(F2.2)
おサイフケ―タイ(FeliCa/NFC[FeliCa搭載])―/○
ワンセグ/フルセグ○/○○/―
生体認証○(指紋)
スグ電
エリアメ―ル
非常用節電機能○(緊急省電力モード)
ハイレゾ音源
HDR動画再生対応
UIMカ―ドnanoUIM
充電端子USB Type-C
カラ―Chrome Black
Chrome Silver
Deep Green
Liquid Silver
Liquid Black
Ash Pink
White Silver
Black
Moss Green
Coral Pink
メ―カ―ソニ―モバイルコミュニケ―ションズ



記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Xperia XZ2 Premium 関連記事一覧 - S-MAX

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…