2018 Japan IT week 春:トランセンド、スマホ連携可能で暗所撮影にも対応したタフネス仕様のウェアラブルカメラ「Transcend DrivePro Body 30」を展示【レポート】



発生状況をバッチリ記録できる法人向けの超高性能ウェアラブルカメラがトランセンドから登場!

2018年5月9日(水)から5月11日(金)の3日間、東京・お台場の東京ビッグサイトにて13のIT関連展示会が合同で開催される国内最大のIT総合イベント「2018 Japan IT week 春」(主催:リードエグジビジョンジャパン)が開催されました。

本記事では、スマホ(スマートフォン)・タブレットの必需品のメモリーカードやPCには必須のパーツとなるHDDやSSDを開発・販売しているトランセンドのブースにて、法人向けに発売されたばかりの高い堅牢性と高解像度で長時間の録画が可能なウェアラブルカメラ、「DrivePro Body 30」を展示していたので紹介します。【高精細でタフネスなウェアラブルカメラ DrivePro Body 30】

「DrivePro Body 30」(トランセンド製)

DrivePro Body 30はトランセンドから法人向けに販売されているウェアラブルカメラで、外付けのケースなどを装着しない状態でのIP67の防水・防塵機能に加え、MIL-STD(米軍調達基準)準拠の耐衝撃性を備えたタフネスモデルなウェアラブルカメラとなっています。本体価格は6万円前後(法人向け価格)


DrivePro Body 30の前面(左側)および背面(右側)

本体正面側にはメインカメラ、暗所撮影用赤外線LED、電源ボタン、スマップショットボタン(後述)、動画撮影用マイク、動画撮影中を知らせるランプがあります。背面側には製品情報や各認証マークなどが書かれたシールが貼られています。


天面および底面(写真=左)と左側面および右側面(写真=右)

天面側には充電時やPCと接続した際に転倒する通知ランプにバッテリー残量を表示するランプとストラップホールがあります。底面側には本体のリセットボタンとPC接続用の接続ソケット(3.5mm端子をUSB接続に変換するタイプ)が配置されています。

そのほか、左側面にはステータスボタン、右側面には補助ボタンがあります。(これらのボタンはスマホとのペアリングや撮影時の音声録音のオンオフなどに使用します)

外形は高さ95.9mm x 横幅52.2mm x 厚さ27.6mmで、本体重量は約130g。本体メモリは64GBで、フル充電の状態から、最大約12時間の動画撮影が可能です。なお、外部メモリーカードスロットは非搭載。

バッテリー容量は3120mAhで、本機の動作環境温度は-20℃ 〜 65℃となります

カメラ機能としてはF値2.0で、Viewing angleは対角130度、フルHD(1920×1080)解像度の30fpsの動画撮影が可能なほか、本体正面についているスナップショットボタンを押すことで、録画中でも写真の撮影ができます。

イメージセンサーには同社のドライブレコーダーと同じく、スマートフォンやタブレットユーザーにはお馴染みのソニー製イメージセンサーである「Exmorシリーズ」(エクスモア)センサーを採用しており、鮮明な撮影が可能です。

ソニー製のイメージセンサー「Exmor」(エクスモア)搭載で鮮明な撮影が可能

ウェアラブルカメラとしては警備員や工場の見回りや救急といったレスキューのスタッフが装着しての利用を想定しており、付属のクリップを使って胸ポケットに固定して使うことができます。

付属のクリップで胸ポケットなどに挟んで固定して使える

ウェアラブルカメラとして、本機の特徴的な機能では暗所撮影にも対応。暗い場所においては自動で赤外線LED撮影モードに変わり、暗所の撮影においても威力を発揮します。(赤外線LED撮影時はモノクロ撮影となります)

ウェアラブルカメラではありますが、高いタフネス性を活かして固定しての定点撮影にも便利で、Androidおよび、iOS向けに配信されているスマートフォン・タブレット用アプリ「 DrivePro Body App」を使うことで、手持ちのスマートフォンから各種操作や録画した動画の受け取りなども行うこともできます。

その他に、Windows用の管理ソフト「DrivePro Body Toolbox」を使うことで、詳細な録画の設定(録画の開始・終了時間の指定)や動画をPCに移したりできます。

DrivePro Body 30の概要の書かれたポップ

現在は法人向けのみの取り扱いで、コンシューマ向けには販売されてはいませんが、説明員によると「具体的な日程については未定ではあるが、いずれは一般向けの販売も行う予定である」ということです。

海外ではその強靭性に注目したアウトドア派のユーザーが登山やサイクリングなどに使っているということで、タフネスモデルのウェアラブルカメラとして一般向けにも期待したいですね!(ちなみに米Amazonなどの海外のWeb通販サイトなどでは普通に販売されている)

また、トランセンドのブースではSSDやメモリーカードなどのモジュールや今回のウェアラブルカメラと同様に高精細な録画が特徴で高い支持を持つドライブレコーダーなども展示されていました。



コンシューマーからの支持も高いドライブレコーダーやSSDや各種ストレージなどが展示されていた


記事執筆:河童丸


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・トランセンド|メモリ製品のスペシャリスト
・Japan IT Week

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【デジカメ調査室】冴え渡る高感度!夜間撮影を極めたオリンパス「FE-250」

オリンパスから2007年2月に発売された薄型デジカメCAMEDIA「FE-250」は、ケタ違いの世界最高感度「ISO10,000」と800万画素の高画質を誇る。FEシリーズの最高級モデルとして君臨する、まさにスゴ腕の“超高感度”デジカメだ。本体カラーは…

【デジカメ調査室】超高倍率ズーム搭載!遠くの被写体もバッチリ撮影「CAMEDIA SP-550UZ」

オリンパスより、光学で18倍という超望遠ズームを搭載するコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA SP-550UZ」が発売された。価格は、店頭価格で54,800円前後。レンズ交換やコンバーションレンズを取り付けることなく28-504mm(35mm相当)の…

【気になるトレンド用語】電光石火のゼロデイ攻撃!防御は可能なのか?

パソコンを使っていると、セキュリティホールや脆弱性(ぜいじゃくせい)、ゼロデイ攻撃されたなど、なにやら危険そうなニュースを目にすることが多くなりました。記憶に新しいところでは、よく仕事で使っている、マイクロソフトOffice…

【ケータイの疑問】2in1でドコモの反撃はあるのか? 2007年夏モデルにみるドコモの可能性

例年通り5月のゴールデンウィークを明けてから、auやソフトバンクの2007年夏モデルも発表されました。また、各社の2007年3月度の決算発表も行われ、MNP以降の各社の明暗が鮮明になりました。2007年4月のMNP利用動向では、ついにソフ…