KDDI、au向け2016年夏モデルのハイエンドスマホ「HTC 10 HTV32」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を5月17日10時より提供開始



au向けスマホ「HTC 10 HTV32」がAndroid 8.0 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は16日、au向け「2016年夏モデル」として発売したスマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2018年5月17日(木)10時より提供開始するとお知らせしています。

ソフトウェア更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線によるOTAによる方法が用意されており、更新にかかる時間は約60分。ただし、回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があるとのこと。

アップデートファイルは本体のみの場合で約1.7GBとサイズが大きいため、Wi-Fiの利用を推奨しており、4G通信を利用する場合は通信容量に注意するように案内されています。

なお、実施するには最新のソフトウェアバージョン「2.42.970.18」にアップデートしておく必要があります。また更新時には内蔵ストレージが約1.8GB以上の空き容量と本体を充電しながら本体の電池残量が十分な状態(フル充電)で実施するように案内されています。主な更新内容は以下の通り。

◯主な改善内容
1)ピクチャ イン ピクチャ(PIP)モードはAndroid端末でも利用できるようになります。
2)通知パネルの通知が、アプリ名や通知時間が表示されるようになり、より分かりやすくなりました。
3)アプリトレイ(アプリ一覧)の表示方法がホーム画面で上にスワイプするように変更されます。
4)ホーム画面にあるGoogle音声検索のロゴは「G」の一文字に変わります。
5)バージョンアップ後に「ダウンロード」機能のアイコン名称が「ファイル」に変わります。
6)アプリがバックグラウンドで実行されている場合、通知欄に実行中のアプリ名が表示されます。
7)指紋スキャナに「スキャナ時にバイブレーションする」機能が追加されます。

◯主な削除項目
8)OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
・ユーザー補助の設定画面にて「パスワードの音声出力」機能が削除されます。
・OSアップデート前のデフォルトの設定はOFFでした。
・「サウンドと通知」設定画面にて「通知アクセス」と「通知オフアクセス」機能が削除されます。
・「言語とキーボード」設定画面にて下記機能が削除されます。
 ・「仮想キーボード」→「iWnn IME」配下の「入力言語」機能が削除されます。
 ・「テキスト読み上げ」配下の「デフォルトの言語」機能が削除されます。
 ・「テキスト読み上げ」→「【歯車】ボタン」→「Googleテキスト読み上げエンジンの設定」配下の「音声を自動更新」機能が削除されます。

・「連絡先」設定画面にて「電話」→右上メニュータブ配下の「サウンド」と「バイブレーション」削除されます。
・「ストレージ」設定画面にて「本体メモリの暗号化」機能が削除されます。
・「詳細」設定画面にて「データ使用累計」配下の「電話データ使用量」機能および「USB接続」配下の「高速ファイル転送」機能が削除されます。
・「電池」設定画面にて「履歴」機能が削除されます。
・「WiFi」設定画面にて下記機能が削除されます。
・右上メニュータブ配下の「スキャン」機能が削除されます。
・右上メニュータブ→「詳細設定」配下の「Wi-Fi最適化」と「ヒントとヘルプ」機能が削除されます。
・「セキュリティ」設定画面にて「不明な提供元」機能が削除されます。
・「ディスプレイ、ジェスチャ、ボタン」設定画面にて「スクリーンセーバー」配下の「News Republic」、「カラー」「フォト」の【歯車】タブ配下の「全ての写真」機能が削除されます。
・「RealTimes For au」(2017年11月30日サービス終了)アプリが削除されます。
・「音声検索」アプリが削除されます。音声検索はクイック検索ボックスなどでご利用できます。
9)その他OSアップデートにおける機能追加・変更内容・削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更内容・削除項目について(9.7MB)[PDF]

※更新されるソフトウエアには、上記以外に、より快適にHTC 10 HTV32をご利用いただくための改善内容が含まれております。





PIP機能



通知パネル



アプリトレイ表示方法



ホーム画面にあるGoogle音声検索のロゴ

auではAndroid 8.x OreoへのOSバージョンアップ提供予定機種一覧を案内しており、昨年12月より各機種に順次Android 8.x OreoへのOSバージョンアップが提供されており、HTC製についてもより新しい「[[HTC U11(型番:HTV33)]]」がすでにAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップが提供開始されていましたが、新たにHTC 10 HTV32についても提供開始されることになりました。

なお、HTC 10 HTV32は発売時にはAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を搭載しており、昨年4月にAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)へのOSバージョンアップが提供開始されているため、今回で2回目のOSバージョンアップとなります。最近は2回、3回とOSバージョンアップされる機種が増えているのはユーザーとしては嬉しいところ。

更新はアプリ一覧から「設定」→「バージョン情報」→「ソフトウエアアップデート」を選択し、画面の案内に従って操作を行うことで行います。詳細は「ソフトウエアアップデートガイド(HTC 10 HTV32)(635KB)(PDF)」にてご確認ください。更新後のソフトウェアバージョン(ビルド番号)は「3.22.970.9」。ビルド番号の確認方法は「設定」→「バージョン情報」→「ソフトウエア情報」から。なお、更新後のAndroidセキュリティパッチレベルは「2018年2月1日」となるとのこと。

なお、OSバージョンアップ後は画面デザインや一部の操作方法が変更となりため、事前に変更点を確認するようにお知らせしています。またOSバージョンアップにて状況によってデータが失われる可能性があるとし、auではアドレス帳やEメールなどの大切なデータは必ずバックアップを取ってから実施するよう案内しています。その他の注意点は以下の通り。

・OSアップデートはお客さまの責任において実施してください。
・OSアップデートを行うとAndroid 7.0に戻すことはできません。
・OSアップデートにより、お客さまのauスマートフォンはAndroid 8.0に変更され、画面操作や機能が変更されます。
・OSアップデートは更新のための通知が表示されOKを押すと更新が始まりますが、更新前には必ずauホームページ記載の更新内容と注意事項をご確認の上実施してください。
・OSアップデート中は110番、119番、118番への電話も含め、メール送受信などすべての機能は操作できません。
・OSアップデートは所要時間が最大約60分となりますので、本体を充電しながら、電池残量が十分な状態(フル充電)で実施してください。
・4G(LTE/WiMAX 2+)通信(以下au通信)を利用したソフトウエア更新を実施した場合のパケット通信料は有料となります。
・このため、パケット通信料が高額になるため「LTE NET」および「LTE フラット」などのパケット通信料割引サービス/データ定額サービスへのご加入をご確認の上実施してください。
・au通信を利用した場合、データ通信量が月間データ容量を超えると、当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsとなりますのでご注意ください。(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます)
・OSアップデートを行う際は通信が切断されないよう、電波が強く安定している状態で、移動せずに実施してください。
・OSアップデート中は、絶対に本体の電源をOFFにしないでください。故障の原因となる場合があります。
・OSアップデートにて本体に登録された各種データや設定情報が変更されることはありませんが、お客さまの端末の状況などによりデータが失われる可能性がありますので、アドレス帳やEメールなどの大切なデータは必ずバックアップを取ってから実施してください。
 ・HTC 10 HTV32 取扱説明書
 ・データお預かりアプリ
・アップデート実施後に初めて起動したときは、データ更新処理のため、数分から数十分間、動作が遅くなる場合があります。(所要時間は本端末内のデータ量により異なります。通常の動作速度に戻るまでは電源を切らないでください。)
・OSアップデート実施後に初めてKDDI Eメールアプリ(@ezweb.ne.jp)を起動したときは、数分から数十分程度データ更新処理を行うため、メールの閲覧、送受信ができません。(所要時間はメールの保存件数や容量により異なります。データ処理完了まで電源を切らないでください。)
・海外でローミングサービスをご利用の際は、モバイルネットワーク(海外CDMA/海外UMTS/海外GSM接続)でのOSアップデートの検索やダウンロードはできません。
・Android 7.0で動作しているアプリケーションのAndroid 8.0上での動作は保証できません。アプリケーションの対応OSなどをご確認の上、OSアップデートを実施してください。




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HTC 10 関連記事一覧 - S-MAX
・HTC 10(エイチティーシー テン) HTV32 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

スリープモードも機能!BlackBerry Bold専用ポーチが登場

ポケットシステムズはBlackBerry Bold専用のレザーケース「PDair ダブルスリープ ポーチ for BlackBerry Bold」の発売を開始した。価格は3,480円(税込み)。カラーはブラックのみ。「PDair ダブルスリープ ポーチ for BlackBerry Bold…

デジカメみたいに使っちゃおう カメラ機能満載のムービーカメラ【思わず撮りたくなるHDカメラ】

最近、デジタルムービーカメラがすごいって知ってる?動画ならケータイやデジカメでも撮れるからいらない。なんて思ってる あなたはアウト!時代にしっかり乗り遅れてること、間違いなし。デジタルムービーカメラは、ケータイやデジカメ…

ネットブックとモバイラーの救世主!次世代の高速データ通信「WILLCOM CORE XGP」【最新ハイテク講座】

低価格なインターネット端末としてネットブックが急速に普及しているが、インターネット利用がメインであるネットブックの一番の悩みは屋外での通信環境だ。ネットブックには、無線LAN機能を備えたマシンも多いが、屋外で利用可能な無線…

面倒な接待が簡単になった!家庭でもスイスイPC同士のデータ共有【いまから知っ得 Windows 7】

今ではパソコンもずいぶんと安くなったものだ。ネットブックの登場が低価格パソコンの増加に拍車を掛けているわけだが、パソコンの価格が安くなれば、パソコンも一家に一台からひとり1台、一人2台などと増えた人も多いだろう。家庭や職…

日本初のAndroid搭載ケータイ「HT-03A」が7月10日に発売決定

NTTドコモは2009年7月1日、OSにグーグルのAndroidを搭載した携帯電話「docomo PRO series HT-03A(以下、HT-03A)」を、2009年7月10日より発売すると発表した。HT-03Aは、日本初のAndroid搭載ケータイ。Gmailを自動で受信したり、Google…