NTTドコモが国内最速の下り最大988Mbpsや5波CA、上り最大75Mbpsを5月18日より提供!Xperia XZ2 Premium・XZ2やGalaxy S9・S9+、AQUOS R2、HUAWEI P20 Proなどが対応



docomoが国内最速の下り最大988Mbpsをスタート!CA組み合わせも紹介

NTTドコモは16日、今夏に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018夏 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、新たに「2018年夏モデル」として10機種のAndroidスマートフォン(スマホ)と1機種のAndroidタブレットなどを発表しました。

またこれらの2018年夏モデルのうちの最も早く投入される「Galaxy S9 SC-02K」および「Galaxy S9+ SC-03K」の発売に合わせて2018年5月18日(金)より高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」において国内最速となる下り最大988Mbpsを提供します。

対応機種はGalaxy S9 SC-02KおよびGalaxy S9+ SC-03Kのほか、「Xperia XZ2 Premium SO-04K」および「Xperia XZ2 SO-03K」、「AQUOS R2 SH-03K」、「HUAWEI P20 Pro HW-01K」の6機種で、256QAMと4x4 MIMO、3つの周波数帯を束ねたキャリアアグリゲーション(3CA)によって実現します。

サービス開始当初の提供エリアは東名阪の主要駅や東京ディズニーリゾート、ユニバーサルスタジオなど。また同社では初の5波のCA(5CA)も対応し、東名阪では下り最大794Mbps、全国では下り最大744Mbpsに対応。対応機種は同じ6機種。また64QAMを導入して高速化する上り最大75Mbpsについても上記6機種に「Xperia XZ2 Compact SO-05K」を加えた7機種が対応。


NTTドコモでは現在、PREMIUM 4Gにて理論値で下り最大788Mbpsおよび上り最大50Mbpsのサービスを提供していますが、これはTD-LTE方式の3.5GHz帯(Band 42)で256QAMや4×4 MIMOを導入した2波(最大294Mbps×2)、そしてFDD-LTE方式の1.7GHz帯(Band 3)で256QAMを導入した1波(最大200Mbps)を合わせた3CAで実現しています。

これに対し、下り最大988Mbpsはこの1.7GHz帯の1波についても4×4 MIMOを導入して最大400Mbpsにすることで、294+294+400Mbps=988Mbpsとなり、1.7GHz帯を利用するため、エリアは東名阪のみとなります。

さらに3.5GHz帯×2+1.7GHz帯+2.1GHz帯(Band 1)の4波のCA(4CC CA)、3.5GHz帯×2+1.7GHz帯+2.1GHz帯+800MHz帯(Band 19)の5CAも導入されます。なお、2018年5月時点で同社の下りにおけるCAの組み合わせは以下の23パターンとなります。


下り約1Gbpsとなる988Mbpsの組み合わせ


【NTTドコモの利用バンドと対応周波数帯】
通信方式バンド周波数帯
FDD-LTE方式Band 12.1GHz帯
Band 31.7GHz帯(東名阪のみ)
Band 19800MHz帯
Band 211.5GHz帯
Band 28700MHz帯
TD-LTE方式Band 423.5GHz帯


【NTTドコモの2018年夏時点における受信時CA組み合わせ】
No.CA組み合わせ下り最大速度(理論値)
1Band 1+Band 3最大550Mbps
2Band 1+Band 19最大300Mbps
3Band 1+Band 21最大300Mbps
4Band 3+Band 19最大550Mbps
5Band 19+Band 21最大300Mbps
6Band 1+Band 21+Band 19最大450Mbps
7Band 1+Band 3+Band 19最大700Mbps
8Band 1+Band 42+Band 42最大738Mbps
9Band 3+Band 42+Band 42最大988Mbps
10Band 19+Band 42+42最大738Mbps
11Band 21+Band 42+Band 42最大738Mbps
12Band 1+Band 19+Band 42+Band 42最大888Mbps
13Band 1+Band 21+Band 42+Band 42最大888Mbps
14Band 1+Band 3+Band 42+Band 42最大938Mbps
15Band 3+Band 19+Band 42+Band 42最大938Mbps
16Band 19+Band 21+Band 42+Band 42最大888Mbps
17Band 1+Band 19+Band 21+Band 42+Band 42最大744Mbps
18Band 1+Band 3+Band 19+Band 42+Band 42最大794Mbps
19Band 1+Band 28最大250Mbps
20Band 3+Band 28最大500Mbps
21Band 21+Band 28最大250Mbps
22Band 1+Band 3+Band 28最大650Mbps
23Band 1+Band 21+Band 28最大400Mbps

さらに上りについては多値変調方式を現在の16QAMから64QAMにすることで約1.5倍のデータ量となる最大75Mbpsにするとのことで、2018年度以降には恐らくauが導入したように上りにもCAを導入したりするなどして100Mbps以上にする計画だということです。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・報道発表資料 : 2018年夏 新商品11機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
・PREMIUM 4G 〜LTEは次のステージへ〜 | エリア | NTTドコモ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

ケータイでFTTH並みの速度を実現!次世代の通信規格「LTE」の最前線【最新ハイテク講座】

最近の携帯電話は、メール機能や音楽再生機能、デジカメ機能など多機能化が進んでいるが、そんな携帯電話に新たな展開が見え始めている。総務省は2009年1月23日、「3.9世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設に関する指針…

国内初のグーグルケータイ登場!地磁気センサーで星座も方位も一発表示【09夏ケータイ ドコモ編】

2009年5月19日、NTTドコモは国内初となるAndroid搭載のスマートフォン「HT-03A」を発表した。「HT-03A」は、HTC社製「HTC Magic」の国内向けモデルとなる。「HT-03A」は、地磁気センサーの搭載により羅針盤機能を利用することができる。…

4.1インチ大画面、1Ghz CPU搭載のインターネットケータイ「T-01A」【09夏ケータイ ドコモ編】

NTTドコモの09夏モデルのPROシリーズはホットだ。国内初のAndroidケータイHT-03Aの登場だけではない。4.1インチという最大級の大画面液晶を搭載する東芝製インターネットケータイ「T-01A」も同時に出現だ。OSにWindows mobile 6.1を採用…

NERV仕様エヴァンゲリヲンケータイ 3万台限定で発進【09夏ケータイ ドコモ編】

ドコモの09夏ケータイの目玉は、エヴァンゲリヲンとのコラボレーションの「エヴァンゲリヲンケータイ SH-06A NERV」だ。「SH-06A NERV」は、「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」の劇中でも登場するNERVの官給品をコンセプトとした特別仕様…

発売前に徹底チェック!最速スマートフォン NTT docomo 「T-01A」のブロガー内覧会が開催

19日にNTTドコモから発表された東芝製スマートフォン「T-01A」のブロガー内覧会5月22日(金)に開催される。今回の内覧会は、現在発売されているスマートフォン中でも最速とも評価されている「T-01A」を発売前にブロガーを対象に体験する…