NTTドコモ、ビジネス向けタフネススマホ「TOUGHBOOK P-01K」を発表!1000回の連続落下試験などをクリアし、過酷な世界の現場で鍛えられた頑丈性能装備



docomoからタフネススマホ「TOUGHBOOK P-01K」が登場!

NTTドコモは16日、今夏に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018夏 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、主に法人向けのタフネス仕様を備えた約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶搭載の
Android 8.1(開発コード名:Oreo)スマートフォン(スマホ) 「TOUGHBOOK P-01K」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ
製)を発表しています。

発売時期は今夏を予定し、ドコモショップや同社の法人窓口などで販売される見込み。これまで独自に「TOUGHPAD」シリーズなどの法人向けタフネス製品を展開していましたが、特殊用途ながら久しぶりにPansonicブランドのスマホがNTTドコモから販売されます。


TOUGHBOOK P-01Kは“BOOK”と名付けられていますが、画面は5インチサイズで音声通話にも対応しているれっきとしたスマホで、耐衝撃性能に注力して他社などで採用されている“タフネス”の基準でもある米国国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)により過酷な1000回の連続落下試験や1.8mの高さからの落下試験をクリアしています。

また衝撃吸収構造によって内部基板への衝撃も緩和する設計となっており、不意な落下や衝撃が起こりうるタフな現場でも安心だとし、世界の工事現場などで鍛えられた頑丈性能を備えています。画面を保護するのは割れにくく傷つきにくい旭硝子製強化ガラス「Dragontrail Pro」を採用。

さらに落下試験とは別に80cmの高さから液晶面に300gの鋼球を落とす独自試験に耐える内部設計となっており、標準仕様で液晶保護フィルムが貼り付けてあるため、ガラス割れの起点となる細かなキズも付きにくく、割れてしまった場合にもガラス破片が飛散しにくくなっています。

加えて、高・低温環境、配送による振動、工場内の粉塵など、ビジネスにおけるさまざまさまざまな環境下での利用が可能。もちろんIP66およびIP68に準拠した防塵・防滴・防水性能や耐衝撃など、多数のMIL規格にも準拠し、いろいろなビジネスの現場に対応しているとしています。

実際に現場で使う場合にもマイクを3か所に配置し、周囲のノイズを感知して打ち消す「ノイズサプレッサー機能」を搭載し、周囲が騒がしい工事現場や交通量の多い道路沿いでも相手が聞き取りやすいクリアな通話を実現。

水に濡れた手や手袋を装着してもタッチ操作が可能な「水滴モード」および「手袋モード」を搭載しているため、雨天屋外の現場や手袋装着義務付けの現場などでは、操作モードの切り替えにより手間なく操作可能です。

また良く使う機能をワンタッチで起動可能なショートカットキーを搭載し、手袋装着時でも押しやすいように大きく両サイドにボタンを配置。ボタンを押すだけでアプリ起動や水滴モード・手袋モードなどのモード切替が可能で業務が円滑になるということです。

2段階のロック構造で落下時にバッテリーが外れにくいく、ロックを外せば簡単に電池パックの交換ができるので、ビジネス用として長期間の利用にも最適とのこと。

その他、業務利用を前提としたシンプルなデザイン・設計となっており、業務場面で利用されるアプリが厳選してプリインストールされています。カメラやWebブラウザーなど、ユーザーの利用シーンに合わせて機能を制限してセキュリティーを向上させることが可能な機能制限ツールにも対応。

機種名TOUGHBOOK P-01K
寸法(高さ×幅×厚さ:mm)約154×75×13.1
質量(g)約230台
OSAndroid 8.1
ディスプレイ
(サイズ:インチ、解像度:ドット、方式、発色数)
約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶(1677万色)
CPU
(チップ名、クロック)
Qualcomm Snapdragon 210(MSM8909)
64bit対応クアッドコア(1.1GHz×4)
内蔵メモリ―(RAM)2GB
内蔵ストレージ16GB
外部ストレージ
(最大対応容量)
未定
バッテリー容量3200mAh
防水/防塵○/○(IPX6、8/IP6X)
VoLTE/VoLTE(HD+)○/―
連続待受時間(静止時[自動])
(LTE/3G/GSM:時間)
未定/未定/未定
連続通話時間
(LTE/3G/GSM:分)
未定/未定/未定
電池持ち時間(時間)未定
通信速度(LTE、受信時最大/送信時最大)150Mbps/50Mbps
Wi-Fi
(対応規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac)
―/○/○/○/―
Bluetooth(対応バ―ジョン)○(4.2)
赤外線
背面カメラ
(有効画素数、F値)
約800万画素裏面照射型CMOS(F2.4)
前面カメラ
(有効画素数、F値)
おサイフケ―タイ(FeliCa/NFC[FeliCa搭載])―/―
ワンセグ/フルセグ―/―
生体認証
スグ電
エリアメ―ル
非常用節電機能
ハイレゾ音源
HDR動画再生対応
UIMカ―ドnanoUIM
充電端子USB micro-B
カラーBlack
メ―カ―パナソニック モバイルコミュニケーションズ



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・報道発表資料 : 2018年夏 新商品11機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…