NTTドコモ、最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」を発表!おサイフケータイ対応で、光学3倍ズーム相当に対応したトリプルカメラや6.1インチFHD+縦長画面など



docomo向けに最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」が登場!

NTTドコモは16日、今夏に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018夏 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、アスペクト比9:19の縦長な約6.1インチフルHD+(1080×2244ドット)有機ELディスプレイ(約408ppi)を搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro HW-01K」(Huawei Technologies製)を発表しています。

発売時期は2018年6月下旬を予定し、すでに本日5月16日12時からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格(税込)は本体代金が103,680円(分割4,320円/月×24回)で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更(契約変更含む)なら57,024円(分割2,376円/月×24回)、他社から乗り換え(MNP)なら22,680円(分割945円/月×24回)。


HUAWEI P20 Pro HW-01Kは海外では今年3月に発表されたHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)の最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20 Pro」のNTTドコモ版で、日本でははじめて発売が発表されました。これまでファーウェイのフラッグシップは日本ではSIMフリー製品として販売されてきましたが、auやSoftBankに続いてNTTドコモでも2013年5月に発売した「Ascend D2 HW-03E」以外の5年ぶりのファーウェイのスマホとなります。

NTTドコモ版は日本向けとしておサイフケータイ(FeliCa)に対応し、NTTドコモの携帯電話ネットワークでは下り最大988Mbpsおよび上り最大75Mbpsに対応するほか、5波のキャリアアグリゲーション(CA)も利用可能です。また高音質通話サービス「VoLTE」や「VoLTE(HD+)」もサポート。一方で電池パックの容量が海外版では4000mAhとなっていますが、HUAWEI P20 Pro HW-01Kは若干少ない3900mAhバッテリーとなっています。なお、日本でのHUAWEI P20 Proの販売はNTTドコモのみとのこと。

外観は6.1インチサイズの“ほぼ全画面デザイン”となっていますが、画面上部中央には切り欠き(いわゆる「ノッチ」)があり、さらにディスプレイの下中央には指紋センサーを兼ねたホームキーが配置されています。


注目はやはり背面にある「ライカ(Leica)」がレンズを提供し、画質のチューニングを行なった“トリプルカメラ”を搭載している点で、約4000万画素カラー裏面照射型CMOS(F1.8・画角78°)+約2000万画素モノクロ裏面照射型CMOS(F1.6・画角78°)+約800万画素裏面照射型CMOS(F2.4・画角30°)という構成となっています。これにより、3つめのカメラのレンズが3倍望遠「VARIO-SUMMILUX-H 1:1.6-2.4/27-80ASPH」となっているため、画像の劣化がないズームとしては5倍相当のハイブリッドズームに対応します。

また1つめのメインカメラのセンサーは1/1.7型とセンサーサイズが大きくかつ高画素なことに加え、2つめのモノクロセンサーと組み合わせることで暗所での撮影に強い高ISO(静止画で最大102400、動画で最大6400)に対応し、暗いところや夜景の撮影が非常に綺麗になっています。さらにオートフォーカス(AF)や手ブレ補正にAI(人工知能)を活用することで「4D動体予測」や「HUAWEI AIS」を導入し、ファーウェイでは「三脚がいらない」と訴求しています。

動画撮影は4Kムービー撮影やセンサーがソニー製となっており、Xperiaシリーズで対応していた960fpsスーパースローモーション撮影(HDのみ)にも対応。フロントカメラも約2400万画素裏面照射型CMOS(F2.0・画角78°)を搭載し、AIによる3Dポートレートライティング機能が追加されました。

本体カラーは海外では4色ありますが、NTTドコモからはMidnight BlueとBlackの2色が販売され、若干奇抜なTwilightはラインナップされていません。また背面パネルが前機種「HUAWEI P10」シリーズのメタル素材からガラス素材に変更しており、側面はメタルフレームを採用。

サイズは約155×74×7.9mm、質量は約180g。防水(IPX7準拠)および防塵(IP6X準拠)にも対応。連続待受時間(静止時)はLTEで約330時間、3Gで約360時間、2Gで約240時間、連続通話時間(静止時)はLTEで約920分、3Gで約920分、2Gで約910分、電池持ち時間は未定。

充電・外部接続端子はUSB Type-C(USB 3.1 Gen 1)を採用し、OTGやMTP、PTP、Audio、PD、DPにも対応。本体右側面には電源キーと音量上下キーを搭載し、本体下部と上部に外部スピーカーを配置したステレオに対応しており、立体音響技術「Dolby Atmos」にも対応しています。

チップセット(SoC)にはAI処理に特化した「Neural Network Processing Unit(NPU)」や自社開発のデュアルISPを内蔵したHiSillicon製「Kirin 970」(オクタコアCPU「2.4GHz×4コア+1.8GHz×4コア」、GPU「Mali-G72MP12」)を搭載し、高い性能を備えています。

その他の仕様では6GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)や128GB内蔵ストレージ、2.4GHzおよび5.xGHzデュアルバンドでIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2(aptX・aptX HD・LDAC対応)、NFC Type A/B、位置情報取得(A-GPS・GLONASS・BDS)、重力センサー、近接センサー、環境光センサー、色温度センサー、ジャイロセンサー、ホールセンサー、電子コンパスなど。

なお、microSDカードスロットや3.5mmイヤホンマイク端子はないのでご注意ください。有線でイヤホン・ヘッドホンを利用する場合には同梱のUSB Type-Cから3.5mmイヤホンマイク端子に変換するアダプターを利用します。ワンセグ・フルセグにも非対応。SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズが1つのシングルSIMに。その他、顔認証やウルトラ省電力モード、ハイレゾ音源、HDR動画再生に対応。

機種名HUAWEI P20 Pro HW-01K
寸法(高さ×幅×厚さ:mm)約155×74×7.9
質量(g)約180
OSAndroid 8.1
ディスプレイ
(サイズ:インチ、解像度:ドット、方式、発色数)
約6.1インチフルHD+(1080×2240ドット)有機EL(1677万色)
CPU
(チップ名、クロック)
HUAWEI Kirin 970
64bit対応オクタコア(2.4GHz×4+1.8GHz×4)
内蔵メモリ―(RAM)6GB
内蔵ストレージ128GB
外部ストレージ
(最大対応容量)
バッテリー容量3900mAh
防水/防塵○/○(IPX7/IP6X)
VoLTE/VoLTE(HD+)○/○
連続待受時間(静止時[自動])
(LTE/3G/GSM:時間)
約330/約360/約240
連続通話時間
(LTE/3G/GSM:分)
約920/約920/約910
電池持ち時間(時間)未定
通信速度(LTE、受信時最大/送信時最大)988Mbps/75Mbps
Wi-Fi
(対応規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac)
○/○/○/○/○
Bluetooth(対応バ―ジョン)○(4.2)
赤外線△(リモコンのみ)
背面カメラ
(有効画素数、F値)
約4000万画素裏面照射型カラーCMOS(F1.8)+約2000万画素裏面照射型モノクロCMOS(F1.6)+約800万画素面照射型カラーCMOS(F2.4)
前面カメラ
(有効画素数、F値)
約2400万画素裏面照射型CMOS(F2.0)
おサイフケ―タイ(FeliCa/NFC[FeliCa搭載])―/○
ワンセグ/フルセグ―/―
生体認証○(指紋、顔)
スグ電
エリアメ―ル
非常用節電機能○(ウルトラ省電力モード)
ハイレゾ音源
HDR動画再生対応
UIMカ―ドnanoUIM
充電端子USB Type-C
カラーMidnight Blue
Black
メ―カ―Huawei Technologies



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HUAWEI P20 Pro 関連記事一覧 - S-MAX
・報道発表資料 : 2018年夏 新商品11機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
・世界初*LeicaのトリプルカメラとAIを搭載した フラッグシップモデル 『HUAWEI P20 Pro』 、満を持してドコモから登場
・HUAWEI P20 Pro HW-01K | 製品 | NTTドコモ
・HUAWEI P20 Pro スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…