自宅がルーヴル美術館に大変身!家にいながらにして3万点以上の名画が鑑賞できる電子キャンバス


スマートライフ研究所は、3万点以上もの名画を自動で次々に映し出す、自宅にいながら美術館のように多くの絵画が鑑賞できる、電子キャンバス「ミューラル」の発売を開始する。価格はスタンダード(ホワイトもしくはブラック)が9万9,000円、プレミア(ウォルナット)が12万4,000円、メンバーシップカードが4,445円(いずれも税別)。

本製品は、縦75×横49cmのミューラルを一枚飾るだけで、3万点以上のアート作品が、自動で次々に電子キャンバスに映し出され、自宅にいながらまるで美術館巡りをしているような、リッチで優雅な気分を味わうことがきるというもの。

絵画は一定時間で自動的に次の絵に切り替わる。表示される時間は、自分で自由に設定可能だ。もちろん、1つの絵を固定で表示させることも可能となっている。

■作品例
・ゴッホ「ひまわり」「夜のカフェテラス」「自画像」他主流作品
・レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」「最後の晩餐」「自画像」
・フェルメール「真珠の耳飾りの少女」「牛乳を注ぐ女」
・ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」「シャルパンティエ夫人と子どもたち」
・モネ「散歩、日傘を差す女」「睡蓮の池」
・ゴヤ「着衣のマハ」「マドリード」
・ムンク「叫び」「マドンナ」
・浮世絵(葛飾北斎)(歌川広重)(喜多川歌麿)
・現代アート(HR-FM)

電子キャンバス部分は、1920×1080のフルHD画質。色彩の細部までを鮮明に再現する。液晶はIPS方式を採用。視野角を広くし、どの角度から見ても見えやすく、美しい発色を追求している。

また、表面には「アンチグレア処理」を施し、光が反射して絵が見えにくくなるのを防いでいる。さらに、独自の「光センサー」を内蔵し、部屋の光に合わせて常にキャンバスの光を調整し、実際の絵画のような趣ある肌合いを一定に保ってくれる。

■ミューラル

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
・超便利!USBポートから直接充電が可能な「充電器不要!USB充電できる乾電池」
・置くだけで冷却や加熱が自在に!専用カップも付属する「デスクトップ冷熱カップ」
・ソニー、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」対応機種を発売
・切りずらいダンボールや布地を楽々カットできる充電式電動はさみ「スピードチョッキン」
・inMusic Japan、ION AudioのBluetooth対応ベルトドライブ・レコードプレーヤーを発売

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】洗練されたコンパクトボディ!「IXY DIGITAL 10/90」発売へ

キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ IXY DIGITALシリーズの新製品として、7.1メガピクセルで薄型ボディの「IXY DIGITAL 10」と3.0型大画面・光学3倍ズームの「IXY DIGITAL 90」の2機種を3月中旬より発売すると発表した。価格は、…

【ケータイラボ】進化したAQUOSケータイ「912SH」!″2画面同時表示″で新登場

SoftBankの夏モデルがいよいよ発売になった。第一弾がシャープのAQUOSケータイ「912SH」である。3インチの液晶画面に800×480ドットの高解像度。使いやすさはそのままで、さらに使いやすく進化させての登場である。■まずは本体のスペッ…

【世界のモバイル】世界で勝つケータイメーカー!PRADA携帯をしかけた″LG電子″躍進の秘密

フランス人デザイナーの手による「SIMPURE L2」の発売に引き続き、NTTドコモの704シリーズには世界的なヒットとなった"チョコレートフォン"デザインのL704iが投入されるなど、ここにきて"LG電子"の日本市場へのプレゼンスが高まりつつあ…

【大人の物欲 工作】お父さんが夢中!子どもの頃にあこがれた夢の「学研電子ブロック」

工作特集の最後を締めくくるのは、科学好きの大人ならご存じの人も多いと思われる「学研電子ブロック」だ。学研電子ブロックは、遊びながら電子回路を学べる教育玩具として1976年に登場した。発売当時は1万円以上の価格で販売されてい…

【大人の物欲】思い出をもう一度!電子回路で遊べる「マイキット150復刻版」

1960年代後半から1980年代にかけて、科学好きの少年少女たちを熱狂させた実験キットがあった。その名は「マイキット」。木箱に収まった電子パーツには、スプリング式の端子があり、そのスプリングにリード線を繋げていくだけで、簡単に…