ファーウェイ、SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 lite」にAndroid 8.0 Oreoを2018年6月中旬に提供予定!4月17日より試せる先行テスターを200人募集中



ファーウェイがSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 lite」のAndroid 8.0 OreoへのOSアップデートテスターを募集中!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は10日、SIMフリーの最新スマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10 lite」(Huawei Technologies製)について最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を先行して試せるベータテスターを募集するとお知らせしています。

募集人数は200人で、応募期間は2018年4月10日(火)から4月15日(日)まで。対象者には2018年4月17日(火)に連絡が行き、同日以降に先行してAndroid 8.0 Oreoと独自ユーザーインターフェース「EMUI 8.0」へのソフトウェア更新が提供開始される予定。テスト期間は2018年4月27日(金)まで。

正式版は2018年6月中旬に提供開始される見込みですが、品質向上のため遅れる場合もあるとのこと。同社ではすでに「HUAWEI Mate 9」や「HUAWEI P10 Plus」、「honor 9」におけるAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップのベータテスターを実施していましたが、現状では提供開始予定時期は過ぎているものの、正式版は配信されていません。


HUAWEI Mate 10 liteは日本では昨年12月に発売された「HUAWEI Mate 10」シリーズの廉価モデルで、上位モデルの「HUAWEI Mate 10 Pro」と同様に流行りの縦長画面を搭載したミッドレンジスマホです。発売時にはOSはAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を搭載していましたが、Android 8.0 OreoへのOSバージョンアップが提供される予定となりました。

画面はアスペクト比9:18の約5.9インチフルHD+(1080×2160ドット)IPS液晶ディスプレイ(約407ppi)を搭載し、チップセットはKirin 970ではなく、ARM Cortex-A53コアの2.36GHz×4+1.7GHz×4のオクタコアCPU「Kirin 659」(HiSillcon Technologies製)を搭載し、4GB RAMや64GB内蔵ストレージなどとなっています。

サイズは約156.2×75.2×7.5mm、質量は約164g、本体色はオーロラブルーよびグラファイトブラックの2色展開。カメラは背面および前面ともにダブルレンズカメラで、リアカメラは約1600万画素+約200万画素、フロントカメラは約1300万画素+約200万画素に。背面には指紋センサーがあり、センサー類は他に加速度センサー、電子コンパス、環境光センサー、近接センサーを搭載。

その他の共通仕様はmicroSDXCカードスロット(最大256GBまで)および3340mAhバッテリー(取外不可)、2.4GHz帯におけるIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2 LE、位置情報取得(A-GPS・GLONASS・BDS)、DisplayPort 1.2、microUSB端子(USB 2.0・OTG対応)、3.5mmイヤホンマイク端子など。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご参照ください。

・ファーウェイ、SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」と「HUAWEI Mate 10 lite」、タブレット「MediaPad M3 Lite 10 wp」を日本で12月1日より順次発売!すでに事前予約受付中 - S-MAX
・5.9インチ縦長大画面なSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 lite」を写真と動画で紹介!前後2つずつのクアッドカメラ搭載でポートレートが楽しく撮れる【レポート】 - S-MAX

応募は専用ページ( https://goo.gl/forms/WA337oc6LNUlCMF42 )からIMEI(IMEI SVではなく)などを入力して行います。なお、先行テスターでは利用レポートなどを報告する必要はありませんが、何か不具合や気になった点があった場合はファーウェイ テスト窓口のメールアドレス( huaweifansbeta@huawei.com )まで連絡して欲しいとのこと。

Huawei 5.9インチ Mate 10 lite SIMフリースマートフォン オーロラブルー【日本正規代理店品】Mate 10 lite/Aurora Blue [エレクトロニクス]
HUAWEI
2017-12-08



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HUAWEI Mate 10 lite スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

真のモバイル・ブロードバンド時代へ!「UQ WiMAXサービス開通式」レポート【ケータイラボ】

UQコミュニケーションズ株式会社は、高速モバイルデータ通信が利用できる世界基準のフューチャー・ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAXサービス」を開始するのに先立ち、2009年2月26日、都内 帝国ホテル本館4階「桜の間」において「UQ…

屋外でも光の高速ネットを実現!「UQ WiMAX」の仕組み【最新ハイテク講座】

仕事だけでなくプライベートでも、今やインターネットは欠かせない存在となってきた。インターネット白書2008によると、日本のインターネット市場はすでに成熟期に入り、光ブロードバンドも急速に普及している。会社や家庭だけでなく、…

イチバンが好き SSD搭載で薄くてかっこいい最先端をこの手に【ミニノートPC特集】

今、話題のパソコンといえば、6万円から4万円台という低価格がセールスポイントのミニノートPCです。インターネット利用が目的で性能を抑えてはいますが、予想外に仕事でも使えることから、サブではなくメインとして使う人も増えていま…

入力革命!光センサー液晶ノートPC「新生・Mebius」発表会

シャープは2009年4月21日、同社の東京市ヶ谷ビル「エルムホール」において、世界初の「光センサー液晶」を搭載したノートパソコン「新生・Mebius(メビウス)」を発表した。世界初となる「光センサー液晶パッド」は、新しいセンシング方…

ネットブックキラーの秘密兵器!「光センサー液晶パッド」の謎に迫る【最新ハイテク講座】

シャープが2009年4月21日に発表した「新生・Mebius(メビウス)」は、ネットブック市場を見据えたノートパソコンだが、既存のネットブックと大きく異なる点は世界初の「光センサー液晶パッド」を搭載しているところだ。・入力革命!光セ…