NTTドコモとau、SoftBankにてSMSを拡張したRCS準拠のスマホなど向けコミュニケーションサービス「+メッセージ」が5月9日に提供開始!まずはAndroidで利用でき、iPhoneなども対応予定



docomoとau、SoftBankでRCS準拠のメッセージサービス「+メッセージ」が5月9日にスタート!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは10日、携帯電話番号だけでメッセージがやり取りできるSMS(ショートメッセージサービス)の機能を進化させた「RCS(Rich Communication Services)」に準拠する新サービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」を2018年5月9日(水)より提供開始する予定だと発表しています。

サービス開始当初はAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以降を搭載スマートフォン(スマホ)およびタブレットで利用でき、その後、iPhoneやiPadなどのiOS 9.0以上を搭載製品でも準備ができ次第、提供する予定で、それぞれ専用の「+メッセージ」アプリをダウンロード・インストールすることで申込不要で利用可能となります。

なお、au(KDDIおよび沖縄セルラー電話)では「SMS(Cメール)」、SoftBankでは「SoftBankメール」の各アプリのバージョンアップが必要な場合があるとのこと。利用料金は送受信にパケット通信料がかかり、パケット定額サービスに加入していればその範囲内で別途料金(月額利用料無料)はかかりません。またSMSは従来通り、各社ともに利用可能。

なお、ソフトバンクでは携帯電話サービス「Y!mobile」では現時点では対応しないとのこと。一方、各社ではそれぞれの回線を借りて提供されている仮想移動通信事業者(MVNO)などへの提供についても導入希望に応じて検討を進めていくとしています。


+メッセージアプリの画面

これまでも各社ではメッセージを送受信する相手先の携帯電話会社を意識することなく快適に利用できるようにSMSの相互接続や絵文字の共通化など、メッセージサービスの拡充を図ってきましたが、より豊かなコミュニケーション環境を実現することを目的に+メッセージを提供します。

+メッセージは携帯電話業界団体「GSMA」によって世界的に標準化されているRCS規格に準拠したSMSを拡張したサービスで、テキストだけでなく、画像や写真、スタンプ、グループメッセージ、音声メッセージ、地図情報に対応しています。

SMS+メッセージ
テキスト・絵文字(他社携帯電話宛て)最大全角70文字最大全角2730文字
写真・動画×
専用スタンプ×
グループメッセージ×
音声メッセージ×
地図情報×

これにより、従来のSMSでも携帯電話会社をまたいで携帯電話番号宛てに最大全角70文字のテキストと絵文字を送受信することができましたが、+メッセージでは文字数を気にすることなく携帯電話番号宛てにチャット形式でメッセージや写真、動画などを送受信できるようになります。

Androidケータイについては各社ともに対応する方向で検討しているとのこと。スタンプはサービス開始当初は無料の500点がダウンロードできるようになっており、有料販売も検討しているものの、以前の絵文字などのようなコンテンツプロバイダー(CP)から販売するような形になるのかどうかはまだ決まっていないということです。

なお、RCSはGoogleでも同社のメールアプリ「メッセージ」で対応するなど、世界的に普及させようとしており、すでにソフトバンクグループ傘下のSprintでも採用されており、今年2月に開催された「Mobile World Congress 2018」でもGoogleが採用事業者が増えることを発表していました。ただし、現時点では海外の携帯電話番号宛に送受信はできないとのことで、将来的に対応できるよう検討しているとのことです。







記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・報道発表資料 : SMSの機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ
・SMSの機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を提供開始 | 2018年 | KDDI株式会社
・SMSの機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を提供開始 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
・+メッセージ(プラスメッセージ) | サービス・機能 | NTTドコモ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…